続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第358号】広島にて。
日本人として、人として、一度は訪れなければならないと思っていた「広島」。

この地を訪れたいと長い間感じていながら、気がつけばこの歳になっていました。

そして、ようやくそのチャンスが訪れました。

ブログ「5%の可能性」にも書きましたが、ようやく取れた遅い夏休み。
2日間の休みを取り、その1日を広島にあてることができました。

早朝RUNを、広島平和記念公園付近でしようとしましたが、結局足が止まってしまいます。
走る気持ちになれませんでした。

わずか65年前の8月6日8時15分。
この広島で一発の原子爆弾により失われた14万人の人々の尊い命。
その後も、後遺症や障がいで苦しめられた多くの人々。

広島平和記念資料館で、丸々2時間を費やし、この地で起きたこと再度確認したのです。


      1510.jpg
                            原爆ドーム


      1513.jpg
                 原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑)

      1511.jpg
                        被爆したアオギリ
                    
            1512.jpg
                           原爆の子の像

            1514.jpg
                           爆心地・島病院


核兵器の使用はもちろん、戦争は何があっても起こしてはいけない。

そんな当たり前のこと、忘れかけていた平和というものの有りがたさを、深く心に刻んだのでした。

本当に来て良かった。でも、もっと早く来たかった・・・。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。