続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第583号】人と人との出会い
人と人のつながりとは不思議なものです。

りょうまは、4歳の時に入院したことがあります。
その病名は、「特発性血小板減少性紫斑病」。
この病気は、国が指定する特定疾患の一つです。

その当時、地域の療育センターに通っていたりょうま。
そこでお世話になっていたO先生が、お見舞いにいらしていただいたことを、よく覚えています。
そして病室で歌をうたっていただき、りょうまが落ち着いていたのを思い出しました。

そのO先生と、不思議なご縁で10年以上あとに偶然お会いすることとなります。
O先生は今、関東の北部の畑で農作物を栽培をされながら、福祉の仕事にも携わられております。
今では、りょうまとのつながりというより、父である私とのつながりが強くなっています。

先日、あるセミナーに出席した際に、先生から畑で採れた豆で作られた甘納豆をいただきました。
家族みんなで頂きました。これがまた、最高にうまい!
O先生ありがとうございました。

am.jpg

さてさて、人と人の不思議な出会いの経験は、皆さんにもきっとあるはずです。
私自身、本当に不思議な出会いは、この他にも実はたくさんあります。

人は出会うべき人とは、出会うべき時期に必ず出会う。
その時期は決して遅からず、決して早からず。


もしかしたら、これは本当かもしれませんね。

スポンサーサイト
【第582号】波除八幡に学ぶもの
少し前の話になりますが、
新年の1月5日、横浜市内の職場近くの神社へ、毎年恒例の新年初祈願に行ってまいりました。
日本人だからでしょうか?
毎年のことですが、ここでの初祈願は神楽もあり、神聖な気持ちになります。

この神社は別名波除八幡といい、
応長の大津波(1311)が来て、この山の海側にあった長浜という地区は全滅。
富岡は八幡宮の山に護られたという話が残されています。

この話が事実とすれば、
東京湾だから津波が来ないという話は、どうやら誤っている可能性がありそうです。

応長の大津波から700年。
この山よりはるかに海側にある企業として、
そして、昨年の大震災から何を学ぶべきか。

神社の歴史と昨年の大震災。
昨年までとは明らかに違うものを感じた、平成24年の初祈願なのです。


守るべきもの。

当然ですが、それは“職場の人たちの命”です。

1900.jpg


【第581号】NY のぼくうみ上映会がNHKニュースに!
ぼくうみのNY上映の様子が、NHKニュースで報道されました!

NYNHK.jpg

今なら、HP上から、ニュース動画を見ることができます。

期限があると思いますので、お早めにご覧ください!

こちらです→http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120121/k10015438671000.html

NY 自閉症への正しい理解を邦画で(2012年1月21日 NHKニュースより引用抜粋)

アメリカのニューヨークで、100人に1人の割合であるとされる自閉症を正しく理解してもらおうと、日米の企業などが協賛して自閉症をテーマにした日本映画の上映会が開かれました。

これは、日本の文化を紹介しているニューヨークの団体が、日米の企業などの協賛を得て、20日に開いたもので、200人余りが参加しました。映画は、自閉症の息子を15歳で亡くした脚本家の山下久仁明さんが制作したもので、自閉症の少年が女子学生らと旅に出かけ、意思疎通がうまく取れなかったり、突発的な行動を取ったりしながらも、次第に心を通わせる様子を描いています。映画を見た人からは、「断片的にしか知らなかったことが理解できた」といった声が聞かれました。ニューヨーク証券取引所を運営するNYSEユーロネクストのダンカン・ニーダーアウアーCEOは、「自分の息子も自閉症なので、こうした取り組みに感謝したい」と話していたほか、三菱東京UFJ銀行の田中正明米州総代表は、「自閉症の人を周りの人が温かく支えることの大切さが、日本映画を通じて伝わったのは素晴らしい」と話していました。

【第580号】ぼくうみNY上映、いよいよ!
映画「ぼくはうみがみたくなりました」のアメリカ(ニューヨークでの上映)が、
いよいよ1/20、21の2日間行われます。

初日の、ジャパンソサイエティでのチケットは、すでにSOLD OUT!
2日目のThe Nippon Clubでの上映も、恐らく沢山の方々が映画を鑑賞されると思います。
これらの情報から、まるで現地での盛り上りが、伝わってきそうです。

「ぼくうみ」の企画・原作・脚本の山下久仁明さんが、既に現地入りし、
両日対談をされるそうです。

NYと日本の時差は14時間ですから、
日本時間の1月21日(土)の午前9時ごろ、NYでの第1日目の上映が始まるということですね。

山下さん、頑張ってくださ~い!日本から、応援しています!
お土産話待っておりま~す♪

NYのフジサンケイ系TV局もニュースとして採り上げられており、動画で観ることができます。
URLをブログにリンクさせますので、よろしければぜひご覧ください!
(この企画の仕掛人のマグロさんも登場されています)

bokuumiNY_20120121031022.jpg

動画はこちらです→
http://www.fujisankei.com/video_library/local-news/bokuha.html
【第579号】あおぞら共生会10周年記念セミナー(1/28)
川崎市の社会福祉法人あおぞら共生会さんが、
創立10周年を迎えるにあたり、セミナーを開催されます。

障害のある人もない人も、たとえ障害が重くても
すみたいところで すみたいひとと
まちで暮らすぞ!!21世紀!


第1部 講演会「まちで暮らすぞ!」実践報告
第2部 シンポジューム「住みたい所で、住みたい人と」

【日時】1月28日(土)12:30~17:00
【場所】サンワークかながわ大会議室(川崎市川崎区渡田新町3-2-8)
【参加資料代】500円
【申込方法】下記のチラシを参照ください。

※詳細は、下のチラシの部分をクリックしていただくと大きな画面で出てきます。↓(表・裏)


個人的にも、大変興味深い内容です。

まだ余裕があるようなので、ご興味のある方は、是非お申し込みください。

aozora10o.jpg aozora10u.jpg

【第578号】きり番60万番、近づいてきました!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     60万番    が近づいてまいりました!


ぜひ、狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、

HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)

【第577号】体調不良のため
5日間ほど体調不良が続いているため、

本日配信予定だった週刊自閉症ニュースをはじめ、ブログ更新をお休みいたしております。


アクセスいただきました皆さま、申し訳ございません。


                         りょうまの父


【第576号】餃子専門店黒兵衛さんの取材記事が、Run4u公式ブログに!
Run4uの公式ブログに、メンバーの扇強太さんが、
同じく協賛・賛同団体の一つである餃子専門店黒兵衛さんを取材され、原稿を書かれております。

タイトルはドキュメント「Run4u メンバー 福岡市・餃子専門店黒兵衛さんを訪問しました。」です。

ぜひ、ご覧いただけますと嬉しいです。

1897.jpg

http://run4uproject.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

【第575号】「~便りは風に乗って~」を更新しました
「そよ風の手紙」新年恒例、昨年に皆さんから頂いたメールをご紹介するページ

「~便りは風に乗って~」を更新いたしました。
宜しければお訪ねくださいね。⇒ http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/newpagetayori.htm

なかなかお返事できない状態ですが、今年も皆さまからのメールをお待ちしております♪


tayorik.jpg
【第574号】2012年のはじめに
皆さん、新年を迎え、いかがお過ごしですか?


HP『そよ風の手紙』の「元気日記548号」2012年1月1日0:00に更新しました。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/g548.htm


本年も、どうぞよろしくお願いします。

soyokazeoyako3_20111231233909.jpg
      そよ風親子
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。