続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第193号】映画「ぼくうみ」公開初日
8月22日。
自閉症の青年が主人公の映画『ぼくはうみがみたくなりました』のロードショー公開初日。

この日は、もともと午前中、地元で編集会議があり、どうしようか?と迷っていましたが、
やっぱり、いても立ってもいられず・・・、恵比寿に行ってきました!

 1179.jpg 1180.jpg

恵比寿ガーデンプレイス内にある、東京都写真美術館。
ここのホールで、9月18日まで、4週間ロードショーが行われます。

しかし、ここは、とてもおしゃれな街ですね。
街を歩いているだけで楽しいかも・・・。

さて、この日3回目の上映。
会場にギリギリに着くと、山下さん、福田監督、岡田さん、主演の伊藤祐貴さんがロビーにおり、挨拶をして、会場に。

映画は、内容はもちろん、音響・画像も最高に良く、あらためて楽しめました。(実は私は3回目)

       1178.jpg
パンフとキーホルダーを購入。パンフには、カンパ金をした方々の名前が載っていました。

帰りにはあらためて、ロビーで山下さん、岡田さん、そして椎名邦仁さんとも挨拶をして、帰りました。


しかし、ぼくうみは、何度観てもやはり素晴らしい作品です。

皆さん、東京近郊の方、ぜひぜひ劇場に足を運んでほしいです。
このロードショーで人が入るか入らないかで、ぼくうみの作品の評価が決まってしまいます。
自閉症という障がいを、世の中に“スッ”と抵抗なく知ってもらう。
いくら言葉で我々が説明しても、理解してもらうのは容易ではありません。

ぼくうみは、明るく、画像も奇麗で、押しつけがましく無く、お涙ちょうだいでも無く、
でも、この映画を観て頂ければ、自閉症をちょっとだけ知ってもらえます。

作品としても、自閉症の映画ではなくても、間違いなく太鼓判です。
東京近郊の方、ぜひぜひ、恵比寿に足を運んでください。
行けない方は、口コミで、是非宣伝して欲しいです。

現在公開中で、9月18日まで、東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)、
月曜休館で、1日4回上映です。

宜しくお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/30(日) 13:51:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。