続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第76号】ご心配をおかけしました
たくさんの方から、ご心配を頂くメールをいただきました。

個々にメールのお返事ができそうにありません。(申し訳ありません)
ですので、この場を借りて、第75号での内容を詳しくお話しいたします。


5月から早朝ランをしている私。
いつも10kmほどの距離を走った後、必ず5分ほど座って休む場所があります。
そこは、近所のアパートの入口にある、4段ほどの階段です。
私が休むのはの1番下の段です。
早朝ラン後は、100%その場所で座り、5分間ほど息を整えて、そして家に帰っていたのです。

でも、なぜか10月20日のその日に限って、初めていつもとは違う1本奥の違う道を行こうと思ったわけです。
自分でもその理由が今でも分かりません。
こんなことは、過去1度もないのです。

そして、本来私がその場所にいたなら、時間的に座ってから1・2分したころに、その事故は起こったのです。
ものすごい爆発音にも似た音とともに、まさに、いつも私が座っている場所に、車が突っ込みました。
1本奥の道からもその異常音は空から降ってきました。
その車はブレーキもかけず、その私が座るまさにその場所の歩道に突っ込んできたのです。
突っ込んだ外車のボンネットは、壊れ、壁は壊れました。
最初は何が起きたのか分からず、その爆音の場所に行くと、
そこはまさにいつも私の座っているその場所でした。

私がもしいつも通りその場所にいたなら・・・・。
間違いなく即死でしょうね。

頭の位置もほとんど車のバンパーの上ぐらいの位置ですし、座った横の壁との間で頭を挟まれていたことでしょう。時間のズレもなく、ピタリと事故の時間にいたのですから。。。
事故現場では幸いなことに誰もけが人はいませんでした。
運転手は居眠り運転だったようです。(運転手は無事でした)
ビックリして、呆然と両手で口を押さえたまま硬直状態で立ちつくす、アパートの住人の女性。
近所の多くの人たちが、その早朝の大きな異常音に外に出てきました。

今でも不思議なのです。

・ なんで、5月から今まで、一度も欠かしたことのないその場所での休憩をとらなかったのか?
・ なんで、この日だけ1本奥の道に行ったのか?

それは偶然なのか、それとも何かの力により導かれたものなのかは、分かりません。

一つだけ言えることは、あの場所にいつも通りに行っていたら、今ここにいることもなかったということ。



見えざる力に感謝し、今元気に存在できている喜びを感じているのです。

コメント
この記事へのコメント
良かったです
初めて書き込みします。
いつもはロム専の私も、今回の件は心配しました。
りょうまパパさんは、生かされたのだと思います。
説明のつかない、見えない力って、本当にある気がします。

それにしても、良かったです。
2008/10/22(水) 07:09:20 | URL | yasu #NkOZRVVI[ 編集]
ビックリです
同じくロムってばかりの私ですが…
本当によかったです。
生きてるって不思議ですね。
長生きしてくださいね♪
りょうちゃんの為にもご自身の為にも。
2008/10/25(土) 20:20:25 | URL | 瑞穂 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/06(水) 09:53:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。