続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第522号】映画「海洋天堂(Ocean Heaven)」、いよいよ7/9~銀座にて
いよいよ、7/9(土)~銀座シネスイッチにて、全国に先駆け映画「海洋天堂(Ocean Heaven)」のロードショーが始まります。

公式HPはこちらです。⇒http://kaiyoutendo.com/index.html

<以下、海洋天堂公式HPより引用抜粋>

自閉症の息子を持つ父親は、自分が余命わずかだと知らされたとき、何を考え、何を残していけるのか―? 『海洋天堂』は、なによりも子供の幸せを願う親の深い愛情を描いた感動作。父ひとり子ひとりで慎ましく生きてきたふたりが、突然直面する厳しい現実。父は自分をうまく表現することができない息子の将来を案じ、ひとりで生きていく術を息子に教えこんでいきます。卵のゆでかた、買い物の仕方、バスの乗り降り、一歩一歩できることから…。そのやりとりはどこかユーモラスであり、慈しみに満ちているからでしょう。本作は優しいぬくもりに溢れています。

また、ふたりと彼らを支えていく隣人や恩人などの存在は、不安を共有し支えあって生きていくという人間生来のやさしさと強さを、私たちの中に甦らせてくれるのです。父子が共に過ごす限りある穏やかな時間は、ふたりの絆を永遠のものにしていきます。そして最後に、父が息子に残していくものとは? それこそが海洋天堂というある愛の形なのです。爽やかな感動を呼ぶラストの余韻は、いつまでもあなたを包み込んでくれるでしょう。



また、日本公開前から応援を続けられてきたHP「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」の管理人しゅうさん。
このしゅうさんの動きや強い想い、賛同の皆さんの力があったからこそ、日本公開が実現したことも忘れてはいけません。
もちろん、私も当HPや週刊自閉症ニュース等でも、応援をさせていただきました。

HP「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」⇒http://oceanheaven.amaterasuan.com/


haiyangtiantang_03-450x337.jpg

公開まであとわずか。 とても楽しみです!!!

コメント
この記事へのコメント
おおっ、ついに実現しましたか
そういえば昔、日本公開運動に署名したような
記憶もあります。確かではありませんが。

早速、スケジュールを調整して見に行きます。
とっても楽しみにしています、初日に行こうかな~
2011/06/28(火) 12:51:49 | URL | SC所沢 村上 #wgmg.h4A[ 編集]
初日朝一番の会に行く予定。>自分 (^^;
2011/06/28(火) 19:08:41 | URL | レインボーおやじ #HfMzn2gY[ 編集]


会→回
こういう間違いが妙に気になるので。。。(*^^*)
2011/06/28(火) 19:10:33 | URL | レインボーおやじ #HfMzn2gY[ 編集]
SC所沢 村上様
本当に楽しみですね~^^
自分も早いうちに観に行こうと検討中です!
2011/06/29(水) 05:06:11 | URL | りょうまの父 #-[ 編集]
レインボーおやじ 様
初日の朝一番の回ですか!?
いつ行こうかな・・・。

2011/06/29(水) 05:14:11 | URL | りょうま #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。