続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第328号】新たな試練
昨日、りょうまの祖母(私の母)が、自宅の階段を踏み外し階段から数段滑り落ちる事故が起きた。

幸いにも、骨折等の大事に至らず済んだ。本当に良かった。

しかし、明らかに「次にはこれでは済まない」という警告である。

ご存知のように、祖母は足腰の調子が悪い。このところその痛みがいつも以上に顕著になりつつあった。

杖をつきながらの階段は、たとえ本人が大丈夫だと主張しようと、説得すべきであったと反省している。

そんな訳で、私の方は急きょ職場の休暇を2日間もらい、祖母の生活の危険な部分を改善すべく、家の中での引越し作業。と言っても、動くのは当然私一人のみ。一人で1階と2階の荷物等の移動で何十往復しただろう。
2日目の夜、ようやく何とかそのかたちを整えた状況になった。

ようやく落ち着き始めるかなと思っていたところに、新たな試練の出現。

でも、どんな試練が来ようと、必ず乗り越えて行こう。

さすがに筋肉痛がひどい。でもこんな痛みは祖母の痛みに比べれば痒みのようなものだろう。


さて、湿布を貼って寝るか!


コメント
この記事へのコメント
沢山のものを背負って精一杯努力されている姿に、頭が下がります。
いつも頑張っている姿には、ちょっとの事でへこたれてはいけないなと反省させられ、勇気も与えられます。

でも、あまり無理をしないで、ご自分もいたわってくださいね。
2010/06/18(金) 08:07:37 | URL | Mママ #Xbrw9Dy2[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。