続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201205<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201207
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第632号】そよちゃん、かわさきFMに(7月1日・日曜)登場です!
今日は6月30日(土)です。
梅雨の晴れ間。皆さん、いかがお過ごしですか?

さて明日(7月1日)は、堀川ひとみさんのFM放送のある日曜日です。
当ブログでも何度もご紹介していますが、堀川さんはアスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライター。
その堀川さんがのかわさきFM(79.1MHz)にてDJとして活躍中の番組
「Dream Kingdom 堀川ひとみの うたの国から」。

毎週日曜、午前11:30からの30分番組ですが、月に一回、私(りょうまの父)は別名“そよちゃん”として「発達障がい情報を中心とした話題を提供する3分間の自閉症ニュースのコーナー」を頂いています。
utakuni


私の登場は、毎月第1日曜日
そう今月は、明日(7月1日)が登場日です!
ちなみ私の登場は11:30の番組開始間もない時間帯になると思います。
この放送は、サイマルラジオとしてインターネット上から生放送で、全国どこでも聴くことができますので、ぜひお聴きいただけますと嬉しいです。
ひとみさんの軽快な楽しいDJや音楽はもちろん、他の週も、週ごとに発達障がい関連のゲストがご登場されておりますので、こちらもチェックです。


サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp
スポンサーサイト
【第631号】試練?
私の母の右足が、大きく腫れあがった。

昨日病院へ行ったところ、原因はわからないが菌が入り込んだようだ。

普段は車椅子生活の母。
薬を飲んで腫れは引きつつあるものの、今は車椅子への移動もままならない状態だ。

今日は会社を休み、一日、母の生活介助をしよう。

kurumaisu.jpg

それにしても、天はたくさんの試練?を与えてくれるなぁ。

でも、もし試練?が与えられるものであるならば、乗り越えられないものなど与えないはず。


大丈夫。

一つずつ乗り越えて行くぜよ!(笑)

【第630号】自閉症の子どものためのやさしい歯磨き指導
一般財団法人サンスター財団の「自閉症の子どものためのやさしい歯磨き指導」というHPがあります。

sansuta-.jpg

そこの自閉症児という部分をクリックしますと。次のようなメッセージが出てきます。

当財団では、平成15年から行われている「8020推進財団の歯科保健活動助成交付」を受け、養護教論及び障害児教育担当教員、自閉症支援の専門療育スタッフ、歯科医師及び歯科衛生士が、「学校、療育、歯科」という3分野の知識、技術と経験を活かし、障害のある子どもたちの歯科保健の向上をはかることを目的とし、自閉症へのお子様への歯みがきの指導をモデル事業として実施してまいりました。


と言うことで、自閉症の子どものためのやさしい歯磨き指導のページをみてみました。
自閉症の方にとって歯医者で診ていただくことは、通常の医療診療と比べても様々な困難があります。
それだけに、歯医者へ行くことにならないよう虫歯予防をすることは、大変重要な問題でもあります。
それらのことも含め、このHPの中では虫歯にならないよう、自閉症の子どもたちの特性を踏まえた歯磨きの仕方などが掲載されています。
自閉症のお子さんの歯磨きでどうしたらいいのか困っている方など、ヒントが隠されているかもしれません。
ご参考まで。

一般財団法人サンスター財団のHPはこちらです↓
http://www.sunstar-foundation.org/jiheisho/index.htm

【第629号】これから病院へ
土曜日の朝。

週刊自閉症ニュースの音声ポッドキャスト配信を終え、

たった今、5kmほど早朝ランに行ってきました。

これから、私の父と母の病院へ付き添いで同行します。

hosptal.jpg


スケジュールは目白押しだけれど、どれも自分には重要なもの。

一つ一つこなしてゆきます。

りょうま、今日は夕方に迎えに行くよ。待っててね。



【第628号】そよ風親子、更生相談所へ
今度の7月で、18歳になるりょうま。
今日は月曜日ですが、りょうまは学校を休み、そして私は会社を休み、更生相談所に行ってきました。
りょうまと別々の部屋に別れての聴取。

りょうまの方は、別の部屋でいつもと変わらぬ姿(?)を存分に見せていたようです。
検査の途中で、固まってしまったりょうまに、父へヘルプの依頼。
行ってみると、部屋の隅で両膝をシャツの中に入れ座り込み、しっかり固まっていました。(笑)

お昼をまたいでの診断。

↓こちらは昼休み。一緒に昼ご飯中です♪

kouseisoudanjyo.jpg

りょうまもちょっと疲れちゃったかな?


なんだか、一つ一つが新たな生活へのステップを踏むように、

準備は着々と進んでいます。
【第627号】りょうまの進路・カンファレンス会議
昨日りょうまの卒業後の進路に向け、
学校・施設・児童相談所・福祉事務所・保護者によるカンファレンス会議が行われました。

りょうまの卒業ということだけでなく、諸事情が絡み合っていたため、
なかなか決まらなかった、りょうまの卒業後の進路。
ようやく大きな方向が決まったことによる、今回のカンファレンス会議。

ついに動き出した感じです。

photo0000-0580.jpg

りょうまというクライエントに対し、7人の関係者が最良の方法を考え確認した話し合い。
福祉の原点を見た気がします。

福祉関係者にとっては、職務上当たり前のことかもしれません。

でも、保護者である私にとっては、あらためて感謝したくなる会議なのでした。
【第626号】TV放送のお知らせです(6/13:NHK総合)
今晩NHKで、子どもに処方される向精神薬に関する興味深い放送があります。

“薬漬け”になりたくない ~向精神薬をのむ子ども~

【放送番組】クローズアップ現代(NHK総合)
【放送日時】6月13日(水)(19:30〜19:56)

上半身が揺れ続け、止まらなくなった12歳の子ども。足の先がけいれんし、小刻みに震え続ける高校生。今、多くの子どもが向精神薬の副作用に苦しんでいる。国立精神・神経医療研究センターが行った調査で、発達障害の症状がある子どもに対し、小学校低学年までに向精神薬を処方している専門医が全国で7割にのぼることが明らかになった。重い自閉症やうつ病の症状などに苦しむ人々の効果的な治療薬として使われてきた向精神薬。一方、子どもの脳に及ぼす影響は未解明で、処方する量や種類について明確な安全基準はない。今月3日、薬の深刻な副作用に子どもの頃から苦しんできた人たちが集まり、安易な投薬はやめるよう強く訴えた。処方の基準が曖昧なまま進められてきた子どもへの投薬。その結果もたらされた過酷な現実を伝える。


http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3213

2030.jpg

【第625号】佐々木正美先生講演会のお知らせ(6/30)
「自閉症(発達障害)のより良き支援を願って」連続セミナーのお知らせです。

「Part1」として、佐々木正美先生が「自閉症の特性の理解と適切な支援とは」と言う演題で基調講演をされます。

6月30日(土)1時半から4時半まで。

「サンワークかながわ」の大会議室、180名定員です。(要申込)



~以下、明石洋子さんのコメントです。~

大阪維新の会の条例案の「発達障害は親の子育てが原因」やまた「凶悪犯罪と発達障害の関係」などの論争で、国民の間にまだまだ大きな誤解があるということが再確認され、30数年前の自分の子育ての時代の辛さが思い出されて、啓発の大切さを一層痛感しています。

当事者や親・家族に対して、周りのかたがたの正しい理解と適切な支援を願って、今年度から3年をかけて、「発達障害支援連続セミナー」を開催する予定です。

第1回を6月30日に開催します。

240630sasakimasami.jpg240630sasakimasamiura.jpg

【第624号】実はわたくし、バスの運転もできます
もともと自分は、学生時代に大型自動車免許取得していました。
運転は好きでしたし、大型車を運転したいというのが当時の取得理由。
なんと単純な!というくらい若き日の自分です。

あれから26年。
まさかこの歳になって新たな自動車免許を取るとは思いませんでしたが、
思うところがあり、大型自動車二種免許を取得することとしました。

仕事帰りのスキマ時間を使い教習所へ。
久しぶりの緊張感を楽しみました。

2020.jpg


2021.jpg
menkyo3(1).jpg

そして、2ヶ月間で、ついに大型自動車二種免許取得!

これで、営業用バスも運転できます。(運転手になるわけではないですが。。。(^^;))

着々と、時間は経過してゆきます。

【第623号】第10回ジェイミーのコンサートのお知らせ
レスパイトケアという言葉をご存知ですか?
レスパイトケアとは、日々、障がい児者や高齢者の介護などにあたる家族を、一時的に、その介護から解放することによって、日頃の心身の疲れを回復し、リフレッシュするための援助のことを言います。
高齢者や障がい児者を介護する家族は、日常的にさまざまな負担やストレスを抱え、家族全体が不安定な状況に陥る場合もあることから、近年レスパイトケアの大切さが注目されています。
そのレスパイトケアの一環として、自閉症児者や障がい児者と暮らされているご両親など対象としたコンサートが6月21日木曜日にミューザ川崎にて開かれます。

世界自閉症啓発デー参加公演
第10回ジェイミーのコンサート 小川典子 ピアノリサイタル

ogawanoriko.jpg

このジェイミーのコンサートを開かれる小川典子さんは、川崎市生まれのピアニスト。日本国際音楽コンクールやリーズ国際コンクールなどで入賞されたこともあります。かつてロンドンの下宿先で、重度の自閉症児ジェイミーさんと2年間生活した中で、母親へのケアの必要性を感じられたといいます。
ジェイミーのコンサートは日頃様々な理由で夜のコンサートに通うことのできない方々(自閉症児者や障がい児者と暮らされているご両親など)を対象にしたコンサートです。ホールで本格的な音楽を楽しんでいただくことによって心豊かなひと時を過ごして頂き心をリフレッシュしていただくことを目的とし、コンサート終了後には出演者を交えた茶話会があり、出演者とお客様との親睦を深めていただく楽しいお時間を提供されるとのことです。

ジェイミーのコンサート
6月21日(木)午前11時開演。
場所:ミューザ川崎市民交流室。
入場料は2500円です。

申込み・お問い合わせの詳細は、ジェイミーのコンサート事務局。

http://jamiesconcerts.com/nextconcert.html
【第622号】そよちゃん、FM放送に(6月3日・日曜)登場です!
今日は6月2日(土)です。皆さん、いかがお過ごしですか?

さて明日は、堀川ひとみさんのFM放送のある日曜日です。
当ブログでも何度もご紹介していますが、堀川さんはアスペルガー症候群の発達障がいを持つ、シンガーソングライター。
その堀川さんがのかわさきFM(79.1MHz)にてDJとして活躍中の番組
「Dream Kingdom 堀川ひとみの うたの国から」。

毎週日曜、午前11:30からの30分番組ですが、月に一回、私(りょうまの父)は別名“そよちゃん”として「発達障がい情報を中心とした話題を提供する3分間の自閉症ニュースのコーナー」を頂いています。
utakuni


私の登場は、毎月第1日曜日
そう今月は、明日(6月3日)が登場日です!
ちなみ私の登場は11:30の番組開始間もない時間帯になると思います。
この放送は、サイマルラジオとしてインターネット上から生放送で、全国どこでも聴くことができますので、ぜひお聴きいただけますと嬉しいです。
ひとみさんの軽快な楽しいDJや音楽はもちろん、他の週も、週ごとに発達障がい関連のゲストがご登場されておりますので、こちらもチェックです。


サイマルでの生放送は、こちらからどうぞ→ http://www.kawasakifm.co.jp

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。