続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第620号】刺激を受けた会合
社会福祉士会には「ぱあとなあ」という組織が存在します。

社会福祉士会において、成年後見・権利擁護をおもに行うことを目的とした組織で、
家庭裁判所に名簿を提出したこの会員が、成年後見人等をお受けしています。

私は、この「ぱあとなあ」に2年前から所属していますが、
一般企業に勤める会社員ということもあり、なかなか参加できないこと。
まして、実務レベルで関わることは更に難しく、今に至っています。

先日の日曜日、2時間ほど「ぱあとなあ」の定例会合に初めて出席しました。

出席者のみなさんのお話を聞き、刺激を受けてきました。
気持ちは十分あるのですが、自分の置かれた物理的困難な状態に踏ん切りがつかなかった2年間。
この会合は、私の気持ちを初心に戻す上で、大切な時間となりました。

やはり、行動をしなければいけませんね。
気持ちがあっても動かないことは、事実として動かないことと変わりません。

出席して本当に良かったです。

私にとって、モチベーションを復活させる内容の詰まった、貴重な2時間なのでした。


kyobun-2.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
社会福祉士会には「ぱあとなあ」という組織が存在します。社会福祉士会において、成年後見・権利擁護をおもに行うことを目的とした組織で、家庭裁判所に名簿を提出したこの会員が、成年後見人等をお受けしています。私は、この「ぱあとなあ」に2年前から所属していますが...
2012/05/29(火) 19:30:31 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。