続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第732号】池谷薫監督の「先祖になる」、ベルリン国際映画祭で特別表彰
当ブログでも一昨年に何度も書かせていただいた、赤崎正和監督の自閉症の妹の姿を撮ったドキュメンタリー映画「ちづる」。
その映画のプロデューサーだった、池谷薫さん。
その池谷さんから昨年12月、自らが映画監督をされた「先祖になる」の試写会のご招待状を、
「ちづる」の時と同様に、マスコミ枠でいただきましたが、残念ながら時間的に都合がつかず試写会には行けませんでした。

2366.jpg

そんな中、一昨日車を運転中のFM放送から“池谷薫監督の「先祖になる」ベルリン国際映画祭で特別表彰”とのニュース。
確認してみると、こちらの記事に載っていました!

震災映画「先祖になる」ベルリン国際映画祭で特別表彰
【2013/2/17付 毎日新聞より引用抜粋】

 第63回ベルリン国際映画祭で16日、東日本大震災で半壊した自宅を元の場所に再建する男性の姿を記録したドキュメンタリー映画「先祖になる」(監督池谷薫)が映画祭事務局とは別に選ぶエキュメニカル賞の2席にあたる特別表彰を受けた。「先祖になる」は、革新的な作品を集めたフォーラム部門に出品されていた。

 映画は、津波で長男を亡くした佐藤直志さん(78)=岩手県陸前高田市=が「先祖の土地を守る」と、その地に根差した生き方を貫く姿を追う。共同電によると池谷監督は「復興という夢に向かって元気に頑張る佐藤さんの姿が評価されたと思う」と喜んだ。


素晴らしいです!池谷監督、受賞おめでとうございます!
私はロードショーで鑑賞させていただきますね。

2367.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。