続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第636号】「いじめ」に思う
「いじめ」。

この言葉の響きが、事態を軽く考えさせてしまっているのではないか。

いじめは“いじめること”ではなく、犯罪であると自分は思う。

いじめという言葉で片付けて欲しくない。


よく、いじめられている側にも問題があるということを言う人がいる。

しかし、僕はそうは思わない。

いじめに遭っている人は、何も悪くない。

問題なのは、100%いじめる側。

いじめに遭っている人に、問題など存在しない。

そこには自分たちと考え方や容姿や行動の違う人に対する差別や、偏見、

自分より力の弱い人や、抵抗しない人に対する、残酷な遊びの感覚が見え隠れする。

いじめる側には、いじめに遭っている人の気持ちはわからない。

いじめる側はいじめを行なったことを、すぐに忘れてしまうが、

いじめに遭っている人は、きっと一生忘れない。



今いじめに遭っている人がいたら、

そのいじめに立ち向かう必要などないのです。

なぜならば、あなたに悪いことはないからです。

あなたが死にたいと思うくらいなら、

場合によっては、学校なんて行かなくてもいい。

あなたの命は、今生きている10代の数年間の命だけではありません。

未来にはもっともっと広い世界が広がっています。



未来の大切なあなたのために、いじめから逃げて欲しいのです。

コメント
この記事へのコメント
まったく同感です!
「いじめ」じゃなくて犯罪。その通りだと思います。
無責任なマスコミは、いいように騒ぎ立てますね。
昨夜、中学3年生を担任している次男と電話で同じような話をしていました。
「いじめる側が絶対悪い」そして「どこの社会にもいじめはあるよな」って。
2012/07/12(木) 14:27:11 | URL | すばるママ #-[ 編集]
すばるママさま
コメントありがとうございます。
いじめの問題、本当に胸が痛くなります。
まるで、日本社会の縮図のようです。
マスコミによるいじめも、よく目にしますよね。
子供たちは、大人の姿の鏡かもしれません。
とにかく、身近で起きたときは、子供たちを守る。
残念ながら、今はこれしかありませんね。
2012/08/02(木) 20:12:04 | URL | りょうまの父 #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。