続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第531号】大震災自閉っこ家族のサバイバル
本のご紹介No.27  
大震災自閉っこ家族のサバイバル


      sinsai.png

【著 者】 高橋みかわ 編著
【出版社】 ぶどう社
【定 価】 1680円(税込)
【初 版】 2011年7月20日
【その他】
 
この本を読んで感じたこと 

3月11日。
あの日、被災地の真っ只中にいた自閉症児者ご本人そしてご家族の方たちはどうしていたのだろう。
仙台のきらママさんこと高橋みかわさんは、当ブログでも以前ご紹介しましたとおり、震災後のご家族の姿、そして友人たちの姿もブログで発信されていました。
その姿に、時にこちらの方が勇気づけられ、またなかなか知ることができない被災地での現状を知ることもできました。
同じ日本国内で、現実に今起きていること。みかわさんのブログにお邪魔するたびに、この今起きていることを風化させてはいけないと感じていました。
そして、震災後4カ月という異例の速さで、ぶどう社さんからこの「大震災 自閉っこ家族のサバイバル」という本が、みかわさんの編著で出され、早速購入。読ませていただいた次第です。

本の中には、大震災に遭った、自閉症児者の親御さん、支援学校の先生方が、どのように震災後の時間を過ごされたのか、また自閉症児者の当事者でもある彼らは、電気も水道も使えないいつもとは違う環境でどのように過ごしたのか、その体験談がギュッと詰まっています。
そして、大震災の中で、家族の絆、友人とのつながり、人々の温かさが伝わって来ます。

キラくんをはじめ、この本に出てくるいわゆる自閉っこたちが、自分たちなりにいつもの生活とは違うことをたぶん理解して落ち着いていたこと。そして、自閉っこたちが逞しいくらい『生きる力』を発揮していたこと。この事にも驚かされました。
体験談では、読んでいて何度も胸が詰まりそうになる箇所もたくさん出てきました。
関東に住んでいる私も、規模は違えどあの震災の時間を経験しているので、まるで目に見えるよう体験談がスッと入って来てます。
そして、みかわさんも書かれていますが、「ママたちは我が子のプロ」という言葉にうなずいています。

また、巻末に「もしもの時のための準備」という付録のページがあり、大変参考になります。
これを参考に、家庭で準備しておきたいと思います。

この本の印税や収益の一部は義捐金として寄付されるとのこと。
ぜひ皆さんもお手に取られてはいかがでしょうか。


大震災の記憶。
記録を取ること、体験談を伝えることの大切さを感じる1冊です。


                                            2011.7.29  りょうまの父 



なお、さらに詳しく知りたい方はぶどう社のHPをご覧くださいね。

スポンサーサイト
【第530号】職場の仲間たちに感謝
自分には自慢できるものが一つある。

それは職場の仲間たちに恵まれていることだ。

10年前、本社にいた自分は、プロジェクトの中心メンバーになった。
そのプロジェクトの一環で、立ち上がった新事業。
立ち上がりと同時に、自分はその長を任されることとなる。

いまいるメンバーは、ほとんど自分が面接をして採用してきた仲間たちだ。
自分は彼らのことを“部下”だとは思っていない。
そう、彼らは“仲間”なのだ。

10年経った今、職場の雰囲気は明るく、常に活気に満ち溢れている。
本当に胸を張って自慢できる人たち。
ステキなメンバーが、入ってきてくれたと、心から感謝している。

世間でいえば小さな職場かもしれない。
でも、大きさではない。
最後には“人”。
大切なのは、何よりも、“人”だということを、あらためて思うのである。

昨日、送別会があった。
諸事情で、どうしても去らねばならぬ仲間に乾杯したい。
今までありがとう。あなたの功績は忘れません。
しっかり自分の胸の中に刻み込まれてますよ。

これからも大きな圧力による理不尽な指令、彼らの家族の生活を脅かす行動には、
必ず身体を張るつもりだ。

この職場にいる限り、何があっても、仲間と仲間の家族を守るのが、自分の仕事だと思っています。


【第529号】ウインドサーフィン:自閉症者らにスクール開校/滋賀
これならば、自分にも教えることができるなぁ。。。

ウインドサーフィン:楽しんで 自閉症者らにスクール開校-近江八幡 /滋賀

【2011/7/20付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20110720ddlk25040483000c.html


 ◇風感じ「気持ちいい」
 ボードに取り付けた帆を操り、風を感じながら水面を進むウインドサーフィンの良さを分かち合おうと、近江八幡市のプロショップ「かんとりーはーばー」がこのほど、京都市内の自閉症者らにスクールを開いた。

 京都市内の自閉症者らがスポーツなどを楽しむ団体「Let’s ぐー」から17~38歳の22人が「生徒」として参加。3年前から毎年開催している。

 ショップ所属のプロや立命館大のウインドサーフィン部の学生らがボードを支えたり、そばで声を掛けながら、乗り方や方向転換の仕方を教えた。参加者が怖がって目をつぶると、仲間たちが「目を開けて」と一声。スイスイ進むと「すごーい」と歓声が上がった。

 3回目の参加になる京都市の女性(35)は「一人で立てるようになった。気持ちいいです」とはにかんだ。静岡県御前崎市のプロウインドサーファー、石原智央さん(43)は「どんどん上達していくので驚いた」と話した。【村瀬優子】


Run4uの活動もそうですが、自分たちが今までやってきたことや趣味など、一見障がい者への活動に繋がりそうにないものも、実は視点を変えると点が線で繋がることがあるかもしれませんね。

実現できるかどうかは別として、我々の周りにはそのようなものが、まだまだあるような気がします。

Run4uの活動の方は、まぐろさんと現在進めております。
関係者の皆さん、今しばらくお待ちくださいね。

inakahama.jpg

【第528号】うすいまさとライブ&トーク(8月9日相模大野)
8月9日(火)にグリーンホール相模原 大ホールにて、

うすいまさとさんのライブ&トーク「自閉症のきみの心をさがして」が行われます。

この会は、特別支援教育研究会関東甲信越地区の主催で1都8県の教員の方々が参加されます。
毎年、県ごと持ち回りで開催地となり神奈川での開催は9年ぶりとのこと。

うすいさんは、神奈川県相模原出身。
今回、故郷への恩返しの決意でおられるようです。

当日は一般の人も今回は入場可能となりました。

ぜひ神奈川・東京近辺の方、うすいまさとさんのライブ&トークお聴きいただきたいです。
0809usuimasato.jpg

【第527号】映画「海洋天堂」(Ocean Heaven)を観てきました。
映画「海洋天堂」(Ocean Heaven)を観てきました。

この映画に関しては、何度も当ブログや、週刊自閉症ニュースでも取り上げさせていただきました。
また、映画を何とか日本で上映させたいと応援し続けられていた、しゅうさんのブログ「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」でも、署名等させていただきました。
そんなこともあり、待ちに待ったこの映画。
7月9日からシネスイッチ銀座にてロードショー公開の初日に映画館に向かったわけです。

1765.jpg

ジェットリーがアクションを封印し、ノーギャラにて出演される、この映画とは何ぞや?という興味。
もちろん、それ以上に、自閉症の青年とその父親を中心に描いた作品ということで、今までの自閉症関連の映画には無いタッチであること。
また、中国映画において自閉症はどのように描かれるのかも、興味深かったこともあります。

感想。
完全に感情移入してしまいました。
ジェットリー演じる父親の姿が、何だか少し自分に重なって見えてしまう錯覚にとらわれました。
世の中では、恐らく親が先にいなくなるパターンがほとんどでしょう。
残される自閉症の子どもに対し、先立つ親として何をのこしてあげられるのか?
その来るべき日を知った主人公の父親は、必死になって、息子にのこすこと・伝えるべきことを考えます。


人は一人では生きてゆけない。
これは当たり前のことではありますが、
特に自閉症という障がいを持つ人にとって、周りのサポートなしでは社会の中で生きることが困難です。
様々なメッセージが映画には込められていると思いますが、
自分のアンテナに入ってきたのは、周りからのサポートの必要性のメッセージであった気がします。

そして、映画の最後に出てきた、テロップが印象的でした。


「海洋天堂」。たくさんの方々にご覧いただきたい映画です。

今後、全国各地で上映されるといいなぁ・・・。


【第526号】今週の週刊自閉症ニュースは、7/9(土)深夜配信です。
≪お知らせ≫

今週の音声ポッドキャスト『週刊自閉症ニュース』の配信は、

通常の金曜深夜でなく、7/9(土)深夜配信となります。

よろしければ、土曜深夜に、アクセスいただけますと嬉しいです♪

【第525号】かわさきFM、覗いてきました♪
かわさきFMで、毎月第1金曜日18:30~19:00に放送されている、

「Dream Kingdom☆堀川ひとみの『うたの国から』」

この番組の中で、堀川ひとみさんから“そよチャン”の名前で、3分ほどの枠を頂いています♪

この番組は生放送。でも、自分の登場部分は録音です。
そんな訳で、実際に7月1日(金)18:30過ぎに、放送されている武蔵小杉タワープレイスに見に行きました。

既にひとみさん、ファンがガラスの前にたくさん。(おぉ~、こんなにファンの方が見ているとは。。。)

スタッフの方に挨拶をしたところ、中にどうぞ・・とのお誘いを受けましたが、時間もなく今回は遠慮させていただきました。


     1762.jpg
  実際にはガラスの右手にはたくさんファンがいます・・・(スゴイ)

なるほど~!こうやって実際に放送しているんだねぇ。。。
ひとみさんの軽快なおしゃべり、上手いなぁ・・・と感じながら、
時間がないためスタジオ前を後にしたのでした。

この放送は、堀川ひとみさんがポッドキャスト配信しています。

こちらで聴くことも可能です。(ちなみに自分の登場は、前半3分間のみです)

宜しければお聴きくださいね♪
http://www.voiceblog.jp/utanokuni/


【第524号】「そよ風の手紙」10年です!
2001年7月の、ホームページ『そよ風の手紙』立ち上げから、10年が経ちました。

10年間続けてこられたのも、本当に皆さんのお陰です。

ありがとうございます。感謝。


りょうまの元気日記522号(2011.7.3更新)⇒ コチラです。

hpsoyokazenotegami.jpg


【第523号】自閉症啓発・自閉児応援ソング 第2弾 「おいでよ!自閉っ子の世界へ」
皆さん、覚えておられますか?

2009年11月27日週刊自閉症ニュースの第113号で御紹介しました、どんぐり坊やが歌う、自閉症啓発・自閉児応援ソング「ボクは元気な自閉っ子」という曲を。

この歌は当時小学校3年生であった自閉症のお子さんのどんぐり坊やのリードボーカルの歌で、どんぐり坊やの父さんが、作詞・作曲されたものでした。

そして今回、自閉症啓発・自閉児応援ソング 第2弾 「おいでよ!自閉っ子の世界へ」が、完成し、YOUTUBEにUPされました。
もちろんボーカルは小学校5年生になったどんぐり坊やです。
早速YOUTUBE上でUPされている、歌を拝見拝聴いたしました。ほのぼのとした曲調と、素敵な歌詞、またどんぐり坊やクンの歌声がなんとも可愛らしいです。

今回も、週刊自閉症ニュース第180号(2011年6月24日)でもフルでご紹介させていただきました。

現在、YOU TUBE上でどんぐり坊や自身、そして彼の絵とともに、歌を聴くことができます。

どんぐり坊やのお父さんのHPのURLはこちらです↓

http://www.asahi-net.or.jp/~ku2t-kkb/autismsong.html

donguribouya.jpg

よろしければ、ぜひお訪ねくださいね♪


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。