続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第103号】浅野史郎さん
ようやく、体調も回復しそうです。

結局、体調が1日では回復せず、え?い休んじゃえ!ということで、今日も1日休むことになり・・・・。
でも会社からの電話は2日間ほとんど変わらない状況でして・・・。
仕事人間ではない自分にはこちらの方が厳しいです。(ハイ)

そんな中、布団の中で、昨年社会福祉士会の全国大会で行なわれた慶応大学教授の浅野史郎さんの記念講演の音声を改めて聴きました。
タイトルは「これからの福祉における地域のあり方」

社会福祉士会の全国大会には私も1日目は参加したのですが、2日目のこの日はどうしても用事がありこの浅野さんの講演を聴くことができませんでした。そこで大先輩の社会福祉士であるTさんが、あらかじめ録音許可をもらい、その録音されたCDをありがたく頂いたものです。
頂いた直後にも聴いたのですが、改めてじっくりと、布団の中で聴かせていただきました。

浅野史郎さんといえば、朝ズバ!等のTV番組でも有名な方ですが、元は厚生省で障害福祉課長もされていた福祉のプロ。
講演はどの話も興味深いものばかり。その話術に引き込まれてゆきます。
1時間30分の時間もあっという間に終わってしまいました。それくらい、貴重なお話でした。
終了後にコンサートのアンコールのような拍手が会場内に起こっていたのにはびっくり!
ある意味、福祉のプロ集団でもある社会福祉士からあれだけの拍手をもらえるのは、浅野さんだからかもしれませんね。

個人的には、浅野さんのブログ 浅野史郎のWEBサイト『夢らいん』 のジョギング日記をたまに見ています。自分も早朝走っていますが、あれだけご多忙な中、走られている浅野さん。すごいです。

以前、NHKの内多勝康さんの壮行会に出席させていただいた時、私が話そうとすると横から茶々ばかり入れられていた浅野さんの姿が印象的ですが、思い出せば本当に楽しく人を引き付ける魅力的な方でした。
また機会があれば、講演会等でお話しをお聴きしたいなぁ。


今回は、CD音源を頂いた大先輩の社会福祉士のTさんにあらためて感謝なのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。