続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第149号】自閉症ワールド レポート(Vol.18)
自閉症ワールド レポート(Vol.18)
≪イベント直前、でもバタバタなのです!≫

【出演者を囲む会を行おう!】
申込は、順調。このまま行けば、締め切り前に定員に達することは間違いなさそうであった。
特にネット申込みは、全国各地からの参加申し込みがあり、出演者の方たちとお話しがしたい等の希望も多数だった。
この情報はまず自分の所に入る。せっかく、全国各地から川崎まで足を運んでいただけるのだ
やはり、その方々に感謝を込めた会は必要であろう
もう、そんなこともあろうかと、自分の判断で、前もって会議室を確保しておいた。
ぶどう社の市毛社長からも明石洋子さんを通して、会の開催希望を頂いていた。
「イベント実行委員会会議」での承認を得て、この会が行われることとなった。
ネット申込みの方々には、あらかじめ、参加希望等を募る。
最終的に、50名近くの方が参加希望の連絡を頂く。
出演者を囲む会。楽しみである。

【プロジェクターに助成!】
さてさて、どうなるのか?プロジェクターの件。
3月23日、川崎市からのプロジェクター機材代の助成を頂けることになったとのメールが明石さんから届いた。
良かった?!C=(^◇^ ; ホッ!
さすが、明石洋子さん。常識では無理だと思いがちなことも、可能にしてしまう方なのです。
これで、予算的なことはクリアになる。もう、当日に向け突き進むのみだ。

とにかく、安心した。。。

【定員オーバーは許されない】
主催者である我々。自分が一番気にしていたのは、定員に達しないことより、定員オーバーの件であった。
我々は主催者である以上、予約した方がオーバーして会場に入れないなどということは、許されることではないのだ。イベントのプロではないから、オーバーして許される問題であるはずはない。
このことが一番ネックだと考えていた自分は、あらかじめまだ余裕のある時点で、会員による自主販売ストップの依頼をかけた。
が、ふたを開けてみると、ストップをされておらずその後も販売されている事実を知る。イベント主催者としての自覚不足に温度差を感じる。
遠くから来た方が、チケットを予約しながら、入れない・・・・。
そんなことは、何があっても許されない。

イベントを主催した以上、我々は主催者としての責任があるのだ!
今回は何とかするが、次回以降の主催される方のためにこの言葉だけは置いて行こう。


【ヒロキくんの卒業式】
3月29日。この日はヒロキくんの卒業式の日であった。
明石洋子さんとともに招待された自分。
川崎駅近くで待ち合わせした我々は、川崎市民プラザで「出演者を囲む会」に関してレストランの方と打ち合わせ後、R246を町田に向け下った。

明石さんとのドライブは楽しい。
ファンカーゴの中では、うすいまさとさんのサンプルCDが、「脳の歌」がリピートで絶え間なく流れていた。
明石さんと自分。
この「脳の歌」をファンカーゴの中で何度も何度も歌っていた。♪
「♪のう、のう、のう、みんな?、のう、のう、のう、ちがうから?♪」
ファンカーゴ中は、脳の歌のみ流れる、カラオケボックスと化した
明石さんと新保の合唱???
一種、異様な?風景である。^^;


おさんぽいってもいいよぉ。(^?^)に、レインボーおやじさんが書かれていた言葉。

声をかけさせて頂いたのは。。。
まずは、赤ん坊の頃から中学を卒業するまでに、ヒロキくんが直接お世話になった方たち。
次に、ヒロキが一緒に過ごしたつくしんぼの仲間たちとその家族。
そして、この3年間、私と私の家族を応援して支えてきてくれた方たち

この中のメンバーに入れてもらえることがとてもうれしい。

会場で、「ぼくうみ」の福田是久監督と挨拶。以前山下さんを通してお会いしていたFEDHANのメンバー方にも挨拶をした。また当日は、NHK東京放送局のM記者やぶどう社の市毛社長にもお会いした。

1090.jpg
素晴らしい卒業式であった。

ヒロキくん、卒業おめでとう!

地下駐車場に、明石さんとともに向かうと、ぼくうみの黄色いステップワゴンが!
もちろん、明石さんからの指令?(笑)があり、記念撮影をした、我々なのです。
1087.jpg1088.jpg

【ニュースウォッチ9】
4月2日は「世界自閉症啓発デー」。
この日、なんと自分とりょうまの映像がNHK全国放送の“ニュースウォッチ9”に流れることが決定した。それが決まったのは、3月末のことであった。
でも、自分たちでいいのかな?どんな編集になるかは全く分からない。
そんなことも考えながら、放送当日、朝のテレビ番組欄を見ると、「自閉症の子の育児に理解を…孤立する母をどう支える」というタイトル。
1091.jpg


放送後、メールが一気に次から次へ。。。
収拾がつかなくなる。

これがテレビの力か・・・。思い知らされた。。。


いよいよ、本番の4月5日はもうすぐだ。



自閉症ワールド レポート(Vol.19)へ続く・・・


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。