続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第414号】成年後見 選挙権求め初提訴へ
『後見制度なんか無ければいい。選挙に行けるから』(原告:名児耶匠さんの言葉)
1/13のNHKニュースで放送されました。

こちらです→http://www.nhk.or.jp/news/html/20110113/k10013385981000.html
(1/16現在、上記URLよりニュース映像を見ることができます)


  【1月13日NHKニュースより引用抜粋】

知的障害など、判断力が十分でない人に代わって財産管理などを行う「成年後見制度」について、後見を受けると選挙権も失うのは憲法に違反するとして、48歳の知的障害の女性が、選挙権を認めるよう求める初めての訴えを近く東京地方裁判所に起こすことになりました。

裁判を起こすのは、茨城県牛久市に住む名児耶匠さん(48)です。名児耶さんは、ダウン症で知的障害があり、4年前に父親が、判断力が十分でない人に代わって財産管理などを行う成年後見人になりました。法律では、後見を受ける人は選挙権を認めておらず、名児耶さんも後見を受けると同時に選挙権を失いました。しかし、名児耶さんは、20年以上にわたって選挙の際は欠かさず投票し、選挙公報も読んでいたということで、投票する判断力があると主張しています。このため、後見を受けたことで選挙権が失われたのは選挙権を保障する憲法に違反するとして、選挙権を認めるよう近く東京地方裁判所に訴えを起こすことにしています。名児耶さんは「選挙に行けないのは残念で、また行きたい」と話しています。父親の清吉さんは「娘の権利を守るために後見人になったのに、それによって選挙権が奪われるのは親として納得できない」と話しています。これについて総務省選挙課は「選挙のたびに個別に能力を審査するのは実務上難しいため、後見を受ける人は判断力に欠けるとして選挙権を認めていない」としています。成年後見制度は平成12年に始まり、知的障害や認知症などのために後見を受けた人はおよそ14万人に上っていますが、選挙権を認めるよう求める裁判を起こすのは初めてです。成年後見と選挙権を巡っては、平成17年に日本弁護士連合会が「後見を受けた人も投票は可能で、一律に選挙権を制限する規定は見直すべきだ」と提言しています。


後見を受ける=選挙権を失う という日本の現状。(※注:被保佐人・被補助人には選挙権はあります) 

ニュースの中の名児耶さんのように、選挙に行きたいという意思がありながら、選挙権そのものが奪われてしまう現状は、やはりおかしいことだと感じます。
選挙へ行くか行かないは本人の自由であり、そこで本人が決めれば良いことです。
もしかしたら、後見を受けている方の中には、選挙へ行かない方も多いのかもしれません。
それでも、一律に権利を制限している現行の制度は改正すべきではないか、と個人的には思います。

さて、私の方は社会福祉士として成年後見人養成研修会参加のため、今日も一日缶詰状態になります。
では、では。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。