続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第41号】児童虐待4万件超える
驚きの数字だ。児童虐待は、こんなにあるのか・・・?

     児童虐待:前年度比8.8%増、初の4万件突破 07年度 
                        (毎日新聞 2008年6月17日 より一部抜粋引用)

 全国の児童相談所(197カ所)が07年度に対応した児童虐待の件数は、前年度比3295件(8.8%)増の4万618件で、初めて4万件を突破したことが厚生労働省の調査(速報値)で分かった。07年1月に児童相談所の運営指針が改正され、被害児童のきょうだいについても積極対応することになったが、厚労省はこうした対応強化などが虐待を顕在化させたとみている。

 調査は都道府県と政令市、一部の中核市ごとに対応件数などをまとめた。件数が多かったのは▽東京都(3307件)▽大阪府(2997件)▽横浜市(2000件)▽埼玉県(1886件)▽神奈川県(1679件)などの順。前年度からの増加率が多かったのは▽山形県1.74倍(224件)▽鹿児島県1.67倍(140件)▽札幌市1.54倍(478件)など。

 07年1月の児童相談所運営指針の改正は、被害児童の家庭を高リスクとみて、児童のきょうだいについても一時保護を含めた積極対応をすることなどが決められた。

 虐待件数は90年度の調査開始から一貫して増え続けているが、特に00年の児童虐待防止法制定後の6年間では2.3倍に増えている。04年には同法が改正され、親が配偶者や同居人から暴力を受ける場面を見せられるのも子供への心理的虐待とされ、警察などからの通告が増えた。

 一方、児童福祉司1人当たりの受け持ち人口は、最も手厚い鳥取県(3万1948人)と手薄な富山県(7万9409人)で2.5倍の開きがあり、児童相談所の機能強化を巡る自治体間の温度差も浮き彫りになった。


4万件・・・。
ここまで来ると、児童相談所の対応では到底難しい件数だ。
老人虐待やDVなどを合わせたらどんな件数になってしまうのか?
もうここまで来たら、行政が云々言っている場合ではないのだ。
まずは、自分たちの周りから無くして行くしかない。
この記事だけで、まるで日本の縮図が見えるようである。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/23(水) 09:55:06 | | #[ 編集]
初めておじゃまします(^^ゞ
はじめまして!
すばらしいブログですね!
昨日もNHKで子供虐待のアンコール特集をやっていました。
虐待された人と共に、してしまう人も参加していました。
その中に、知的障害の子供をこのままだと殺してしまうと思い、自分で通報して施設で預かってもらっていると言う人もいました。
子供を手をかけてしまったという事件の中でも公にはされませんが知的障害があったという例は少なくないようです。
大変な罪を犯してしまったことは事実ですが、あきらかに周りのサポートが足りなかったのではないかといつも思ってしまいます。

もっと障害のある子供の親のカウンセリングをしてくれる場所が増えると良いと思います。
2008/07/24(木) 03:12:09 | URL | らいち #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。