続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第504号】浅野史郎さんと村木厚子さんのTVから
早朝RUN。
Nike+ipodの90分シャッフル設定で走っていたら、気がつくと折り返し時間の45分で、新横浜まで来てしまいました。

sinyokorun(1).jpg

先日、ETV特集で、浅野史郎さんと村木厚子さんの特集・二人のチャレンジド を観たばかり。
とても良い番組でした。様々なことを考えさせて頂きました。
このお2人のお話の中で、「人間とは何か、生きるとは何か」を考えさせて頂きました。
まさに、チャレンジド。

浅野史郎さんは現在、成人T細胞白血病という重い病と戦われています。
この病になられる前に、浅野さんのジョギング日記は、自分にとってもとても励みになっていました。
かつて浅野さんはこのあたりも走られていたんですよね。

今、自分の中では、この「走る時間」は、ただの走る時間ではない気がします。
新たなこと思いついたり、自分の中で何がしたいのか再確認したり、
毎回、様々なことを考えられる、大切な時間。

3月11日以来、確実に自分の中で動き出しているもの、まるで背中を押されるように動かされているもの。
それが何なのか、パズルを埋め込むように、一つずつ整理しています。

こんな時だからこそ、走ろう。自分の中の、真実を見つけ出そう。
自分の中の“走り”は、“走ることが目的ではない走り”。

気がつくと、自宅に着くまでの21km。
常にたくさんのことを考えることができた、貴重な早朝の90分なのでした。


浅野史郎さんと村木厚子さんの特集。観ることができて良かったです。


(※5%の可能性の方に書くような記事かもしれませんが、今回は続・父に書かせて頂きました。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。