続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第710号】2つの仲間との時間
今、自分は介護技術を学んでいる。

その学校の今年のカリキュラムが今日で終った。

最終日ということで、夕方からクラスメイトとの親睦会が企画され参加。

参加者は33名のクラスにもかかわらず、30名以上。
それにしても、なんという結束の強い仲間たちなんだろう。本当に嬉しくなる。

40代後半になっての、新たな仲間との出会い。
年齢層も10代から50代と幅広く、10代の人はりょうまと同学年だったりする。

年齢や性別を超えて各々の人生の中で、ここに出会えたこと大切にしたい。

aburiya.jpg


そのあと、もうひとつの打合せが夜からあった。

学校の仲間たちとの懇親会を途中退席させてもらい、足早にその場所に向かう。

こちらの方は、地元の自閉症のお子さんの若いお父さんとの打合せだ。

気がつくと、いつの間にか18歳の息子の父親になっている自分。
父親としては、ベテランの部類なのかもしれない。

彼らの熱意と、行動力。

今まで自分たちがやってきたものを、思い出させてくれる。
こうやって時代は繋がってゆくのかもしれない。
微力な自分でも、そんな彼らの何か力になれればと心から思う。

終電近くまで話は盛り上がり、その場をあとにした。

note.jpg

2つの出会いともに、息子のりょうまが出会わせてくれた出会い。

こんな素敵な出会いをさせてくれたりょうまに、

感謝したい。


真冬の夜空を眺めながら、家路に向かった。

冷たい空気。でも心の奥は暖かい、年末の真冬だったりする。
【第709号】YちゃんからのX’masプレゼント
りょうまのガールフレンドのYちゃん。
5歳も年下の彼女からりょうまに届いたクリスマスプレゼント。

それは手作りのクッキー、そしてハンドタオル。

Yちゃん、ありがとうね。

りょうまは、おいしそうに食べてましたよ~♪

2305.jpg
2309.jpg

 メリークリスマス!Yちゃん。

【第708号】着々と
家族が笑顔で暮らせる、ウィンウィンの空間。

その空間が、春に向け、着々と出来上がりつつあります。

2303.jpg

住み慣れたこの場所から、また新たなスタートが切れること。

家族みんなの笑顔がとても楽しみです。
【第707号】たくさんのメッセージありがとうございます
12月15日朝のNHK「おはよう日本」放送後から、
たくさんの心温まるメッセージをいただき大変嬉しく思います。

皆さまからいただいたメッセージは、大切に心の中に置いておきます。

本来であれば、お一人お一人にお返事をしたいところですが、
家庭の状況から、最近はなかなかできない状況になっており、
この場をお借りして、皆さんへのお返事とさせていただけますと幸いです。

お返事ができない分、今までどおり「りょうまの元気日記」は毎週日曜深夜に更新、
そちらから毎週メッセージを発信いたしますね。

20121215nhk1.jpg

「メッセージをいただきました皆様、

そして今、こうしてこちらに居らしていただいている皆様、

ありがとうございます。心より感謝です!」


           りょうまの父こと新保浩
【第703号】夢を語りあった夜
昨夜は仲間たちと夢を語りました。

遠くの夢ではなく、現実としての夢。

wan.jpg

気がつくと、様々な方面でこんなに大切な仲間ができていたのですね。
本当に、ありがたい存在です。

ここ5・6年間、ある意味がむしゃらに動いてきたことは、
決して無駄ではなかったと気付かされた昨夜の会。

今まで、布石を打ってきた“点”と“点”が、
いつか“線”となって結びつく時がくる。
その言葉が響きました。

でも、「いい人過ぎるのが心配」だとも言われました。
裏返せばお人好しということですね・・・。(反省)
少しは、強かにならないといけないのかな(笑)。

でも、これが自分の性格なので、
こればかりは急には変われないよなぁ。。。^^;
【第700号】雨上がりの地鎮祭
今日は地鎮祭がありました。

午前中に雨が降り、気温も低くどうなることかと思いましたが、
予定の開始時刻には嘘のように雨がやみ、晴れ間も出て胸を撫で下ろしています。

りょうまは居ませんが、私の父と母と3人、そして施工会社の方々にもご参加いただきました。

2275.jpg

母は車椅子のため、道路から眺めていましたが、
そこへ近所の方々が次々と訪れて、声をお掛けいただきました。

普段、自分はほとんど家におらず気付かなかったことですが、
今回の家の建て替えのことがあってから、
引越しの間、物を置かせていただいたり、優しい声をお掛けいただいたりと、
あらためて近所の方々の温かさ感じています。

春に家ができ、りょうまも含めて家族が家に戻ったあとも、
近所の方々とは、良い関係を続けてゆきたいと願っています。

jichinsai1.jpg

雨が再び降ることもなく、地鎮祭は滞りなく終了。
最後に、神主さんが我々3人の姿をポラロイド写真で撮影していただき、プレゼントしていただきました。

笑顔の春に向け、いよいよ明日から工事に入ります。

来年春には、新しい家の前で、りょうまも含め家族4人で写真を撮りたいですね♪
【第668号】福祉住環境コーディネーター受験してきました
福祉住環境コーディネータ(2級)なる資格取得を目指して、
わずかなバスや電車移動や昼休みのスキマ時間を使い、勉強を続けてきました。
今の自分が捻出できる時間は、限られたひとにぎりの時間です。

で、その試験が週末の11月25日(日)にありました。

結果はどうなるかわかりませんが、やるだけのことはやったつもり。
合否どちらに転んでも、自分の中では納得です。

hjkkn121125.jpg

hjkkdn1211252.jpg

試験が終わったので、次なるステップに向けてまた突き進みますョ。( ^ ^ )

さて次のステップは、何でしょう・・・?

【第666号】高校同窓生は実はここ10年での友なのです
昨夜は、久しぶりに高校時代の仲間たちと会い、たくさんのパワーをもらってきました。

もともと、このHP「そよ風の手紙」の立ち上げのきっかけは、この高校時代の友人たち。
実は、彼らからの優しいプレッシャー?(笑)のもとで誕生しました。

高校時代の同級生ではあるのですが、実は30代半ばでの同窓会で初めて話した人がほとんど。
その仲間と、その後10年以上このようにして長いお付き合いをしています。

今回は、私の新たな門出をきっかけ(口実?)にしての飲み会となりました。

s181211182.jpg
それにしてもこの“垂れ幕”。。。しんちゃんとは、私(父)のことです。(///∇//)テレテレ

2266.jpg
いつもりょうまの散髪をしてくれるマスターもいます。

2267.jpg
プレゼントまで用意してくれて・・・、ありがとう。。。(TT)


皆それぞれの家庭で忙しい中、こうして集まってくれる本当に素敵な仲間たち。

これからもよろしくお願いします。

【第664号】最後は連続の徹夜作業でした
月曜早朝までの予定だった引越し仕分け作業がずれ込み、
火曜早朝まで一日延ばしてもらうこととなりました。
(ほぼ一人での作業なので仕方ないですね・・・)

でも、連夜の徹夜作業でようやく、ギリギリで終了。

火曜早朝、最後の荷物を運び出し、いよいよ家ともお別れです。

20121113.jpg

そして水曜日午後、もうすでに解体作業は始まっていました。
あっという間です。

2260.jpg

こんなバタバタの状況なので、今は皆さんへのメールのお返事ができず、ごめんなさい。

家族皆の笑顔のために、突き進みますね♪

【第663号】ただいま引越準備中!
いよいよ、今週末引越です。

でも、毎日片付けているのに、木曜夜の時点でこんな状態。。。

大丈夫かな~、という一抹の不安もあるが・・・絶対間に合わせるぞ~~!!!

2247.jpg

でも、出てくる、出てくる。

懐かしいものが次々と・・・

で、その中から一部だけ紹介させてください。

まず、高下駄。

これは高校時代の体育祭で、応援団長をやった時使用していたもの。
そういえば、そんなのやったなあ。。。懐かしい。

2252.jpg

これがその時の写真。若い!フレッシュ!俺じゃないだろ・・これ。と言ってしまうくらい、凛々しい30年以上前の姿です。

2253.jpg

次は、高校のサッカー部時代のユニホーム。
1年生からの3年間で3枚。う~ん、懐かしい!

2255.jpg
2251.jpg

で、今度は大学。ウインドサーフィンをやっていた頃のチームのウインドブレーカー。
そういえば、鎌倉で行われたフロム・エーカップでは、ユニホーム大賞で優勝したっけ。懐かしい。。。

2254.jpg

学生時代、川崎市内の空手道場に趣味で通っていた頃の、道着。

2250.jpg

これは、・・・

りょうまと港北ニュータウンに遊びに行った時に作った、プリント入り簡易Tシャツだ!

2248.jpg
2249.jpg


懐かしいけれど、これらの思い出の品は、今回を機に「さようなら」。

今までありがとう。
物としては無くなるけれど、心の中では存在し続けます。

【第662号】高齢者向け料理の調理実習
先日、高齢者向けの1人分の食事を、調理実習で調理しました。

煮物、味噌汁、おひたし、茶碗蒸し。

料理はまったくのズブの素人ではないですが、かと言って主婦のようにはできるわけでない自分。
初心者に毛の生えたくらいのレベルです。

で、実際に調理してみたのですが、なかなか難しく、
でもとりあえず、すご~く美味いわけではないけれど、かと言って、まずくはないレベルではできました。

料理は奥が深そうです。


misosiru.jpg

これを機会にして、両親やりょうまに、もう少しまともな食事を作ってあげられるようになろう!
(と、とりあえず宣言)^^;

自分でも楽しみなのです。

【第661号】高齢者の入浴介助、そして我が家
今通っている学校で、高齢者や身体に障がいがある方に対する介護技術を学んでいます。

つい先日の授業で学んだのは、入浴介助に関する介護技術。
もちろん介助する側だけでなく、利用者側(=介助される側)の体験もさせてもらったのですが、
そこで様々なことに気づかされました。

思った以上に、介助されて入浴するすることは心地よいものでした。
普段介助なしでは風呂には入れない方にとって、入浴を楽しみにする理由がよくわかった気がします。

一方、介助する側は、まだまだ勉強する立場の我々素人。
介助する物理的な援助技術は、経験を積むことによりきっとうまく上手くなってゆくと思いますが、
それ以上に、いかに利用者の気持ちや状況に寄り添えるか、想像力を働かせることができるか、
これにかかっていると感じました。

これは、高齢者に限らず、すでに息子のりょうまから教わったことと同じです。
再確認させてもらった気がします。


さて、私の母。

現在、車いす生活。
家の中でも介助なしではトイレにさえ入ることができず、
まして、入浴などもってのほかの状態です。
家は人のためにあるもの。
人が住みにくく、苦しんでしまう環境は、もはや家の機能を満たしていないと私は思っています。

様々なことから、生活環境に関しては変えるべきであると考え、家の環境を大きく変えることを決心しました。
現在、その件で日々バタバタと動きまくっております。(^^;)

この件、はっきりと決まりましたら、こちらでもお話いたしますね♪

2242.jpg
【第660号】明日から3日間りょうまの現場実習です
いよいよ明日10月24日から3日間、りょうまの秋の現場実習が始まります。

父親である自分の方が緊張するよ・・・。

りょうまは、今、熟睡中です。

明日から3日間、ファイトだぜ、りょうま!

2234.jpg
【第659号】いってきま~す♪
これから、りょうまとタートルマラソンへ出発です。

楽しんできますね~(^^)。

行ってきま~す♪

2226.jpg
【第659号】うたの国創立記念祭、応援してます!
今日10月20日(土)は、堀川ひとみさんの「うたの国創立記念祭」 があります。

先日、この記念祭絡みの件で、ひとみさんにお会いしてきました。
記念祭準備中のバタバタの中、2時間ほどお話しましたが、ひとみさんパワー全開でした(^^)♪

私、そよちゃんことりょうまの父は、残念ながら参加することができませんが、もちろん陰ながら応援してますよ~!

場所は、糀ホール(川崎市高津区溝ノ口)。
10月20日(土)、12時OPEN、13時START。
当日券(2500円)もあるようなので、
堀川ひとみさんの生歌をお聴きになりたい方は、是非ご参加くださいね。


詳しくは、ひとみさんのブログ⇒「堀川ひとみ-禁断のmy room-」をご覧くださいね!

2225.jpg
【第657号】朝型人間転向中
午前4時起床。外はまだ真っ暗です。

でも、頭の中はスッキリです。

このところ、気がつくと夜11時前には寝ているみたいです。たぶん。

完全に朝型人間へ転向中。

2224.jpg

午前5時20分。

空が明るくなってきた。

さて、走るか!
【第656号】介護される側の気持ちになる
日々、目からウロコの体験をしています。

介護用ベッドのシーツ交換、人が寝た状態での方法。
もちろん、交換する側だけでなく、交換される側の体験。

寝たきりの方の食事の介助をする介護員側の体験だけでなく、逆に介護される側になっての体験。
寝たきりの状態での排泄介助。こちらも同じように両側の擬似体験。

実際に、介護される方はこんな気持ちなのだということを、身をもって感じ、勉強させられる日々です。

そして、オムツの実体験を各自、自宅ででするというものがあり、体験してみました。

2215.jpg

高齢者ならずとも、りょうまもオムツをしていた時期が数年前までありました。
りょうまは、どんなに気持ち悪かったのだろう・・・と身をもって感じました。
これらの体験は、人の尊厳そのものに関して、考えさせられる体験のような気がします。

介護技術を学ぶことは、まだまだ始まったばかり。
介護される側の気持ちに近づくことがいかに大切であるか、わずか一週間ほどの時間で感じています。
頭でっかちでなく、体験を通して心の入った技術を多くを学びたい。

今後の人生においても、忘れることのできない大切な半年間になりそうです。


【第654号】半年間、介護を学びます
10月から半年間、家のことを構築しながら、介護に関し学ぶこととなりました。

8月に受験し、合格。
10月から3月までの6ヶ月間、ある意味で学生となります。

せっかく頂いたチャンス。
来たるべき春に向け、
じっくり、かつ、貪欲に、介護に関する様々なノウハウを学ぶつもりです。

半年間、力を抜いて学生してきますネ♪

2203.jpg
【第653号】福祉車両フリードが来ました!
9月後半に愛車フリードスパイクと別れたあと、我が家にやってきた新しい愛車「フリード」。

東北(宮城県)のオーナーさんから中古車ディーラーを通して、縁あって我が家にやってきました。

早速、私の父と車椅子の母を乗せ、川崎大師に自動車交通安全祈祷に行ってまいりました。

2201.jpg

帰りに、スーパーで母は車椅子のまま買い物を楽しむことができました。
自分自身での買い物は1年半ぶりとのこと。
やっぱりそんな生活はどう考えてもおかしいですよね。

これからは、この車で定期的に買い物やドライブに連れ出してあげようと思います。

2195.jpg

これからも、たくさんの幸せと笑顔を乗せて走ってくれることでしょう。

新しい相棒「フリード」、これからもよろしく!!

【第652号】トライアスロンも封印します
9月30日。横浜トライアスロンに出場してきました。

トライアスロンも、自分の中では練習時間を多く必要とする贅沢なスポーツ。

春からりょうまが我が家に戻ってきたあと、このスポーツを続けることは現実的には難しいです。

と同時に、時間を有効に使うことを考えると、他のものを優先しまうことが見えています。

というわけで、今回の大会をもって、トライアスロンはひとまず封印することとしました。

P1000795(1).jpg
P1000804(1).jpg
2199.jpg


2198.jpg

比較的過酷なスポーツではありますが、自分の中ではその分やりがいのあるスポーツでもありました。

これからは、スポーツも時間が比較的取りやすいRunを中心にしたいと思います。


ゴールした瞬間、とても清々しい気持ちになりました。

トライアスロンよ、ひとまず「さようなら」。
【第651号】今、言える言葉は・・・
今、会社から帰りました。

うまく言えないけれど、感謝の気持ちが溢れ出してきます。

今まで、私を支えてくれた皆さん、本当にありがとう。

今の気持ちをどのような言葉であらわしたらいいのか、

よくわからない自分がいます。


気がつくと、
りょうまが生まれてこの会社に入り、
りょうまが新たな門出を迎える少し前に、この会社を去ってゆきます。

りょうまの成長とともに過ごした、17年と8ヶ月。


なんだか寂しい気持ちはあるけれども、

たくさんの希望も胸に抱えています。

2193.jpg


ありがとう。

本当にありがとうございました。

今は、適当な言葉は思いつきませんが、

今、心から思いの言葉を出すとすれば、

「ありがとう」という言葉が一番近いと思います。



本当に、本当に、ありがとう。


皆さんの気持ちは、僕の中でこれからも生き続けます。


これからは、新しい道を家族とともに歩いてゆきます。


またいつか、笑顔で会える日を楽しみにしています。



                            2012年9月25日 23:30

                                 送別会を終えた自宅にて  


【第650号】今日は setting off の日
私のパソコンのトップ画面でカウントダウンをしてきたカレンダー。

一日一日減ってゆく数字を重ね、この日がやってきました。

2192.jpg

2012年9月25日。

今日はついに、setting off (旅立ち) です。


【第649号】いよいよ、変化が始まります
いよいよ、今週から我が家では様々な変化が始まります。

未来へ向けた一歩目を踏み出す日が近づいています。

どんな波が来ようと、どんな風が吹こうと、

家族みんなで、明るい未来へ向け、セイリングして行きます!


2190.jpg


【第648号】愛車スパイク、1年4ヶ月ありがとう。
9年乗った愛車ファンカーゴと別れ、新しい相棒フリードスパイクが我が家に来たのは、昨年6月。
長い付合いになると思っていたのですが、我が家の状況から、お別れすることとなりました。

私の母の通院では、車椅子からわずかな距離でさえも車に乗り移ることもできなくなり、
車椅子のまま乗ることができる車両への変更が必要となったからです。

この1年4ヶ月で乗った距離、2万8千km。
本当にりょうまや家族、そして私を様々な未来へたくさん連れて行ってくれました。
最高の車でした。

いよいよお別れです。

1年4ヶ月という短い期間だったけれど、本当にありがとう。

新しいオーナーのところでも、可愛がられるんだよ・・・。

2183.jpg
2182.jpg
2184.jpg

2181.jpg
【第647号】富士登山もこれで封印できます
富士山にチャレンジするのは実は4回目。

過去3回は、全て高山病。そして悪天候で、ご来光もまともに見たこともありません。

9月7日の金曜日朝、吉田口5合目から登り、山小屋での一泊し、翌朝山頂に向かう予定で計画。

天気予報は怪しい感じですが、10時出発です。

2162.jpg
15:00、順調に予約していた山小屋「元祖室」に到着。

翌朝、2:30に山小屋を出発。
ご来光渋滞の中、心配していた高山病にもならずに、山頂到着です!
しかも、天気は最高!

これは、ご来光を拝めるぞ!


2160.jpg
ヤッター、4回目にしてようやくこの瞬間です!

2159.jpg
うぉぉぉぉぉ・・・富士山頂でご来光。

感動しかない!



もう、こうなったらチャンス、お鉢めぐり行くでしょう、当然!

2163.jpg
ぉぉぉ初めてこの肉眼で、富士山の火口を見た!スゴイ!

そして馬の背を登り(キツイ・・・)、真の富士山頂、剣ヶ峰3776mに到達!

2161.jpg
バンザーイ!4回目で到達できたぜ~!

2164.jpg
帰りもかなりキツかったけれど、天候にも助けられました。

これで、りょうまを迎えるにあたり、心の片隅に引っかかっていた、富士登山も卒業できます。

ありがとう富士山!

そして、この時間を頂けたことに感謝です!
【第645号】現場実習最終日
お~い、りょうま!

現場実習の最終日だぞぉ~!!!

起きろぉぉぉお~~~!

2136.jpg
        熟睡中

【第644号】明日から3日間、りょうま現場実習
明日から、地元の通所施設で3日間の現場実習。

りょうま、早く寝ろぉぉぉお!

2134.jpg
【第641号】これから被災地ボランティアに向かいます
今晩から、夜行バスに乗って東北地方の被災地ボランティアに向かいます。

昨年は川崎市のボランティアバスでしたが、今回は完全に個人ボランティアです。

現地の社協にも事前登録。
ボランティア保険加入や、行き帰りのチケット、宿泊の手配、などなど、もちろん事前準備済み。

金・土、2日間のボランティアのあと、
日曜日には現地の復興を願った、被災地の海で、1500mのウオータースイムの大会に出場してきます!

自分の力など微力ですが、昨年に続き微力なりの一歩を踏み出してきますね。

では、行ってきます!


kamaisiwaterswim.jpg

【第640号】18歳
りょうま、誕生日おめでとう!

もちろん、毎年この日は休みます。

2091.jpg

ほぼ貸切状態の、キャンプ場。

そよ風、青空、川の流れ、木々のざわめき、鳥の鳴き声。

最高に贅沢な時間でした。

それにしても、りょうまが18歳になったとは・・・あらためて、びっくりです。
【第639号】車椅子体験をしてきました
車椅子体験をしてきました。

車椅子は我が家でも母が日常生活で使っています。
私自身、押すことはあるし、自分ではよく分かっていると思っていました。

ところが・・・、

“乗る”のと“押す”のでは大違いなんですね。。。
エレベーターの車椅子用のスイッチの位置にありがたさを感じたり、
エレベータ内での転回がスムーズにいかなかったり。

ちょっとした段差なども、超えるのも難しいんですよね。

そして、スロープを自力で上るのが、意外と力がいることや、
逆に下りでは、スピードが出すぎて恐怖を感じました。
何よりも、ご高齢の方が自力でこれを行うことの困難さを知ります。

体験して本当に良かった。
何事もやってみるものですね。

介助者と当事者。
同じ場所にいながら、立場が変われると感じ方がこんなにも違う。
正解などもちろんないけれど、少しでも介助者は当事者の気持ちに近づくことが必要である気がします。
机上論ばかりではなく、時に実践で体験することも必要でしょうね。

kurumaisu_20120801004255.jpg
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。