続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第430号】久里浜の余韻
2月26日の筑波大附属久里浜特別支援学校での講演会のお話は、当ブログの第428号でも書きました。

自分の中では、その余韻が今でも続いています。


まず、学校の先生のご配慮で、当日ご参加いただいた皆さまのからのアンケート結果(講演後の感想)に目を通すことができました。
私の話がどこまで皆さんに届いたのか、反省も踏まえ目を通しました。
結果は、
・参加者の皆さんが私の話に何かしら、新たなものを感じて頂けたこと。
・皆さんのアンケートが、ほとんど一言感想で無く、たくさん感想を書かれておられたこと。
・また、それぞれ感じられた部分が、必ずしも私の話のある一部分でなく、全体に渡っていること。
皆さんのアンケート結果を拝見し、ただただ、私の方が感動をしてしまいました。

また講演後、直接メールを頂いた方も多く、とても嬉しかったです。
ご参加いただいた方の中に、
自閉症と知的障害を持つ家族と子供のための情報サイト「トータスキッズ」という、大変興味深いHPの管理人をされているお母さんも今回ご参加いただいておました。
bannerTKids.jpg←HPを拝見しましたが、すごく入りやすいサイトです。

そのサイトの中で、「講演を聴いて:りょうまパパの子育て」というタイトルで、今回の講演会の感想をお書き頂いております。
こちらです⇒http://www.ts-kids.com/modules/blog/details.php?bid=39

その後も、お父さん同士のつながりの企画もあげられているというお話や、お母さん方は3月11日のうすいまさとさんの三浦でのトーク&ライブにも参加されると聞いております。

これらの全てが、私の中で更なるパワーを生んでいます。
本当に良かった。
私の中で残るこの余韻を大切に、次へつなげてゆきたいと思います。


「久里浜の皆さま、あらためて、本当にありがとうございました。」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。