続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第43号】こんな人が首相候補だったとは・・・情けない
マスコミはなぜ、もう少し大ごとにしないのか?
この人のこの発言は、たとえTV番組内の発言でも許されないはずだ。

 拉致被害者、北に返すべきだった 加藤氏発言に抗議声明 家族会・救う会
                                      (7月10日産経新聞より抜粋引用)

自民党の加藤紘一元幹事長が拉致被害者5人について「国家と国家の約束だから北朝鮮に返すべきだった」と発言したことを受けて、拉致被害者「家族会」(飯塚繁雄代表)と「救う会」(藤野義昭会長)は9日、「拉致被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤氏に強い憤りを覚える」と抗議声明を出した。

 加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言。拉致問題を認め、謝罪した金正日総書記について「天皇陛下みたいなポジションにいる人物だ」と述べた。

 家族会・救う会の抗議声明では「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。「不見識極まりない発言だ。加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。


この人、一時は首相候補だったことがあったよね。
信じられない。
国民を何だと思っているのだ?
突然、他の国から日本国内で連れ去れれた人がようやく、何十年振りに自国に帰って来たのだ。
その被害者たちを返していればうまくいっていた・・・的な発言。
あなたは国民を国家間の交渉に利用し、売るつもりか!
許される発言ではない。


国民を守る気のない議員は、議員を辞めてもらいたい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。