続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201105
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第502号】今週の週刊自閉症ニュース(音声)は、被災地インタビューです。
4月29日UPの音声ポッドキャスト「週刊自閉症ニュース」174号は、

被災地電話インタビュー:宮城県立光明支援学校教諭 山口裕之さんです。

大変貴重なお話を頂きましたので、是非、生の声をお聴きくださいね。


※ ちなみに、障害児教育フォーラム(FEDHAN)にご参加の皆さん!
   山口さんは、ハンドルネームSphinx(スフィンクス)さんです。


http://soyokazenotegami.seesaa.net/article/198438468.html

スポンサーサイト
【第501号】自閉症の小柳拓人さん、5/7震災チャリティーコンサート
震災チャリティコンサート情報です。

5月7日(土)夜。東京の羽村にて、自閉症の高校生ピアニストの小柳拓人さんが震災チャリティコンサートが開かれます。
お近くの方は是非ご参加されみてはいかがでしょうか。

「どこかで聞いたクラシック・名曲コンサート」

  ~新進気鋭のフルーティストとチャレンジド・ピアニストの響演~



日時: 5月7日(土) 18:30開場 19:00開演 20:30終演予定
会場:  ゆとろぎ 小ホール(羽村生涯学習センター内)
        JR立川よりJR青梅線で20分・羽村下車+徒歩8分

出演:小柳拓人(ピアノ・フルート)・泉真由(フルート)・小柳真由美(ピアノ・お話)


 ■震災チャリティーコンサートにより、入場料大人・1000円 小・中学生:500円


 ■コンサート内容詳細

   http://takutopianoflute.blog48.fc2.com/blog-entry-211.html


        ↓ポスター部をクリックすると拡大されます↓

 110507takuto1.jpg  110507takuto2.jpg

【第500号】震災45日目の嬉しい知らせ
今日は、震災から45日目。

とても嬉しい知らせがありました。

心が震えました。

心につかえていた物が取れました。


明日は仕事で3時起きなので、この余韻に浸りながら、寝ます。


興奮して、眠れるかな?



【第449号】まさか!うちの子アスペルガー?
本のご紹介No.27  
まさか!うちの子アスペルガー?


      masakauchinoko.jpg



【著 者】 佐藤エリコ
【出版社】 合同出版
【定 価】 1400円+税
【初 版】 2011年4月15日
【その他】
 
この本を読んで感じたこと 

この本は、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたM君が生まれてから13歳までの姿を描かれた、ご家族の成長記です。
M君はアスペルガー症候群と診断され、アメリカの学校に通いながら成長しています。
M君の診断とともに家族(特に著者である母親)が、ともに成長してゆく姿、
そして何よりもこの本の特徴として、各ページに4コママンガでM君のエピソードが描かれています。
そのイラストを描かれているのが、M君の母親である著者のイラストレーター佐藤エリコさん。
この絵がまた可愛らしいのです。
実際に第三者にイラストを頼んでいるわけではないので、自分の体験をそのまま絵に描かれているためなのか、母から見た息子のM君の姿に、ついつい読みながら微笑んでしまう場面も多かったです。
障がいの種別や程度は読者個々に違いますが、このような成長記は参考になる点を見つけ出すことができたり、自分とは違う体験から、大きなヒントが隠されていたりします。
私の場合、同書をとても楽しく読むことができたのと同時に、母親である著者が息子の障がいをより知りたいというところから、ABAセラピストとなって行くポジティブな姿に共感を覚えました。

全般として、スラスラと楽しく読むことができました。
肩の力を抜いて読むことができるおススメの1冊です。

ちなみに、著者のエリコさんのイラストの絵カードを息子のりょうまは現在使用しており、
また、私の現在のtwitterのアイコンは、エリコさんのデザインで、使わせてもらっております♪



                                            2011.4.22  りょうまの父 



なお、さらに詳しく知りたい方は合同出版のHPをご覧くださいね。

【第448号】そよ風親子、本日(4/19夜)TVに映ります♪
私ごとですが・・・

本日(4/19(火)夜8時~)我々そよ風親子の姿が、全国放送でTVに流れます。(少しだと思います)

番組自体は、昨年の秋に四国ローカルで放送された「四国羅針盤」がベースになっており、

その時の放送が好評だったため、全国放送になった模様です。

我々が映る時間は少しだと思いますが、それが無くとも番組自体の内容は、興味深くご覧いただけると思います。

宜しければご覧くださいね♪

≪放送日時≫

2011年4月19日(火)20:00~20:29
※再放送4月26日(火)12:00~12:29←(追記) 

NHK教育TV(全国放送) 福祉ネットワーク「ぼくの気持ちを伝えたい」


≪番組内容≫

いま、自閉症児などが自分の意志を伝える「ツール」として、スマートフォンなどの携帯情報端末が注目されている。
(1) 持ち運びしやすい、(2)視覚的な情報を触れることで操作する、(3)ソフトを増やせる、という携帯情報端末の特徴は、自閉症児などが使うツールとしてぴったりなのだ。
携帯情報端末の利用は、障害児教育の現場でも広がっている。香川大学教育学部付属特別支援学校では、半年前から授業に取り入れたことで、子どもたちが視覚的に授業の流れを理解できるようになり、自発的に行動できるようになったという。
また、これまで「福祉」と関わりがなかった技術者たちも開発に参加し、ユニークなソフトが次々と生まれている。スマートフォンなどの携帯情報端末と、障害児教育のコラボレーションをお伝えする。


   http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110419.html

【第447号】パナソニックセンター東京 福祉イベント中止のお知らせ
ブログ446号でご紹介した、パナソニックセンター東京での福祉イベント「ぼくらはもっとわかりあえる」が、余震の影響で中止となりましたのでお知らせいたします。


今イベント主催のうすいまさとさんからも、下記のご連絡を頂いております。

**************************************************

福祉イベント中止(延期)のお詫びの件です。

4月16日(土曜日)・17日(日曜日)
パナソニックセンターにて開催予定の
「福祉イベント ぼくらはもっとわかりあえる」
を急遽中止させていただくことになりました。

この数日続いております大きな地震(余震)の影響で、
主に安全面の配慮から、館内のすべてのイベントを
とりやめることになりました。

本イベントにご支援をいただいている皆様には
深くお詫び申し上げます。

今後の開催時期は未定ですが、
震災や計画停電などの影響が落ち着きましたら、
あらためまして計画したいと思います。

尚、こちらのイベントは、予約制となっていまして、
予約いただいた方へはメールで中止のご案内をさせていただきます。
もしも、予約をされていない方がいらっしゃった場合についても
当日はうすいまさとやスタッフが対応いたします。

このたびは急な延期決定となり、誠に申し訳ございません。
今後ともなにとぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


うすいまさと

【第446号】パナソニックセンター東京 福祉イベントのお知らせ
(4/12追記)
余震の影響により下記イベントは中止となりました。


また、今年もパナソニックセンター東京では、うすいまさとさんを中心に、福祉イベントが行なわれます。
今回のテーマは 「ぼくらはもっとわかりあえる」 です。

今年も豪華なゲスト陣ですね。
お近くの方はぜひご参加ください。(※事前予約が必要です)

パナソニックセンター東京では、今年も福祉活動への寄与を目的に、障がいのある様々な個性をお持ちのゲストをお迎えし、彼らの講演やライブパフォーマンスを通じて、彼らの思い、伝えたいことをお届けします。

期間:4月16日(土曜日)・17日(日曜日)
時間:開場12時30分? 開演13時00分?15時30分
場所:パナソニックセンター東京 1Fホール
定員:各日200名 参加無料、事前予約制
対象:どなたでもご参加いただけます。
※お子さまをお預かりする保育室はございません。あらかじめご了承ください。


お申込みHPはこちらです⇒http://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/index.html#a004618



     ↓ポスター部はクリックすると画像が大きくなります。(表裏)↓

1736.jpg1737.jpg

【第445号】かわさきエフエムでの放送音源聴けます!
堀川ひとみさんが、4月1日にかわさきFMにて放送された番組

Dream Kingdom ★堀川ひとみの「うたの国から」

理解で世界をハッピーに♪ シンガーソングライター堀川ひとみ(アスペルガー症候群当事者)のラジオ番組☆

4/1(金)より、毎月第一金曜日18:30~19:00 かわさきFMおよびサイマルにて放送開始


の第1回放送を、ポッドキャストで聴くことができます。元気いっぱいの明るい番組です。

私も、番組前半で4分ほど登場しております。(発達障がいに関して少しお話ししてます)

もし可能な方はお聴きくださいね♪


こちらです。(カエルのマークのプレーヤーです)⇒http://www.voiceblog.jp/utanokuni/



【第444号】仙台のきらママさんからのメッセージ
私の知り合いである、仙台のきらママさん。

仙台で大震災に遭われ、自閉症の息子さんと自宅避難の日々をされています。

そのなかで、ご自身のブログで、毎日、ご自身や仲間の様子を発信されています。

テレビや新聞の報道とはまたちがう、現地の当事者からの発信。

ぜひ、現地の、きらママさんの発信を、多くの方々に受け止めていただければと願います。


 こちらです ⇒ 「みかわの徒然日記」




最後にきらママさんから、こんな状態の中、メールを頂きました。

その中に、書かれていた一文を皆さんにもご紹介します。


*************************** 
(前文略)

ここからはお願いです。
どうか、感情的な自粛をやめる方向に・・
どうか、経済を回してください。
そして、義捐金、支援金をお願いします。

今、仙台市役所も、宮城県庁も・・
支援物資よりもボランティア、義捐金、支援金を募集しています。
被災状況で支援が多岐にわたるからです。

また、津波被害ばかりが取り上げられますが・・
マグニチュード9の地震
危険判定で家に住めなくなった方々も多くいらっしゃいます。
その方々の支援も必要になります。

不便なだけの私
私ができる間接的支援・・経済を回す、被災者免除に便乗しない
直接的支援だけが支援じゃない
そう思います。

どうかよろしくお願いします。

*******************************

きらママさん、了解です。

こういう時だからこそ、自粛ではなく普通に生活し、経済を回しますね!

 
【第443号】東北関東大震災・支援者/支援事業所向け制度活用ガイド
既に、音声ポッドキャスト「週刊自閉症ニュース170号」でご紹介済みですが、

「東北関東大震災・支援者/支援事業所向け制度活用ガイド」をご紹介いたします。


このサイトは、(福)全日本手をつなぐ育成会機関誌「手をつなぐ」編集委員,(社)日本発達障害福祉連盟「発達障害白書」編集委員でおられる、又村あおいさんが立ち上げられたものです。

被災地で障がいのある人の支援に当たられている支援者の方や支援事業所へ少しでもお役に立てるよう、これまで国から発出された通知類を整理されて、実際に活用する際の流れについてもできる限りご紹介するガイドを作成されています。

もし当サイトを、被災地の障がいのある人の支援者の方や支援事業所の方がご覧になられているようでしたら、ぜひお訪ねいただければと思います。

速報性のある大変有効なサイトです。

こちらです⇒http://www.karuizawa.ne.jp/~tanto/saigai/index.html

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。