続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第95号】世間の風を受け止める
まだまだ理解されていないと感じる、自閉症や発達障がい。


心無い発言。今までもたくさん浴びてきた。

心に突き刺さる出来事。今までもたくさんあった。

悲しいが、まだまだそれが、日本の今の現実である。

現実に目を背けることは簡単だ。

それでも、そよ風親子は現実に立ち向かおう。

だって、それが、ぼくら「そよ風親子」なのだから。

きっと、ぼくらにしかできないこともあるのだと思う。


2008年は今日で終わる。

2009年は、少しでも差別や偏見が減り、少しでも理解のある社会にしたい。

りょうま、パパは来年、今年以上に動きまくるつもりです。




皆さん良いお年をお迎えくださいね。。



                                       2008年12月31日 りょうま父

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。