続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第175号】e?Soceer(イーサッカー)
週刊自閉症ニュース第95号のPick Upのコーナーでご紹介しました、e?Soceer(イーサッカー)。

サンフランシスコ在住の、まぐろさんよりのご紹介で知りましたが、知れば知るほどその素晴らしさを感じます。「健常児と障害児が一緒にサッカーをする」というInclusion志向の考え方、大変共感できますし、何とか日本にも広げて頂きたいです。

さて、以下が日本人コーチをされている、まぐろさんがMixi上に載せられた日記です。
この文章で、その内容の概要を知ることができますので、転載させていただきました。


僕が今、eSoccerで担当している6歳の男の子は、知的障害を伴うADHDです。サッカーグランドの中に留まるのが難しくて、ちょっと目を離すとどんどん無関係の方向に走っていってしまいます。その度に、僕は彼の名前を呼びながら全速力で追いかけて行き、彼をグランドへと導きます。1時間の練習の間に、だいたい20回くらいはそんな場面があります。
また、ボールに集中することも難しい様子で、他の子供たちがボールを追いかけていても、どこかのタイミングでポツンと取り残されてしまうことが多々あります。なので、僕は彼と一緒に、時には手を繋いでグランドの中でサッカーボールを追いかけます。

おそらくボールをしっかりと目で追うことも十分にできないというような障害性があるようで、足元のボールも上手く蹴れずに、よく転んでしまいます。

でも、チャンスが巡ってくると、彼も一生懸命ボールを蹴ってチームに貢献しています。そして、その度に周りのコーチたちに大きな声援で褒められます。

今週でまだ2回目なので、まだ慣れていない様子ですが、ときどきボールに向かってまっしぐらに走って行っては、ボールを蹴ろうと夢中になっています。きっと、数ヵ月後には、サッカーや仲間にもなれて、知らず知らずのうちに集中力がアップしたり、サッカーのスキルが身についてきたりすると思います。

この子のお父さんとお母さんは、グランドの外から見守っています。1時間だけ子供を手から離し、ちょっとリラックスしつつも、グランドから走り出てくると、僕と一緒になってサッカーへ戻るよう促します。

文章では上手く伝えられないのですが、チームには彼を包み込むような温かい雰囲気があり、そんな環境を是非日本にも伝えられたらと思う次第です。

そのためには、障害者の関係者、サッカー愛好者、帰国子女のように英語の通訳の出来る人たち、NPOを上手く運営できる社会企業家やスポンサーとなってくれる企業の方々とのネットワーク構築が不可欠と思うのです。

読者のみなさん、なんでも結構ですのでこの話に繋がりそうな点にお気づきになられましたら、是非教えて下さい。


また、「日米タイムス」の新聞を掲載しました。(クリックしてみてください)
日米タイムス

以下、まぐろさんからの頂いたメールです。

少しイメージをお届けするために、eSoccerのホームページと地元のTVニュースの映像へのリンクを添付致します。

http://cbs5.com/video/?id=28342@kpix.dayport.com ← TVニュースのリンク

TVニュースのリンクは、こちらでは有名なTV局であるCBSのものですが、eSoccerがコミュニティー活動で著名な賞を受賞したときのものです。TVのニュースクリップは、はじめのコマーシャルが10秒ほどありますが、そのままお待ち下さい。その後、直ぐにニュースが始まります。新聞記事にも出てくるジェシカさんという少女の映像もあります。彼女は、eSoccerに参加した当時は、自閉症児として参加したのですが、今ではもっと小さな子のコーチをやるまでに至っています。自閉症との診断も解除された経緯を持っており、「ジェシカの奇跡」と言われています。彼女は、僕(まぐろさん)のチーム(5?6歳児のチーム)で、一緒にコーチをしています。

http://e-soccer.info/jp/ ← eSoccerのHPです。


現在もまぐろさんは、積極的にこのeSoccerが日本にも広まるよう、活動をされております。
私も微力ながら、この活動を応援したいと思っています。

このeSoccerに関しては、今後も『そよ風の手紙』の中でもご紹介して行くつもりです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。