続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201111<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201201
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第573号】2011年の夕日に感謝
新年の初日の出もいいけれど、

毎年、去りゆく年の最後の夕日を見て、その年を感謝します。

1882.jpg

2011年。

色々あったけれど、1年間ありがとう。

2012年が、平和で素敵な1年であることを願っています。

スポンサーサイト
【第572号】メリークリスマス
皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしください。



             Merry Christmas

【第571号】あなたならどうする?~スーパーの障害者差別~
このYouTubeの動画を教えたいただき、見ました。

様々なことを考えさせられます。


9分くらいの動画ですが、宜しければぜひご覧ください。


【第570号】映画「ぼくうみ」ついにNYにて上映!
やりました!

ついに、映画「ぼくはうみがみなたくなりました」が、

来年の1/20、21にニューヨークにて上映となりました。(スバラシイ!!!)

本当に、これは快挙ですね。

ジャパンソサエティでの上映情報
http://www.japansociety.org/event/drive-me-to-the-sea

The Nippon Clubでの上映情報
http://www.nipponclub.org/upcomingevents.php

Drive-Me-to-the-Sea_okstill_450.jpg

今回の上映は、特にまぐろさんのお力、そして、その周りの理解者のお力が大きいです。

自分は、(ぼくうみ企画原作脚本の)山下久仁明さんとまぐろさんを繋げることができたことで、
ほんの少しだけですけれど、間接的に力になれたかなという感じです。

本当に、制作初期からこの映画を応援している一人として、個人的にも嬉しいです。

どうやら、Autism Speaksというアメリカ最大級の自閉症支援団体から自閉症啓発大使である

オノヨーコさんにもこの情報が伝わっているようで、この先の動きも目が離せません。

この情報は、こちらのブログ、また週刊自閉症ニュースでも、
動きがあり次第、随時お知らせいたしますね。

山下さんは、NYで対談もされるらしいです。

頑張ってくださ~い!日本から応援しています!

【第569号】権利擁護支援フォーラムin川崎(12/24、13:00~)
全国権利擁護支援ネットワーク関東ブロック地域フォーラム
「権利擁護支援フォーラムinかわさき」開催のお知らせです。


権利擁護支援フォーラムin かわさき ~障害のある人の自立生活と権利擁護~

地域の権利擁護支援ニーズは確実に広がっている中で、ようやく障害者虐待防止法が成立しました。今年度の全国権利擁護支援ネットワーク関東ブロック地域フォーラムは、川崎市内の「親の会」五団体で構成されたNPO法人かわさき障がい者権利擁護センターが中心となり、障がいのある人たちが地域で安心して暮らすための取り組みについて、各地からご報告とご提言等をいただき、ここ川崎市で障がい者の権利を守り、障がい者が自立生活を営むための支援方法としての「成年後見制度」について考え、いま私たちでできること、しなければならないことについて活発な意見交換を行います。

◎日  時 平成23年12月24日(土) 13:15~(12:30受付開始) 
◎場  所 川崎市総合福祉センター(エポック中原) 7階大会議室
◎参加費 無料:定員 180名
◎主 催 全国権利擁護支援ネットワーク 
◎協 力 NPO法人かわさき障がい者権利擁護センター(川崎市内親の会5団体)
◎財団法人川崎市心身障害者地域福祉協会 ◎川崎市自閉症協会
◎特定非営利活動法人あやめ会 ◎川崎市肢体不自由児者父母の会連合会
◎川崎市重症心身障害児(者)を守る会
プログラム
12:30受付開始 総合司会 大田公子さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター運営委員)
13:15~13:30 主催者挨拶 佐藤 彰一さん全国権利擁護支援ネットワーク代表 
   来賓挨拶   三浦 淳さん 川崎市副市長 
13:30~14:15 基調講演「障害のある人の自立生活と権利擁護」
        佐藤 彰一さん(法政大学法科大学院教授)
14:15~14:30 休憩
14:30~16:50 パネルディスカッション
 テーマ「誰もが地域で安心して暮らすために」 
【パネリスト】
   三谷 智百合さん(湘南ふくしネットワークオンブズマン)
   田中 晃さん(かながわ成年後見推進センター)
   大石 剛一郎さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター理事)
   泉 幸江さん(NPO法人しぐなるあいず)   
   障害当事者本人(成年後見制度利用者)
【コーディネーター】     
   明石 洋子さん(NPO法人かわさき障がい者権利擁護センター副理事長)
17:00 閉会(挨拶:並木 さん(NPOかわさき障がい者権利擁護センター理事長)

問合せ・申込み先

NPO法人かわさき障がい者権利擁護センターmail:takashi3@agate.plala.or.jp
〒210-0828川崎市川崎区四谷上町22-4-303 fax 044-299-1290


 私は都合がつかず参加できませんが、ご興味のある方は是非ご参加ください。

【第568号】通院です
先週、突然の事態でりょうまのばあを病院へ。

そして、今日はじい・ばあの通院です。

1880.jpg

仕事の方は大丈夫か?と言うばあ。

心配しなくても、大丈夫です。

これは自分の役目です。
【第567号】2012の手帳を前に
続・父のひとりごとでは、福祉関連の話がどうしても多くなってしまうので、
ここらで、ちょっとブレイクタイム。

2011年から2012年の新しい手帳へ。

先日買った2012年の手帳に、来年の予定を書き込みました。

1876.jpg

すると、すでにここ数箇月先まで予定がビッチリ。
でも、なぜだかワクワクしてきます。

と同時に、「気を引き締めて行こう」という気持ちにもなるのです。

これから1・2年は、個人的にも激動の変化がやって来ます。

大きな波も、サーフィンのようにうまく乗り越えて行きたい。
いいえ、必ず乗り越えてゆきます!

たとえ波に巻き込まれても、海底でもがくかもしれませんが、
ゼーゼー言いながら必ず海面に顔を出しますよ。

これでも、お気楽サーファーの端くれです。(笑)

【第566号】ぼくらはきっとわかりあえる(1/21・22)
はっきり言いましょう。

今回のこのイベント、本当に行かなければ損です。

それくらいのメンバーを揃えたイベントですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

完全予約制なので、希望される方は、即申し込みをしたほうがイイと思います。
多分、今回のイベントは、定員オーバーで締切になる可能性が高いです。

実は友人のうすいまさとさんから、一月以上前にすでにパンフもいただいていました。
でも、WEB上であえてご紹介しなかったのには、理由があります。
より詳しく当イベント情報が書くことになるのが、
恐らくこの「続・父のひとりごと」のブログになると思われることから、
ここへお訪ねなられる方には、イベント周知開始直後の時期でなく、
じっくりお知らせをしたかったというのが理由です。

出演メンバーがすごい!
自分はこの中のどのひと組の講演会があっても、足を運びます。
ご存知かと思いますが、出演者ほぼ全員が、当ブログでも何回もご紹介してきた方々。
個々にイベントをされても、会場を満席にする演者です。
その方々が、この2日間で集結するのです。
ですので、今回は自信を持って、お薦めします。
それも、なんと参加費は無料です。


さて、詳細です。

例年であれば、毎年4月に行われるはずだったパナソニックセンター東京での福祉イベント。
今年は3月11日の東日本大震災の影響で、中止となりました。

そのイベントが、今回復活します。

その企画がこちらの「ぼくらはきっとわかりあえる」です。
(パンフの部分をクリックすると拡大画像になります)↓


pana1.jpgpana2.jpg

期間:2012年1月21日(土曜日)・22日(日曜日)
時間:開場12時30分~ 開演13時00分~15時30分
場所:パナソニックセンター東京 1Fホール
定員:各日200名
対象:どなたでもご参加いただけます。
※お子さまをお預かりする保育室はございません。あらかじめご了承ください。

1月21日(土曜日)スケジュール

13時00分~「ありのままの子育て、自立への子育て」 ~講演~ 明石洋子&明石徹之
14時05分~「障がい体験ワークショップ」
14時30分~「いのちのビート和太鼓セッション!」 ~和太鼓と歌とダンスのセッション~
      友野龍士 with うすいまさと、TOMOYA

1月22日(日曜日)スケジュール

13時00分~「自閉症の僕たちが伝えたいこと」 ~詩の朗読とピアノ演奏~ 東田直樹&小柳拓人
14時05分~「障がい体験ワークショップ」
14時30分~「君の心をさがして」 ~ライブ&トーク~ うすいまさと

申し込みはこちら(ページが出たらスクロールすると途中で現れます)
http://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/


もちろん私も2日間とも、申込みましたョ。
息子のりょうまと一緒に参加します♪^^

【第565号】福岡の黒兵衛の餃子は、味もGoodでした!
餃子専門店 黒兵衛

その店の名前を知ったのは、数か月前。
Twitterがきっかけでした。

福岡県福岡市にあるこの餃子専門店は、
スタッフ13名のうち、障がいを持ちながら働くスタッフが7名
自閉症、アスペルガー症候群、知的障害などを持の障がいを持っています。

これだけでも、応援したくなるのですが、
地元では、その味の良さから行列ができるくらい人気の店だそうです。
単なるCSRとしての障がい者雇用ではなく、彼らの一生懸命作った餃子が、味の良さから地元で受け入れられていること。
そのこと自体とても素晴らしいことです。

Run4uの活動で代表の執行さんとつながりを持てたことで、より興味を持ちました。

餃子は、地方発送も可能ということで、早速ネットで注文。
土曜日に商品が到着しました。

1872.jpg
黒兵衛餃子と、ギフト餃子を注文しました。

りょうまと、じい・ばあと4人で食べるのを楽しみに、到着の夕方、ギフト餃子の方を焼いてみました。

1873.jpg

でき上がり~!美味しそう♪ 黄色はウコン餃子。緑色はお抹茶餃子です。
大きさは小ぶりだけれど、どんな味だろう?

・・・うまい!

1個食べてみたら、とてもジューシー。
肉汁がジュワ~っと口の中に広がります。

家族4人で美味しく頂き、あっという間に30個間食。
家族皆大満足でした。

餃子自体はお手頃価格。(ただ、関東だと送料がちょっとかかります)
まだ黒兵衛餃子が30個残っているので、週末にいただきます♪

餃子専門店黒兵衛のHPはこちらです♪→http://kurobee.com/index.html

【第564号】59万番のきり番さん、UPしました!
ホームページ『そよ風の手紙』のアクセスカウンタ、59万番さんをUPしました。

今回は、

「まさか、うちの子アスペルガー?」の著者であり、絵カードのイラストも手がけられている、あの方です。


宜しければ、是非、お訪ねくださいね。

「きり番さんの贈り物 59万番さん」は、こちら→http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/kiribansanb.html

【第563号】ティッシュ配りしてきました!
12月3日~9日は、障害者週間。
地元川崎駅近くで、3日の昼に19の障害者団体のビラが入ったティッシュを、通行する方々に配りました。

1865.jpg
1867.jpg1866.jpg
いつもは通行人として、もらう側のティッシュ。今回は逆に渡す立場です。
受け取っていただける方、全く無視して通り過ぎる方。
ティッシュを配りながら、視線というのは違う方向から見ると、
こうも違うのか・・・様々なことを感じました。

本当は、こんな週間が無くても、
障がいがあっても、障がいがなくても、高齢者も妊婦さんも、子供も若者も大人も、
みんなが街の中で普通に当たり前のように暮らしている社会。
それが真の意味での、成熟した豊かな社会だと思うのです。

さて、写真は、明石洋子さん(川崎市自閉症協会会長・あおぞら共生会副理事長)との写真です。^^
自分は、「みんなちがっていいんじゃない?」の言葉が入った、Run4uのTシャツを着用です。

1864.jpg

久しぶりにお会いした明石さんは、やはりパワフルな方なのでした。(笑)

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。