続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よみうりランド
レポート No.9               レポート日 2004.2.21 (土)

よみうりランド

【所在地】東京都稲城市矢野口3294


さてさて、おでかけレポート第9弾。

今回は、東京都稲城市の“よみうりランド”のレポートです。

 

“よみうりランド”って皆さん良く聞きませんか?

そうです、バンデットという有名なジェットコースターのある、よみうり系の遊園地です。

近くには読売巨人軍の練習場や東京ヴェルディ1969のサッカー練習場もあります。

さて、何でそよ風親子がこの“よみうりランド”に出かけたのか???

そよ風の手紙の以前からの読者の方ならばお分かりになることだと思いますが、りょうまは遊園地が大好き。

元気日記にも頻繁に登場していましたが、以前は“ドリームランド(横浜市)”や“向ヶ丘遊園(川崎市)”に月1回以上は遊びに行っておりました。

しかし、数年前にこれらローカル遊園地は相次いで閉園。りょうまの遊園地という楽しみの場所も少なくなってきました。その生き残りともいえる“よみうりランド”。

でも、そこそこの金額が掛かるので、財布とも相談しなければならず、そう頻繁には行けません。

そんな訳で久々の遊園地。りょうまはどんな反応をするのか楽しみです。

 

開園が10時の遊園地に10時には到着。午前中思い切り遊ぼうという目標です。

チケットは、キッズライドパスというのを親子で購入。手帳の提示で親子で3400円(各500円引きで)入園できました。

何でキッズライドパスなのか?それはりょうまの乗れるアトラクションは、ほとんどがこの中に網羅されるからです。

てな訳で、園内へLet's go!

この日はアンパンマンのイベントがあるようで、入り口にアンパンマン他のキャラクターがお出迎え。子供たちに囲まれたキャラクターを横目に、りょうまと父は園内に進みます。すると、園内を一望できる場所が目の前に広がります。

りょうまは、その風景に過去の記憶が蘇ったのか、急に目をきらきらさせ、1人で階段を下りてゆきます。

      

DSCF0335.jpg
パパ、早く行こうよ~!(とでも言いたげです)

そして、私(父)と歩いている時は手をぐいぐい引っ張り、足はスキップ状態に。(かなり嬉しそう)

メリーゴーランドやフライングビートル、ドラゴンコースター等どんどん乗りかなり楽しそう。(父も嬉しくなってきました)

そして、大観覧車へ。これが結構な高さ。りょうまは、最初窓の外を眺めていましたが、高さに対する恐怖心がないのか、かなり高い位置に来ると観覧車の中を(時には走って)何度も移動。その都度大きくゆれる観覧車。

とっても恐~い観覧車を体験させてくれたのでした。(-"-;A ...アセアセ

 
DSCF0338.jpg
窓の外の風景にがぶりつきのりょうま。(このあと恐怖は起こった・・・)

観覧車から降り、更に色々と乗って回り、りょうまも満足顔。

そんなこんなで、そこそこ楽しめたと思います。

2時間あれば、キッズライドパスは充分に回りきれます。

 

自閉症児の観点から、

 

遊園地の乗り物が大丈夫なお子さんならそこそこ楽しめるでしょう。

でも乗れない子は、ぜんぜん楽しめませんのでお勧めしません。

※注意:フライングロボは、乗るのはやめたほうが無難です。急角度になるので・・・ちょっとヤバイかも。

入園料は身体障害者手帳・療育手帳にて割引になります。

専用駐車場有(1000円/1日)。

 

そんな訳で、総合的に見ると、

自閉症児のお出かけスポットとしてのパパの独断評価(満点は5ツ星)

よみうりランド は、★★★です。

 

なお、詳しい内容は

 http://www.yomiuriland.co.jp/をご覧ください。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。