続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第261号】発達障害を考える講演会(横須賀)
今日、横須賀で、NPO法人発達障害者父親会主催の講演会が行われました。

障害者週間特別講演「発達障害者を考える講演会」です。

三部に分かれており、

筑波大学付属久里浜特別支援学校研究主任の山内功氏、

音楽療法士の鹿島祐子氏、

川崎市自閉症協会会長の明石洋子氏、

の講演でした。


横須賀まで来て良かったです。とても、勉強になりました。

山内先生のお話、鹿島先生のお話。スッと、自分の中に入り込んできました。

そして、明石洋子(先生?)さんの講演会を初めて聴きました。
(実はいつも身近にいすぎて、聴いたことが無かったのです。)
あらためて、こんなスゴイ方の近くにいつもいたんだ!・・・と、感じてしまいます(まったく、贅沢ですね。。。)
1281.jpg


それにしても、主催のNPOの父親たちには、脱帽です。
5・6人ほどのメンバーでこれだけの講演を行なってしまうのですから・・・。

やはり父親同士は、地区の壁を取り払い、交流してゆきたいですね。

父親には、それができる可能性があります。


ちなみに、横須賀中央駅近くで行われた交流会。
ぼくうみの山下さん、特別支援学校の先生、議員さん(テレビでよく見るあの方もいました)ほか、多くの方々が参加していました。

有意義で楽しい会でしたョ。


NPO法人発達障害者父親会の皆様。
お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。