続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第586号】自閉症者のみで構成された楽団の演奏会(2/28)
台湾の自閉症音楽楽団と日本の自閉症音楽家、その指導者で2月28日演奏会・講演会が催されます。


星星王子打擊楽団は、自閉症者の楽団として、高雄市自閉症協進会関係者による援助と指導のもと、長年活動してきました。自閉症者のみで構成される楽団は珍しく、今回の演奏・講演会は、日本における自閉症者への支援のあり方について、考えさせられるものになりそうです。日本からの共演者として、国際障がい者ピアノフェスティバル・アジア大会で銀賞を受賞された小柳拓人さん(東京都立青鳥特別支援学校在学中)と、本間惟彦さん(東京都立中野特別支援学校在学中/山口音楽教育センター)、井出俊郎さん(山口音楽教育センター)もご共演されます。星星王子打擊楽団と日本からの共演者の個別の演奏のセッションのほか、出演者全員で合奏するセッションもあるようです。

ご興味のある方、お近くの方は是非お申し込みください。

入場料は無料です。(要申込み)

taiwanjiheisyoukyoukai.jpg

台湾・高雄市自閉症協進会星星王子打擊樂團 演奏・講演会

共演 小柳拓人・井出俊郎・本間惟彦
日時 2012 年2月28日(火) 開場18:00 開演18:30 終演20:30
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)小ホール
   (小田急線参宮橋徒歩7 分、地下鉄千代田線代々木公園駅徒歩10分)  
入場 無料


申込み方法 下記URL よりお申し込みください。
     (もしご登録ができない場合は、下記お問い合わせ先までお名前・ご所属・人数をご連絡ください。)

    http://bit.ly/xauwbI

主催 東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)
後援 NPO法人東京都自閉症協会、NHK厚生文化事業団、NPO法人日本障害者ピアノ指導者研究会
協力 山口音楽教育センター

問い合わせ先
東京大学グローバルCOE
「共生のための国際哲学教育研究センター」(UTCP)

    http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/

【第579号】あおぞら共生会10周年記念セミナー(1/28)
川崎市の社会福祉法人あおぞら共生会さんが、
創立10周年を迎えるにあたり、セミナーを開催されます。

障害のある人もない人も、たとえ障害が重くても
すみたいところで すみたいひとと
まちで暮らすぞ!!21世紀!


第1部 講演会「まちで暮らすぞ!」実践報告
第2部 シンポジューム「住みたい所で、住みたい人と」

【日時】1月28日(土)12:30~17:00
【場所】サンワークかながわ大会議室(川崎市川崎区渡田新町3-2-8)
【参加資料代】500円
【申込方法】下記のチラシを参照ください。

※詳細は、下のチラシの部分をクリックしていただくと大きな画面で出てきます。↓(表・裏)


個人的にも、大変興味深い内容です。

まだ余裕があるようなので、ご興味のある方は、是非お申し込みください。

aozora10o.jpg aozora10u.jpg

【第578号】きり番60万番、近づいてきました!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     60万番    が近づいてまいりました!


ぜひ、狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、

HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)

【第577号】体調不良のため
5日間ほど体調不良が続いているため、

本日配信予定だった週刊自閉症ニュースをはじめ、ブログ更新をお休みいたしております。


アクセスいただきました皆さま、申し訳ございません。


                         りょうまの父


【第576号】餃子専門店黒兵衛さんの取材記事が、Run4u公式ブログに!
Run4uの公式ブログに、メンバーの扇強太さんが、
同じく協賛・賛同団体の一つである餃子専門店黒兵衛さんを取材され、原稿を書かれております。

タイトルはドキュメント「Run4u メンバー 福岡市・餃子専門店黒兵衛さんを訪問しました。」です。

ぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです。

1897.jpg

http://run4uproject.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

【第575号】「~便りは風に乗って~」を更新しました
「そよ風の手紙」新年恒例、昨年に皆さんから頂いたメールをご紹介するページ

「~便りは風に乗って~」を更新いたしました。
宜しければお訪ねくださいね。⇒ http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/newpagetayori.htm

なかなかお返事できない状態ですが、今年も皆さまからのメールをお待ちしております♪


tayorik.jpg
【第569号】権利擁護支援フォーラムin川崎(12/24、13:00~)
全国権利擁護支援ネットワーク関東ブロック地域フォーラム
「権利擁護支援フォーラムinかわさき」開催のお知らせです。


権利擁護支援フォーラムin かわさき ~障害のある人の自立生活と権利擁護~

地域の権利擁護支援ニーズは確実に広がっている中で、ようやく障害者虐待防止法が成立しました。今年度の全国権利擁護支援ネットワーク関東ブロック地域フォーラムは、川崎市内の「親の会」五団体で構成されたNPO法人かわさき障がい者権利擁護センターが中心となり、障がいのある人たちが地域で安心して暮らすための取り組みについて、各地からご報告とご提言等をいただき、ここ川崎市で障がい者の権利を守り、障がい者が自立生活を営むための支援方法としての「成年後見制度」について考え、いま私たちでできること、しなければならないことについて活発な意見交換を行います。

◎日  時 平成23年12月24日(土) 13:15~(12:30受付開始) 
◎場  所 川崎市総合福祉センター(エポック中原) 7階大会議室
◎参加費 無料:定員 180名
◎主 催 全国権利擁護支援ネットワーク 
◎協 力 NPO法人かわさき障がい者権利擁護センター(川崎市内親の会5団体)
◎財団法人川崎市心身障害者地域福祉協会 ◎川崎市自閉症協会
◎特定非営利活動法人あやめ会 ◎川崎市肢体不自由児者父母の会連合会
◎川崎市重症心身障害児(者)を守る会
プログラム
12:30受付開始 総合司会 大田公子さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター運営委員)
13:15~13:30 主催者挨拶 佐藤 彰一さん全国権利擁護支援ネットワーク代表 
   来賓挨拶   三浦 淳さん 川崎市副市長 
13:30~14:15 基調講演「障害のある人の自立生活と権利擁護」
        佐藤 彰一さん(法政大学法科大学院教授)
14:15~14:30 休憩
14:30~16:50 パネルディスカッション
 テーマ「誰もが地域で安心して暮らすために」 
【パネリスト】
   三谷 智百合さん(湘南ふくしネットワークオンブズマン)
   田中 晃さん(かながわ成年後見推進センター)
   大石 剛一郎さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター理事)
   泉 幸江さん(NPO法人しぐなるあいず)   
   障害当事者本人(成年後見制度利用者)
【コーディネーター】     
   明石 洋子さん(NPO法人かわさき障がい者権利擁護センター副理事長)
17:00 閉会(挨拶:並木 さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター理事長)

問合せ・申込み先

NPO法人かわさき障がい者権利擁護センターmail:takashi3@agate.plala.or.jp
〒210-0828川崎市川崎区四谷上町22-4-303 fax 044-299-1290


 私は都合がつかず参加できませんが、ご興味のある方は是非ご参加ください。

【第564号】59万番のきり番さん、UPしました!
ホームページ『そよ風の手紙』のアクセスカウンタ、59万番さんをUPしました。

今回は、

「まさか、うちの子アスペルガー?」の著者であり、絵カードのイラストも手がけられている、あの方です。


宜しければ、是非、お訪ねくださいね。

「きり番さんの贈り物 59万番さん」は、こちら→http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/kiribansanb.html

【第562号】堀川ひとみさんのFMラジオ番組(かわさき川崎)
かわさきFM(79.1MHz)で、毎月第1金曜日18:30~19:00に放送されている、

「Dream Kingdom☆堀川ひとみの『うたの国から

で、私(りょうまの父)は、“そよチャン”の名前で3分ほどの枠を頂いています。

DJの堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の障がいのあるシンガーソングライターです。

ひとみさんの軽快なトーク、ご自身の曲を流したり、本当に楽しい番組です。


次回放送は、今週金曜日(12月2日)


生放送は、川崎市内、横浜の北部、東京南部、また全国でもサイマルラジオで聴くことが可能です。

よろしければ是非お聴きくださいね♪

【第559号】Get in Touch! つながる、よりそう。
友人の小柳真由美さんよりイベント情報を頂きましたので、ご紹介いたします。

自閉症啓発イベント Get in Touch! つながる、よりそう。

12月1~3日 赤坂・日本財団で
初の日米自閉症スペクトラム研究会議に合わせて、自閉症啓発イベントが行われます。
多種な催しが同時開催です。

詳しい内容やスケジュールは、
チラシまたは特設サイト http://get-in-touch.jp/event.html
をご覧ください。
nichibei2.jpg
nichibei3.jpg


12/3(土)12:00~のイベント、「ごちゃまぜ音楽会」には、小柳拓人さんも出演されます。
この音楽会にはほかにも、自閉症本人や支援者による、バイオリン、ギター、ウクレレ、フルート、ピアノ、弦楽アンサンブル、フォルクローレなどの演奏があり、まさにごちゃまぜな音楽会とのことです。

【第556号】本日(11/9夜)、Eテレに映画「ちづる」赤監督が出演されます!
今日(11/9)のNHK(Eテレ)ハートにつなごうに、
映画「ちづる」監督の赤正和さんが出演されます。

チェックです!

きょうだい-障害のある人の兄弟姉妹- Voice(反響編)&番外編

Eテレ(教育) 11月9日(水)午後8時~8時29分( 再放送 11月16日(水)正午~12時29分)

9月末に放送した「きょうだい 障害のある人の兄弟姉妹」には放送中から、さまざまな反響が寄せられました。「自分だけじゃなかった。気持ちが楽になった」という"きょうだい"本人、「子どもたちの思いに気がつけなかった」という障害のある子を持つ親、そして障害のある本人からも・・・。
障害のある人や、難病などで長期闘病している人の兄弟姉妹は「きょうだい」と呼ばれ、特有の悩みや葛藤を抱きやすいと言われています。
「きょうだい」というテーマに強い関心を抱いたMCの石田衣良さんは、自閉症の妹を撮りドキュメンタリー映画を作った「きょうだい」がいると聞き、会ってみたいと考えました。障害のある妹と初めて正面から向きあったという監督が作品『ちづる』に込めた思いとは?
さらに前回出演した「きょうだい」たちとともに、番組に寄せられた反響(Voice)を紹介。夜のカフェで、とことん語り合います。

【出演】 石田衣良さん(作家)
     赤正和さん(映画『ちづる』監督) ほか

【第553号】TV放送のお知らせです(10/27:NHK総合)
Run4uのメンバーである自閉症の息子さんのいるご家族の姿が、
NHK首都圏ネットワークで放送されます。

皆さま、是非ご覧ください。

【放送番組】首都圏ネットワーク(NHK総合:関東ローカル)
【放送日時】10月27日(木)(18:10〜19:00)
      ※ 放送時間は5分程度になるそうです


このご家族は、Run4uの活動通じて、取材を受けられておりました。
同じく自閉症の子を持つ放送マンの、熱い思いが篭った作品になると思われます。

また、Run4uの活動の姿も、一部映像に映ると思われます。

皆さま、見逃しなく!


【第551号】きり番59万番、近づいてきました!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     59万番    が近づいてまいりました!



ぜひ、狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、

HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)

【第548号】海洋天堂(川崎10/22~)&明石洋子さんトーク
現在、全国の映画館にてジェットリー主演の映画、海洋天堂が上映されておりますが、
小田急線新百合ヶ丘の川崎市アートセンターにおいても、10月22日土曜日〜上映が始まります

その初日の初回、10月22日土曜日の10:00からの回の上映後
川崎市自閉症協会会長の明石洋子さんのトークがあります。
明石さんは昨年5月に、香港で「華人知的障害福祉大会」というものが4日間開催され、講演とシンポジュームをご長男の徹之さんと一緒にされております。
そのあたりのお話も出るかもしれませんね。大変楽しみなトークショーになりそうです。

また現在、海洋天堂上映の映画館では、全国共通チャリティーペアチケットを発売中です。
これは2800円のペアチケットを購入すると1セットにつき100円がJDD日本発達障害ネットワークを通じて、東日本大地震の被災地で困っている自閉症児及び発達障害を持つ人とその家族のために寄付される仕組みです。

取り扱い対象外の映画館もありますので、海洋天堂の公式HPでご確認くださいね。

http://kaiyoutendo.com/theater.html


kaiyoutendo.jpg

artcenter1.jpg
【第546号】10/6NHK総合で、堀川ひとみさんの姿が放送されます
TV放送のお知らせです。

10月6日(木) 18:10〜18:52(5〜6分ほど)

首都圏ネットワーク(NHK総合)※関東ローカルにて、

堀川ひとみさんの姿が放送される予定です。


(※ただしその日の番組の都合上、放送されないこともあります。)


堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の障がいを持つシンガーソングライター

当ブログでも応援し、何度もご紹介させていただいております。

ひとみさんとは、
かわさきFMで、毎月第1金曜日18:30~19:00に放送されている、
「Dream Kingdom☆堀川ひとみの『うたの国から』
では“そよチャン”の名前で、3分ほどの枠を頂いています。

また、podcastの「そよ風対談」でも、対談をさせて頂いております。


みなさん、今回の放送は、チェックです!

【第539号】東日本大震災支援、日・韓チャリティーコンサートのお知らせ(9/2川崎)
社会福祉法人あおぞら共生会さんよりコンサート情報の掲載のご依頼がありましたので、当ブログでご紹介します。

日本大震災支援、日・韓チャリティーコンサート「絆」のお知らせです。

≪日時≫9/2(金)18:00開場、18:30開演
≪場所≫川崎市教育文化会館

※詳細は下記のチラシにて

kizuna.jpg
kizuna3.jpg

お申込み希望される方は、社会福祉法人あおぞら共生会にお問い合わせください。
あおぞら共生会のメールアドレスはこちらです。 ⇒  sfn-aozora.126@minos.ocn.ne.jp

その際に、「そよ風の手紙のホームページを見た!」と書き込まれますと

前売り券、通常3000円のものが1500円になります。(あおぞら共生会さんが助成いただけるとのことです)

ご興味のある方は、ぜひ上記メールアドレスにてお申し込みくださいね。

【第538号】58万番の切り番さんUPしました!
HOMEの『そよ風の手紙』の中の1コーナー「切り番さんの贈り物」。

58万番さんをUPしました。

さて今回のゲッターは、知的障害者サッカーのSC所沢を運営されていたあの方です!

よろしければ、お訪ねくださいね。

こちらです⇒http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/kiribansana.html

【第536号】TV放送のお知らせ「スペシャルオリンピックスを撮る~ビリーブクルー、ギリシャを行く~」
TV放送のお知らせです。

NHK 教育テレビ「福祉ネットワーク」で、

スペシャルオリンピックスを撮る~ビリーブクルー、ギリシャを行く~

が、放送されます。

●8月8日(月) 20時~20時29分
●8月9日(火) 20時~20時29分

また、
●8月21日(日)16時~16時40分
NHKBS-1でも、この特別番組が、放送されるそうです。
sp-orp.jpg

【第535号】DANCE Party チョイワルナイト-DANCE と福祉をつなぐ‐
8月13日(土)、川崎市高津区でダンスイベントが行われます。

「DANCE Party チョイワルナイト-DANCE と福祉をつなぐ‐」
みんなで一緒に踊ろうぜ!!



【日時】8月13日(土)午後1時半から4時(1時受付)
【場所】てくのかわさき てくのほーる(川崎市高津区溝口1-6-10)
【参加費】500円(前売りのみ
【〆切】8月10日までに、メールにて事前申し込みが必要

当イベントを主催されるのは、障害者施設職員でダンスパフォーマーでもあるTOMOYAさんです。
『障害を持っている方、ボランティア、アーティスト、音楽で壁をぶち壊して一緒にお祭り騒ぎしようぜ!』
というコンセプトのもと、この主旨に賛同する、学生・社会人ダンサー、シンガー等の様々な出演者に加え、学生・社会人のボランティアを主体に企画及び運営をしながら活動を行うものです。

お客さんは主に障害を持っている方・施設利用されている方の余暇の活動として参加していただき、イベントを通じて、障害を持っている方、一般の方というようなカテゴリーなんてない、みんな同じ人間だということを伝えたり、参加して頂く方々に少しでも夢や希望が持てるダンスパーティーになればと思っています。また見てもらうだけでなく、実際に参加して頂いて、参加者全員でひとつのパーティーを創り上げて、共有していきたいと考えています。基本的に舞台・客席というような仕切りがなく、座って見なければならないという決まりもありません。ひとつのフロアーを“みんなの場所”として創り上げ、共有することが目的なので、パフォーマンス中に出演者がお客さんに歩みよることや、お客さんが飛び入りでパフォーマンスに参加することがこのイベントの最大の特徴です。


と、こんな感じです。楽しそうですね。

TOMOYAさんとはうすいさんの出版イベントの2次会で知合いました。
ぼくうみの音楽も手掛けられている椎名邦仁さんが、急きょ電話で呼び出され、一緒に大変盛り上がった記憶があります。
はなまるマーケットにも出演されたり、介護職員をされながらダンスパフォーマーとして活躍されています。

当日、私は残念ながら他の用事があり参加できませんが、お近くの方はぜひ参加ご検討くださいね。

詳しくは⇒こちらです!
【第526号】今週の週刊自閉症ニュースは、7/9(土)深夜配信です。
≪お知らせ≫

今週の音声ポッドキャスト『週刊自閉症ニュース』の配信は、

通常の金曜深夜でなく、7/9(土)深夜配信となります。

よろしければ、土曜深夜に、アクセスいただけますと嬉しいです♪

【第522号】映画「海洋天堂(Ocean Heaven)」、いよいよ7/9~銀座にて
いよいよ、7/9(土)~銀座シネスイッチにて、全国に先駆け映画「海洋天堂(Ocean Heaven)」のロードショーが始まります。

公式HPはこちらです。⇒http://kaiyoutendo.com/index.html

<以下、海洋天堂公式HPより引用抜粋>

自閉症の息子を持つ父親は、自分が余命わずかだと知らされたとき、何を考え、何を残していけるのか―? 『海洋天堂』は、なによりも子供の幸せを願う親の深い愛情を描いた感動作。父ひとり子ひとりで慎ましく生きてきたふたりが、突然直面する厳しい現実。父は自分をうまく表現することができない息子の将来を案じ、ひとりで生きていく術を息子に教えこんでいきます。卵のゆでかた、買い物の仕方、バスの乗り降り、一歩一歩できることから…。そのやりとりはどこかユーモラスであり、慈しみに満ちているからでしょう。本作は優しいぬくもりに溢れています。

また、ふたりと彼らを支えていく隣人や恩人などの存在は、不安を共有し支えあって生きていくという人間生来のやさしさと強さを、私たちの中に甦らせてくれるのです。父子が共に過ごす限りある穏やかな時間は、ふたりの絆を永遠のものにしていきます。そして最後に、父が息子に残していくものとは? それこそが海洋天堂というある愛の形なのです。爽やかな感動を呼ぶラストの余韻は、いつまでもあなたを包み込んでくれるでしょう。



また、日本公開前から応援を続けられてきたHP「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」の管理人しゅうさん。
このしゅうさんの動きや強い想い、賛同の皆さんの力があったからこそ、日本公開が実現したことも忘れてはいけません。
もちろん、私も当HPや週刊自閉症ニュース等でも、応援をさせていただきました。

HP「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」⇒http://oceanheaven.amaterasuan.com/


haiyangtiantang_03-450x337.jpg

公開まであとわずか。 とても楽しみです!!!

【第521号】本日(6/22)アンコール放送「ぼくの気持ちを伝えたい」
4月に放送された 福祉ネットワーク「ぼくの気持ちを伝えたい」。

どうやら反響があり、アンコール放送されるようです。

ということで、本日(6/22(水)夜8時~)我々そよ風親子の姿が、再びTVで流れます。(7分程度)

≪放送日時≫

2011年6月22日(水)20:00~20:29
※再放送6月29日(水)12:00~12:29 

NHK教育TV(全国放送) 福祉ネットワーク「ぼくの気持ちを伝えたい」(アンコール放送)

≪番組内容≫

いま、自閉症児などが自分の意志を伝える「ツール」として、スマートフォンなどの携帯情報端末が注目されている。
(1) 持ち運びしやすい、(2)視覚的な情報を触れることで操作する、(3)ソフトを増やせる、という携帯情報端末の特徴は、自閉症児などが使うツールとしてぴったりなのだ。
携帯情報端末の利用は、障害児教育の現場でも広がっている。香川大学教育学部付属特別支援学校では、半年前から授業に取り入れたことで、子どもたちが視覚的に授業の流れを理解できるようになり、自発的に行動できるようになったという。
また、これまで「福祉」と関わりがなかった技術者たちも開発に参加し、ユニークなソフトが次々と生まれている。スマートフォンなどの携帯情報端末と、障害児教育のコラボレーションをお伝えする。


番組自体とても良い内容だと思います。

見逃された方は是非ご覧くださいね♪

http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110419.html
【第520号】57万番のきり番さんです。
ホームページ「そよ風の手紙」の切り番57万番の方を「きり番さんの贈り物」のコーナーでUPしました。

今回は、障害者地域作業所のワークショップで働かれている方がゲットされました。

宜しければお訪ねくださいね♪

こちらです↓
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/kiribansana.html

【第515号】そよ風対談(音声)、堀川ひとみさん全3編をUPしました!
そよ風対談(第7弾)、2011年春。

今回のスペシャルゲストは、シンガーソングライターで株式会社うたの国代表取締役の堀川ひとみさんです。
堀川さんはアスペルガー症候群の当事者でもあります。

昨晩、第3編(最終編)を音声配信いたしました。(全3編)


よろしければお聴きくださいね♪ ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/category/10398581-1.html

1748.jpg

     
【第513号】そよ風対談(音声)、堀川ひとみさん第2編をUPしました!
そよ風対談(第7弾)、2011年春。

今回のスペシャルゲストは、シンガーソングライターで株式会社うたの国代表取締役の堀川ひとみさんです。
堀川さんはアスペルガー症候群の当事者でもあります。

先ほど第2編を音声配信いたしました。(全3編の第2編です)
第2編では、アスペルガー症候群の当事者としてのお話が中心となっております。

よろしければお聴きくださいね ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/article/204364579.html


※ 第3編(最終編)は6/1(水)UPの予定です!
【第510号】そよ風対談(音声)、堀川ひとみさん第1編をUPしました!
久しぶりの、そよ風対談(音声ポッドキャスト)を配信します。

そよ風対談(第7弾)、2011年春。

今回のスペシャルゲストは、シンガーソングライターで株式会社うたの国代表取締役の堀川ひとみさんです。
堀川さんはアスペルガー症候群の当事者でもあります。

先ほど第1編を音声配信いたしました。(全3編)

よろしければお訪ねくださいね ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/article/202169778.html

※ 第2編は5/25(水)、第3編は6/1(水)UPの予定です!
【第508号】TV放送のお知らせ “老障介護” いま何が必要か
年老いた親が障害のある子どもの介護を続ける、いわゆる”老障介護”の問題がTVで取上げられます。

※再放送は全国で観ることができます。ぜひチェックを!


  特報首都圏    “老障介護” いま何が必要か

  (NHK総合)
  本放送:5月13日(金)19:30~19:55(関東、甲信)
  再放送:5月16日(月)15:15~15:40(北海道、東北、関東甲信越、中部、中国、四国、九州)


年老いた親が障害のある子どもの介護を続ける、いわゆる”老障介護”が広がっている。
重い障害のある子どもを30年、40年もの長い間、介護している親たち。安心して子どもを預けることができる場所もなく、経済的にも、体力的にも、精神的にも、ぎりぎりの状況で介護を続けている。
現在、障害のある子どもの介護をする親の半数以上が60歳を超えているという調査結果もある。なかには93歳の親が障害のある72歳の子どもの介護をしているケースもある。
また高齢の親であればあるほど、ヘルパーなど公的サービスを利用していない実態も明らかになっている。「自分でできるうちは自分で介護したい」「子どもの世話ができるのは幸せ」といった思いで、家族中心の介護を続けるケースが数多くある。「使命感」や「社会からの孤立感」が、年老いた親を追いつめている。
社会として障害者をどう支えていくかを決める「(仮称)障がい者総合福祉法」の議論が、2013年の制定を目標に本格化しようとしている。重い障害のある人の多くは自宅と作業所の移動という生活をしているため、こうした実態は見えにくい。社会の高齢化のなかで、”老障介護”がここまで広がっている現状を、どう考えたらいいのか。
番組では、高齢の家族が障害のある子どもを介護する様々なケースの取材を通して、”老障介護”という現実を変えていくためにいま何が必要なのかを探る。


     番組HP⇒http://www.nhk.or.jp/tokuho/index.html

   rousyoukaigo.jpg

【第502号】今週の週刊自閉症ニュース(音声)は、被災地インタビューです。
4月29日UPの音声ポッドキャスト「週刊自閉症ニュース」174号は、

被災地電話インタビュー:宮城県立光明支援学校教諭 山口裕之さんです。

大変貴重なお話を頂きましたので、是非、生の声をお聴きくださいね。


※ ちなみに、障害児教育フォーラム(FEDHAN)にご参加の皆さん!
   山口さんは、ハンドルネームSphinx(スフィンクス)さんです。


http://soyokazenotegami.seesaa.net/article/198438468.html

【第501号】自閉症の小柳拓人さん、5/7震災チャリティーコンサート
震災チャリティコンサート情報です。

5月7日(土)夜。東京の羽村にて、自閉症の高校生ピアニストの小柳拓人さんが震災チャリティコンサートが開かれます。
お近くの方は是非ご参加されみてはいかがでしょうか。

「どこかで聞いたクラシック・名曲コンサート」

  ~新進気鋭のフルーティストとチャレンジド・ピアニストの響演~



日時: 5月7日(土) 18:30開場 19:00開演 20:30終演予定
会場:  ゆとろぎ 小ホール(羽村生涯学習センター内)
        JR立川よりJR青梅線で20分・羽村下車+徒歩8分

出演:小柳拓人(ピアノ・フルート)・泉真由(フルート)・小柳真由美(ピアノ・お話)


 ■震災チャリティーコンサートにより、入場料大人・1000円 小・中学生:500円


 ■コンサート内容詳細

   http://takutopianoflute.blog48.fc2.com/blog-entry-211.html


        ↓ポスター部をクリックすると拡大されます↓

 110507takuto1.jpg  110507takuto2.jpg

【第448号】そよ風親子、本日(4/19夜)TVに映ります♪
私ごとですが・・・

本日(4/19(火)夜8時~)我々そよ風親子の姿が、全国放送でTVに流れます。(少しだと思います)

番組自体は、昨年の秋に四国ローカルで放送された「四国羅針盤」がベースになっており、

その時の放送が好評だったため、全国放送になった模様です。

我々が映る時間は少しだと思いますが、それが無くとも番組自体の内容は、興味深くご覧いただけると思います。

宜しければご覧くださいね♪

≪放送日時≫

2011年4月19日(火)20:00~20:29
※再放送4月26日(火)12:00~12:29←(追記) 

NHK教育TV(全国放送) 福祉ネットワーク「ぼくの気持ちを伝えたい」


≪番組内容≫

いま、自閉症児などが自分の意志を伝える「ツール」として、スマートフォンなどの携帯情報端末が注目されている。
(1) 持ち運びしやすい、(2)視覚的な情報を触れることで操作する、(3)ソフトを増やせる、という携帯情報端末の特徴は、自閉症児などが使うツールとしてぴったりなのだ。
携帯情報端末の利用は、障害児教育の現場でも広がっている。香川大学教育学部付属特別支援学校では、半年前から授業に取り入れたことで、子どもたちが視覚的に授業の流れを理解できるようになり、自発的に行動できるようになったという。
また、これまで「福祉」と関わりがなかった技術者たちも開発に参加し、ユニークなソフトが次々と生まれている。スマートフォンなどの携帯情報端末と、障害児教育のコラボレーションをお伝えする。


   http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110419.html

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。