続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第38号】国民を守らない国
本当に救い出さなければいけないのは、どちらなのだろう?

ある日、不法入国したテロ国家の人間に、日本国内で平穏に暮らしていた家族のもとから、わけも分らないまま突然連れ去られ、何十年も戻ってこない人々。
一方、渡航に対する危険情報が流れていたにも拘わらず、その危険な国に自ら乗り込み、おそらく莫大な国民の税金を投入して開放されたと思われる大学生・・・。

<テロ指定解除>「何の結果も出ない」…拉致被害者家族:6月26日毎日新聞より一部引用
 北朝鮮による核計画の申告を受け米国が26日、テロ支援国家指定解除の手続きを始めた。拉致被害者家族は「拉致問題の解決が遠のく」と危機感を募らせ、米国にブレーキをかけることができなかった政府への不信を改めて示した。

 家族会の飯塚繁雄代表(70)は、埼玉県春日部市内の勤務先で「拉致問題解決に向けて大きな後退。家族を助け出せなくなる恐れが十分ある。なぜ政府は、テロ支援国家指定の解除は絶対に困るという強い態度を示せなかったのか」と話した。また「疲れました。(救出運動は)政府に安心して任せたいというのが本音。身を粉にして訴え続けても何の結果も出ない」といら立ちを隠さなかった。

 横田早紀江さん(72)は、川崎市の自宅マンションで「拉致は核と同じくらい重大な問題。こっち(核問題)が優先で(拉致問題が)消えていきました、では許せない」と危機感をあらわにした。

 そのうえで政府に対し「(指定解除の発効まで)45日間あるから、その期間に死に物狂いでやってほしい。サミットや6カ国協議で『拉致は世界的な問題で、許せない人権侵害だ』と強い姿勢ではっきり言ってほしい」と外交努力の継続を求めた。


「貴重な経験、話して」Nさん解放で横国大生も安堵:6月15日産経新聞より一部引用

 イランで武装勢力に拘束された横浜国立大学4年のNさん(23)が解放されたとの知らせを受け、同大の学生からは「本当によかった」と喜びの声が上がった。身近な学生が巻き込まれた事件だけに、関心の高さがうかがえた。

 経営学部1年の男子学生(20)は「直接の面識はないけど、周りの人が心配していた。生きていてくれて本当によかった」。Nさんの同級生で今春、大学院に進学したSさん(22)も「卒業式で飯田嘉宏学長が『N君を解放してくれることを祈っている』と話し、みんなで心配していたので、本当に安心した」と胸をなで下ろした。

 一方でSさんは「海外などで特に危険な場所に行く際は、自己責任の意識をを持ち十分に気をつけなければと、改めて思った」と話し、「危ない目にあったけど貴重な体験をしたNさんは、みんなに経験談を話してほしい」と要望。

 大学院2年の男子学生(23)も「拘束中はどのように過ごしていたのか、直接話を聞いてみたい」と興味深げだった。


何が貴重な経験だ!事の重大さが分かっていない。話にならない。怒りさえ覚える。

と同時に、福田首相!

あなたは、本当に拉致被害者の今の状況、気持ちを解っているのか?
あなたの家族が今、目の前から突然テロ国家に連れ去られ、30年以上所在や安否も分からず、帰ることができなかったら、今回のような対応をしたのか?

親が家族を守るように、国家は国民の安全を守る義務がある。
この国は、ついに国民さえ守れない国になってしまった。

今「日本は非常に危険な状態にある」と言っても過言ではない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。