続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第293号】絵カードのお店
絵カード。

息子のりょうまは、発語はある。でも会話ができない。
オウム返しもよくする。
こちらの言うことが伝わる時もあれば、時々伝わらないこともある。
自分の言いたいことを、単語で伝えて来ることもある。

だからきっと、言葉だけで良い、きっといつか会話ができると、つい数か月前までは考えていた。

しかし、

? 昨年秋の、施設Bさんでのカンファレンス。

? 11月のえっくんママ(絵カードのお店代表:末吉景子さん)との「そよ風対談」。

? そして、年末のこうまま(岡崎キャラバン隊代表:荻野ますみさん)のセミナー+自閉症の疑似体験。

これで、自分の固定観念は完全に払拭。絵カードを始めることにした。

りょうまのコミュニケーションへのサポートが、絵カードの活用により今より楽になるのであれば、
やるやらないの問題でなく、やるのみ!そう考えたのである。

もちろん、(学校・施設・家庭)連携で共通の認識方法でないと、混乱を招くことにもなりかねない。
そのあたりは連携を密にして行くつもりだ。

で、今回絵カードを作ってもらったのは、末吉景子さんが代表をされている、アメリカ(カリフォルニア)の
『絵カードのお店』だ。


    banner_logo.gif
HPのURLはこちら⇒http://www.picturecardstore.com/
(※注文から2週間程度で届くので、ストレスは無いです)

りょうまのカードは先々週届き、興味津津。
今は試し期間で使用しているが、近々三者連携で本格的に始めることとなる。

デザインは、「えっくんと自閉症」(末吉景子著:グラフ社)のイラストも描かれている「えり子さん」。
自分は個人的に、とてもこの絵が、可愛らしく、好きである。
※私は、自分の似顔絵を、ツイッターや名刺に使わせてもらっている。(えり子さん、ありがとうございます)

絵カードが、りょうまにどう変化をもたらすのか、今後とても楽しみなのである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。