続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第639号】車椅子体験をしてきました
車椅子体験をしてきました。

車椅子は我が家でも母が日常生活で使っています。
私自身、押すことはあるし、自分ではよく分かっていると思っていました。

ところが・・・、

“乗る”のと“押す”のでは大違いなんですね。。。
エレベーターの車椅子用のスイッチの位置にありがたさを感じたり、
エレベータ内での転回がスムーズにいかなかったり。

ちょっとした段差なども、超えるのも難しいんですよね。

そして、スロープを自力で上るのが、意外と力がいることや、
逆に下りでは、スピードが出すぎて恐怖を感じました。
何よりも、ご高齢の方が自力でこれを行うことの困難さを知ります。

体験して本当に良かった。
何事もやってみるものですね。

介助者と当事者。
同じ場所にいながら、立場が変われると感じ方がこんなにも違う。
正解などもちろんないけれど、少しでも介助者は当事者の気持ちに近づくことが必要である気がします。
机上論ばかりではなく、時に実践で体験することも必要でしょうね。

kurumaisu_20120801004255.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。