続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第314号】TV放送のお知らせ(5月9日:関東ローカル)
5月9日(日)PM4:25?PM5:25

日本テレビのドキュメンタリー番組「リアル×ワールド」
※関東ローカル

『母の日感動SP ずっとあなたに笑ってほしい

“自閉症”の我が子とともに生きる家族を見つめて(仮題)』
 が放送されます。


≪企画内容≫

2005年、番組取材を通して二組の家族と出会いました。
重度の自閉症を抱える我が子とともに生きる家族。
想いをうまく伝えられず、パニックを起こしたり、時には自らを傷つけることで、意思を表現しようとする子供達。

当たり前にできる筈のことが難しい我が子の可能性を信じ、おつかい、山登り、様々な事にチャレンジさせようとする両親。自閉症という障害が家族にもたらす、葛藤とその中で生まれる大きな喜びを見つめました。

あれから6年…
社会を顧みれば、お腹を痛めて産んだ筈の我が子を、痛めつけ、死に追いやるという痛ましい事件が、毎日のように報道されています。

親になるとは?子育てとは?なんなのだろう?

そう考えたとき、ふと振り返れば、私たちが見つめて来たご家族は、今も、日々繰り返す喜びと悩み、失望と向き合いながらも、自閉症を抱える我が子を愛し、慈しみ続けています。

こんなにも、強く、逞しく、そして優しくも切ない子育てを、少しでも多くの人に改めて知ってもらいたいと思いました。
その姿が、もしかしたら、どこかで苦しんで子育てをしている親たちへの何かのヒントになるかもしれないと思うから…

そして、自閉症という障害を知ってもらう事で、障害を抱える本人と、その家族にとって少しでも生きやすい社会になるかもしれないと思うから…

5年前中学生だった大屋友貴(おおやゆうき)くんは、今年19歳になり、社会へ出る訓練を続けています。
当時9歳だった石原岳(いしはらがく)くんは、15歳になり、この春新たな道へ踏み出しました。
ゆっくりと、でも確実に大人になって行く彼らと家族はどんな日々を送っているのでしょうか。

かつて取材をした、二家族のいまを取材し、自閉症という障害を抱えながらも、成長する子供達の姿と、そんな我が子とともに強く逞しくなって行く家族の姿を1時間のドキュメントで描きます。


   番組HPはコチラ⇒http://www.ntv.co.jp/realworld/02/01.html

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。