続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第598号】どこまで復活できるか見ていてくださいね。
昨年末の右脚の肉離れ。

今年初めからの、原因不明の脚の痛み。


ようやく、10分ほど小走りができるようになってきています。

さて、ここからどこまで復活できるか!?

数箇月後、見ていてくださいね。

必ず、今より少しでも復活できた姿をお見せできると思います^^



希望は捨てません。

夢にむかって突き進みます!

kibou.jpg
スポンサーサイト
【第597号】つながったタスキ
多摩川リバーサイド駅伝。

昨年2月。
高校時代の友人が仕事中の事故で、突然去ってしまった。
皆の気持ちの中で、何かを残したい気持ちが芽生える。
そんなことから、同級生の有志で出場した地元の駅伝大会が日曜日にあった。

2か月前からの原因不明の脚の痛みで、ほとんど走ることが不可能になった自分。
1区10kmを走る予定だったのだが、急遽5区5kmに区間を変えてもらった。
直前の変更、メンバーには本当に申し訳ないと思う。

でも、その5kmでさえ、走ることが不安だった。
自分はアンカー。
何としても、タスキをゴールにつなげなくては。

1948.jpg
          【撮影 友人J】

4区のランナーを待つ。
遠くから見えてきた。がんばれ!
4区の彼は、半年前は走ったことさえない毎日。
でも、その後タバコをやめ、毎朝ひと月で150km走れるようになった。
そのメンバーからタスキを渡される。
1区~3区のメンバーも、それぞれに、様々なものを抱えていた。
足を捻挫しても、走り続けたメンバーもいた。
それぞれ想いは違えど、それぞれの気持ちがこもったタスキ。

そのタスキを受け取ると、思い切り走った。
脚の痛みを考えずに走った。
でも苦しかった。思い切り走る練習は、ほぼ2ヶ月していない。
1年前から今日までの日々が、走馬灯のように頭に浮かんでくる。
抜いた、とにかく抜いた。気がつくと何十人も抜いていた。
でも、一人も抜かれなかった。

ふと気づくと、ゴールに近づいていた。

1947.jpg
                   【撮影 友人J】

そして、ゴール。
脚の痛みが出ずに何とか5kmを走りきることができた。
きっと、去っていった友人が助けてくれたのだと思う。

僕らは皆40歳を過ぎたメンバー。
タイムは平凡だと思う。
でも、それぞれの想いは、もしかしたら他の出場者より深い方かもしれない。

今回、一緒に参加してくれたメンバー、応援に駆けつけてくれたメンバー、
そして、今はいない友人に心から感謝したい。

【第596号】「Run4u」の活動がグリーンズで紹介されました!
greenz.jp グリーンズ (あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア厳選マガジン)に、

Run4uの活動が紹介されました♪


run4ugreenz.jpg

ぜひご覧くださいね。記事全文はコチラです→ http://greenz.jp/2012/03/15/run4u/
素晴らしいですね。関係者のみなさん、ありがとうございます。

私も何枚か写真に写っております。結構アップで・・・(汗)

まだアメリカにいた南雲さんと始めた構想が、ここまで広がりを見せてきました。
感無量です。まだまだこれからも広がってゆくことでしょう。

宜しければ、ぜひご参加くださいね。
地域は関係なく日本国内はもちろん、全世界の方が参加できます。

ご興味のある方は、Run4u公式ブログをご覧くださいね。http://run4uproject.blog.fc2.com/
【第595号】できないストレス
今日痛み止めを飲みながら、ようやく10分ほどのスロージョギングができました。

と言っても、このブログだけアクセスされている方は、「何のこと?」と思われてしまいますよね。
スミマセン((^^))。

実は私事ではありますが、走ることがある意味生活の中に組み込まれた状態が、何年も続いておりまして、
何年もの間、マラソン大会やトライアスロンなどに出るのが自分の中の趣味になっていました。


そんな自分が、昨年末から足の故障そして今年に入り、ほとんど走ることさえできなくなりました。
走り始めてから、はじめての経験です。
今、痛み止めを飲みながら、恐る恐る痛みが出ないよう短いジョギングをしています。

でも、今日わずか10分間痛みが出ず走れたことが、こんなにも嬉しいことだとつくづく感じています。

走りながら、「この気持ちって、自閉症や発達障がいの人も似ているのではないか?」なんて思ってしまいました。

・走りたいのに痛みで走ることができない
・気持ちを伝えたいのうまく伝えることができない

これは一見違うように見えますが、相当なストレスであり、
伝えられない苦しみは、どんなに苦しいことだろうと思ってしまいます。

また、これは身体に障がいのある方や高齢者も同じだと思うのです。


やはり、自閉症の人が、思いを伝えることができるようサポートすることは、
何よりもとても大切なことであり、その方法は本人により合った方法であれば、
多種多様でいいのではないかと感じます。
支援者や保護者同士がそれを批判し合うことは最も不毛なこと。


道は違っても、目指すところは同じです。

【第594号】合格おめでとう
名古屋にいる甥っ子。
受験生として頑張ってきた彼。

昨日、我が家に某大学の医学部に合格したとの連絡が入りました。
本当におめでとう。
伯父として、とても嬉しく思います。

でも、これはゴールでなく、これからがスタートライン。

いつか多くの人を助ける医師になることを、願っています。

今は、喜びをかみしめてくださいね。


【第593号】週刊自閉症ニュース(音声)203号配信日変更のお知らせ
3月2日金曜日深夜の配信予定でありました、
週刊自閉症ニュース(音声ポッドキャスト)203号は、
諸事情により、更新日を一日延期させていただきました。

音声配信は、3月3日(土)深夜に配信済みです。

アクセスいただきました皆様、申し訳ございません。

http://soyokazenotegami.seesaa.net/article/255428413.html

【第592号】堀川ひとみさんのラジオ、全国で聴けます!(3/2、夕方6時半~)
かわさきFM(79.1MHz)で、毎月第1金曜日18:30~19:00に放送されている、

Dream Kingdom☆堀川ひとみの『うたの国から』

で、私(りょうまの父)は、“そよチャン”の名前で、前半3分ほどの枠を頂いています。

DJの堀川ひとみさんは、アスペルガー症候群の障がいのあるシンガーソングライターです。

ひとみさんの軽快なトーク、ご自身の曲を流したり、本当に楽しい番組です。


次の放送は、3月2日(金)夕方6時半からです!(カレンダーにチェック)

生放送は、川崎市内、横浜の北部、東京南部、のFM電波(79.1MHz)で、
また、かわさきFMのHPからインターネットにて、
全国どこでもサイマルラジオで聴くことが可能です。

http://www.kawasakifm.co.jp/index.html

皆さま、是非お聴きくださいね♪

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。