続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第331号】父親たちが立ち上げた農園
元気日記468号でも書きましたが、

6月20日の日曜日に、自閉症、発達障がいの子どもを持つ父親たちが立ち上げた農園「いざえもん農園」の収穫祭にご招待を受け、息子のりょうまとともに行ってまいりました。

                 1475.jpg

私はこの活動の中心となる父親とは以前から交流があり、ここ数年で栃木のココファームさんや、三浦の山村農園さんなどの見学にも同行させて頂いておりました。まだその頃は構想段階という感じだったことを思い出します。

ところが、ここからがこの方々の凄いところです。
実際に2009年に横浜市戸塚区・泉区の自閉症、発達障がいの子どもを持つ父親たち(19家族)が中心となりこの農園を立ち上げたとのこと。このような構想までをする人たちはたぶん世の中にたくさんいると思いますが、しっかりとそれを実行してしまうところ。それもたった一年ほどでです。

まさに有言実行。ここがこの父親たちの凄さ。

また、次のような目的を掲げておられます。

(1)母親のレスパイト ? 母親の息抜きの為に
(2)父親の子供との関わり方 ? 母親の子供への関わり方のようにうまく関わる事が出来ない
農業という父親に適したテーマを通して子供との密接な関係の構築を目指す
(3)母親同士父親同士の情報交換の場 ? 学齢期は同じ立場の者同士の情報交換の機会が少なくなる
(4)重度な子供達は休日などに出掛けられる場所が無い。? パニックなどで公衆の場には出難い現実
(5)中度・軽度な子供達はゲームやテレビなどで家にこもりがちな環境から太陽のもと社会的な環境へ楽しく通える場所づくり、農業生産性よりも過ごしやすい環境整備
(6)能力開発 ? 初めは半分に切ったジャガイモに一握りの土を掛ける程度から、草1本を抜く程度から長い時間を掛けて少しずつ作業を身に付け、作物が育ち子供達が自ら収穫し、自宅で調理し食べる事で、労働の理解とコミュニケーションや体力作りや成果への喜びなど人の生きる基本的な能力、また豊かな人生を過ごす為の糧となる能力を父親の手で子供達に遺すことを目指す


私としては、このような活動をする父親たちを、これからも応援したいですね。

                 1474.jpg

いざえもん農園のHPはこちらです⇒http://www.geocities.jp/izaemon_farm/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。