続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第360号】9.11に想う
今年もまた9.11がやってきて、そして過ぎて行った。

2001年9月11日。
衝撃的な出来事。
アメリカの同時多発テロの日だ。

自分は2004年に、ニューヨークのグラウンド・ゼロに立ち寄ることができた。

当時、現地で感じた震えとも何とも表現しがたい感情。今でも鮮明に思い出す。


       2004年撮影(グラウンド・ゼロ)

あれから9年が経った。

今感じるのは、「憎しみ」は更なる「憎しみ」を作り出すということ。

でも、どこかでその連鎖を止めなければ、その「憎しみの連鎖」は終わらないのではないかということ。

それを止めることができるのも、実は人間自身でしかないこと。

人類には、とても難しい問題が突きつけられている。

そんな気がするのだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。