続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第428号】久里浜特別支援学校での講演会
2月26日。

筑波大付属久里浜特別支援学校にて、講演会をさせていただきました。

久里浜お知らせリ?フレット
久里浜特別支援学校といえば、療育ほか全国的に大変注目されている学校の一つです。

そのような学校で、私のような者が講師をさせて頂いて良いのだろうか、12月に自閉症のお子さんがいるお父さんからお話を頂いた時の正直な気持ちでした。
ただ今回のご依頼は、12月の横須賀での講演会をお聴き頂いた直後。
私のメッセージがそのお父さんに何か響いたということでもあり、とても嬉しかったです。

その後のやり取りで、「お父さん同士はなかなか交流ができず、3学期中にお父さんが集まる企画をしたい。私の話をぜひお父さん同士の交流の場で聴かせてほしい」ことを知ります。
そして、今回この企画・立案をされた若い2人のお父さんの熱い気持ちが伝わりました。
その姿は、10年前の自分を見ているようでした。

私がお話しできること。
それは、療育等のテクニカルなお話しではありません。
むしろ、それとは対極にある、皆さんの心中をスッと通り抜けるような、肩の力を抜いて楽に聴けるような、そんなお話しです。


そのことを前提に、ご了解を頂いた上で、有難くお受けした次第です。


今回、お父さんを中心に、お母さん方、校長先生はじめ教職員の皆さんにもご参加頂きました。

講演中の皆さんの表情、そしてその後の交流の場、直接頂いたお言葉。

今回、このご依頼を受けて良かった、本当に心から思っております。


私もこのような講演会は今回で4回目。まだまだ不慣れで未熟です。
でも、心だけは少しは伝わったかな?という感じです。
これが新たな人と人とのつながりの切っ掛けになると嬉しいです。


ご参加いただいた皆さん、父親教室のスタッフの皆さん、そしてご理解を頂いた学校関係者の皆さんに感謝なのです。

私もたくさん皆さんのエネルギーを頂きました。

本当に、ありがとうございました。



miurasea.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。