続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第375号】DV被害者と現状の支援
今日は、台風が関東付近を通過する中、昼過ぎに社会福祉士会の支部の例会に参加してきた。

今日はもともと、この会と、夜には大切な人たちとの打合せの飲み会があったので、りょうまと会えない土曜日になっていた。

でも、例会の方は何とか出ることができたのだが、夜の方は、台風が直近ということで、そちらは中止。(残念)

で、例会の方。
今回は「DV(ドメスティックバイオレンス)被害者と現状の支援」という内容だった。

DVの話は、いつも信じ難い。
なぜならば、自分の中では、男性がパートナーへ暴力を起こすことなど、自分の常識では存在しないからである。
女性は弱い存在なので、男性が暴力を振るうなどまずあり得ないと思っていたのだ。
自分は、子どものころから、父が母に暴力を振るった姿を一度も見たことが無い。
だから、それが常識だった。

でも、私の周りの友人の中には、かつてDVの被害者も加害者もいた。
現実には、信じ難いことではあるが、実際にDVはごく身近でも起っているのだ。
そんな中で、参加した今回の社会福祉士会の例会。
このような貴重な話を聞こうと思うのも、社会福祉士になったお陰だ。
感謝している。


で、講演会を聴いて、私の思うこと。

今、DV被害の遭っている方は、絶対に逃げてください。
人生をやり直してください。
パートナーからの暴力。そんなことは、たとえいかなる理由があろうと、絶対におかしいことです。
暴力のあとに優しくなったからと、毎回許していたら、暴力は繰り返される理不尽な暴力の循環サイクルに入ってゆきます。

暴力は、あなたが悪いから起きていることではありません。
暴力を行なう相手が、絶対に悪いのです。

各都道府県には、必ずDV相談窓口があります。

今、DVに遭われているい方。

どうにかなります。

あなたの人生を大切にしてください。



これは、私からのメッセージです。


スポンサーサイト
【第374号】「至福のお届け」10月30日に障害者施設の製品・サービスの展示・即売会(東京・秋葉原)
台風が近づいていますが、明日11/30土曜日に秋葉原の近くに行かれる方は、立ち寄られてはいかがでしょう?

あくまでも情報まで。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000tl4j.html

「至福のお届け」10月29日、30日に東京・秋葉原で開催 障害者施設の製品・サービスの展示・即売会
                                            【2010/10/7付 厚生労働省HPより引用抜粋】

 障害者の経済的な自立を促すため、厚生労働省は平成19年度から、就労施設で働く障害者の工賃引き上げを目指す「工賃倍増5か年計画支援事業」を行っています。
 その一環として、「『至福のお届け』?好事例発表、展示・即売会?」を10月29日(金)、30日(土)の2日間、東京・秋葉原で開催します。会場では展示・即売のほか、工賃アップに積極的な事業所の取り組み事例を紹介します。
 主催は事業に参加する38道府県で、各道府県から推薦された94事業所の製品、サービスを展示・販売します。
開催に先立ち、有識者からなる「至福のお届け」選定委員会(委員長・服部幸應 厚生労働省「健康大使」)による審査を実施。新潟県「ワークセンターなごみ」の「おからの焼きかりんとう」が、味の良さに加えておしゃれなパッケージとおからを使っている点が評価されて最優秀製品に選ばれました。

 なお、「至福のお届け」とは「福祉」と「至福」を掛けた言葉で、「障害福祉施設から、製品を買った人が幸せを感じてくれるよう、良い物をお届けします」との願いを込めて名付けました。

【第373号】成年後見勉強中
今年から来年にかけ、年をまたいで5ヶ月間ほど集中的に「成年後見」に関し勉強する予定である。

理系出身の自分。福祉の世界はもともと“畑違い”だった。

息子が自閉症だとわかり、それから福祉分野について関わりだしたわけで、まだまだ勉強不足。

jizenkadai.jpg

時間に追われながらも、会社帰りのカフェでレポートを仕上げる。

この歳になって、新しいことを学ぶことが楽しいと感じる。

人生は日々勉強。どうせなら、楽しもう!

【第372号】続・自閉症の僕が跳びはねる理由
本のご紹介No.23  
続・自閉症の僕が跳びはねる理由


      978-4-900851-59-7m.jpg

【著 者】 東田直樹
【出版社】 エスコアール
【定 価】 1680円(税込)
【初 版】 2010年10月10日
【その他】
 
この本を読んで感じたこと 

高校3年生の東田直樹さんの新刊著書、続・自閉症児の僕が飛び跳ねる理由。
直樹さんは重度の知的障害を伴う自閉症です。
以前もご紹介したことがありますが、文字盤やパソコンを使いご自身の気持ちを、自ら表現されています。
実際に私は直樹さんにお会いしたことがありますが、文字盤を使い自らの気持ちを言葉にされた姿を目の前で見た時は、目から鱗でした。まさに百聞は一見に如かずです。
今回の著書も、前回の著書同様、重度の知的障害を併せもつ自閉症児者の気持ちを代弁してくれるものであり、とても貴重な発信であり、当事者がどんな気持ちであるのかを知ることができるので、大変参考になる1冊です。

専門家が理論上でどんな話しをしても、当事者の方の生の声にはかなわないのです。


                      2010.10.25  りょうま父 

なお、さらに詳しく知りたい方はエスコアールのHPをご覧くださいね。

【第371号】そして僕は2歳になった
2年前、

2008年10月20日早朝。

きっと僕は、その日にいなくなるはずでした。

早朝RUNを終えて、いつもの場所で、いつものように、座っていたら。


でも、何の力なのか、僕はその日だけ、その場所には座らず、違う道を選んだのです。

それは、いつものパターンから外れたことで99.999999・・・・%有り得ないことです。

理由は全く覚えていません。

でも、その有り得ない確率の日に、車は僕がいつも休憩する場所に突っ込んだのです。


だから今日は僕の誕生日。

僕は今日で2歳になりました。


あの日から、何だか“がむしゃらに生きる自分”がいます。

それは、きっと、何の理由かは分かりませんが、生かされたからです。


あの時、無くなるはずだった、僕の存在。

であれば、今ここにいること自体が奇跡なのだ。

もう、恐いものは無い。

生かされた命を、思い切り、多くの人のために生かしたい。


2年前に再び生まれた僕が、今もそう叫ぶのです。


1539.jpg

【第370号】LAのTVにて「ぼくうみ」上映がニュースとして放送!
本日、ロサンゼルスのローカルTV(JATV)でぼくうみ上映がニュースとして放送されました!

ぜひ YouTube をご覧ください!!

→ http://www.youtube.com/watch?v=x0B27PuxiKM&feature=player_embedded


bokuumiLA.jpg
字幕付き画像初めて観ました。

いよいよ、日本を飛び出しましたね。 全世界で観てもらいたい映画です。

【第369号】週刊自閉症ニュースぼくうみ特集?別館?
10月15日深夜配信の音声ポッドキャスト『週刊自閉症ニュース152号』は、映画『ぼくうみ』特集です。

アメリカ西海岸に渡った、映画『ぼくうみ』。

その過程には多くの、多くの人と人の繋がり、熱い想い、そしてまぐろさんという方の並々ならぬ自閉症児者への理解を求めた活動を基に成されました。

そのような想いのもとでは、奇跡的なこともたくさん起きるものです。
でも、何かが動く時は、不思議な力がかかるような気がしてなりません。

さて今回は、そんな『ぼくうみ』のレポートをまぐろさんに頂きました。

音源でももちろんそのまま代読しておりますが、どうしても文章でお読みいただきたく、こちらに掲載いたします。

 「『ぼくうみ』、海を越えて ? アメリカ西海岸からのぼくうみ上映レポート」

リスナーのみなさん、こんにちは!サンフランシスコ在住のまぐろです。

この度、多くの方々と協力し、また多くの方々の暖かい支援を頂き、映画「ぼくはうみがみたくなりました」のサンフランシスコ及びロサンゼルス上映会を実施することができましたので、週刊自閉症ニュースの場をお借りし、みなさんにご報告したいと思います。

こちらでの上映は、全部で6ヵ所、合計で約500名の方にぼくうみをご覧頂きました。どの会場でも笑いと涙の感動の輪が広がり、映画の企画・原作・脚本の山下久仁明さんが映画に込められた自閉症啓発のメッセージが海を越えて届きました。映画をご覧になられた方々は、口をそろえて「とても素晴らしい映画で感動した。ストーリーが自然でわかりやすい。改めて自閉症ということについて学ばせてもらった。もっと多くの人に是非見てもらいたい」とおっしゃっておられました。

私が、ぼくうみをアメリカ西海岸で上映したいと思ったのは、先ず何よりも、山下さんの映画を通じた活動に深く感銘し、同じ自閉症児の父親としてこの活動を広めるお手伝いをしたいと思ったからです。アメリカ西海岸には大きな日系社会があり、日系移民の方、日本企業の駐在員の方、留学生の方等、多くの日系の方がいらっしゃいます。そしてその中には、日本と同じように自閉症を含む発達障害のお子さんをお持ちの家庭が沢山あります。また、サンフランシスコ郊外のシリコンバレーには、多くの自閉症児が集中していると言われており、日系という枠を超え、共に暮らすこの地域社会への貢献の観点からも、ぼくうみの上映は大きな意味があると考えました。

インターネットを通じて日本でのぼくうみ自主上映を知ったのは、約1年前。それから、この週刊自閉症ニュースのりょうま君のパパに山下さんをご紹介頂き、一歩一歩、世界初のぼくうみ海外上映に向けた準備を進めてきました。振り返ってみるとなんだか不思議な感じもしますが、実はまだ山下さんともりょうま君のパパとも実際にはお会いしたことはないんですよ。でも、きっと同じ自閉症児の父親として心の深いところで共鳴しあっているのだと思います。

映画上映までの過程で、幾つかの奇跡がありました。

一つ目は、山下さんとの出会いです。インターネットの時代とは言え、まだ会ったことの無いまま映画のアメリカでの上映にOKをお出し頂けたのは、どこか運命めいたものを感じざるを得ません。山下さん、どうもありがとうございました。

二つ目は、サンフランシスコでは、PHP(Parents Helping Parents)、ロサンゼルスではJERC(日米教育サポートセンター)という素晴らしい団体と出会い、映画をまだ観る前に上映にご賛同頂けたことです。特にPHPは全くのアメリカの障害児支援団体で、ぼくうみの本に日本語で目を通すこともできません。そんな中、アメリカ人の会長さんが、過去、同団体で講演をしたことがある明石洋子さんが支援をされている映画なら、映画を観なくても信頼し応援しましょう、と言って下さったのは、本当にありがたく思っております。これが上映現実に向けて動き出す大きなターニングポイントだっと思います。それから今日までPHPとJERCのスタッフのみなさんと文字通り二人三脚でやってきました。今回の上映の実現は、会場の手配、告知、そして当日の会場運営までPHPとJERCのみなさんのご尽力の賜物以外のなにものでもありません。本当にありがとうございました。

三つ目は、帰国子女でバイリンガルのA.T.さんのお力で英語字幕ができたことです。英語の字幕を作ると言うのは実は単に英語ができるということだけではなく、映像に合わせてふさわしい表現を選んで時間内にはめ込むといった特殊なスキルが必要となります。その作業をタイトなスケジュールの中、ボランティアでやっていただきました。英語の字幕ができたおかげで、国際結婚をされている日系のご家庭や日本語を話さないアメリカ人の多くの方々に映画をご覧頂くことが可能になりました。また、今後の世界各国での上映可能性が飛躍的に高まったのも、彼女が英語字幕を作って下さったからだと思います。A.T.さん、本当にありがとうございました。

最後は、私の上司に今回の上映について深い理解と支援を得、私の会社からアメリカと日本の両側で支援を受けることができたことです。私の個人的な思いに心から耳を傾け、それを企業の社会的責任(CSR)というレベルまで引き上げて下さいました。背中をポンと押し、「やってみろ。そしてやるからには社会を変える意気込みでやるんだぞ!」という言葉は一生忘れられません。日本側で受け皿になってくれた同僚の仲間達にも心から感謝しています。本当にどうもありがとうございました。


ぼくうみという日本の映画が、アメリカで上映されたことにより、自閉症を取り巻く課題は、アメリカでも日本でもそして広く世界でも実は共通しているという認識が広がったように思います。そうです、これは自分達だけのことではなく、広く人類共通のチャレンジなんだ、みんなで協力することが大切だという認識です。「100人の中に障害者が1人いるとして、その人を社会から取り除いても残り99人の中から必ず代わりの障害者が出てくる。その1人の障害者が残りの99人が障害者になる可能性を一手に引き受けてくれているから、99人は健常者としての生活をおくることができる」という「100分の1」のメッセージや障害者を取り巻く家族の思いなど、本当に世界共通なのです。


私個人としては、このぼくうみが今後、アメリカのその他の場所をはじめ世界各国で上映され、日本とアメリカ西海岸で広まった感動の輪がもっともっと広がっていってくれることを心から祈っております。「自主上映をやってみたい」という方、勇気を持って是非手を上げてください。これは、ご自身にとってやりがいがあるだけではなく、社会にとっても非常に大きな意味をもたらすことになりますよ。私も応援させて頂きます。

最後に、今回関わって下さった全てのみなさんへ、心より「本当にどうもありがとうございました。」

まぐろ


1533.jpg
サンタクララバレー協会での上映会
1534.jpg
JERCのメンバーとボランティアさん(受付にて)
1535.jpg
PHPのメンバー
1536.jpg
ロスの会場となったミヤコハイブリッドホテル
1537.jpg
PHPで山下さんからのメッセージをご紹介するまぐろさん
1538.jpg
PHPで上映前のご挨拶

また、日系コミュニティーペーパーのひとつ(ベイスポ)↓にも山下さんのメッセージを掲載して頂いたとのこと。

2010年10月8日付けベイスポ記事

まぐろさんの上映レポート、とても感動いたしました。

今回のレポートで、西海岸での上映会は、まさに、人と人との繋がり、そして、それに絡んだ方々の熱い想いにより実現されたものであると感じています。
今回、時間の関係でご紹介できませんでしたが、観賞された方々の感想文、そして特に会社の上司の方の言葉、何だかこちらまで嬉しくて、文章を読んでいて胸の奥が熱くなりました。

まぐろさん、こちらこそ、本当にありがとうございました。


【第368号】今週の元気日記更新は、月曜深夜です
HOMEの『そよ風の手紙』の元気日記484号は、

諸事情により、本日の月曜深夜(体育の日の深夜)に更新がずれております。

お訪ねいただいた方、ごめんなさい! m( __ __ )m

今晩ですので、お間違いなく。。。

【第367号】ブログ「マンガ自閉症マー君」
アメリカ西海岸で、自閉症の青年であるお子さんの姿をマンガでブログ発信されている方がおられます。

ブログの名前は、「マンガ自閉症マー君」。

その管理人であるマークさんのお母様よりメッセージをいただきましたので、ここでご紹介いたします。

「マンガ自閉症マー君」は、姉である私の娘が、自閉症の弟マークの日々の様子を、四コママンガにしたものです。
娘がマンガを描き、私が説明を付けてアップロードしています。
娘は、絵を描くのが前から好きで、似顔絵や動物の絵などいろいろ描いていました。
何度か四コママンガを描いたらと、勧めてみたものの、なかなかその気になりませんでした。
マークが18歳を過ぎ、いろいろな面で大人扱いをされるようになった頃、思い出話をしたことがありました。
最初の発作が起きた時のこと、障害がわかった時のこと、お出かけをしたらいつも泣いていたこと、顔をひっかくのを止めないので、二人で手を押さえていたこと、何度もころんで大怪我をしたことなど、いろいろあったけど、いつもお姉ちゃんがそばにいたねえと。。。
あの頃は大変だった・・という話から、でもおもしろいこともあったっけと話していたら、マンガネタが続々と飛び出してきました。そんな思い出をマンガにしたのが始まりです。
ブログに載せることにしたのは、同じように障害児を育てている人たちの励ましになればと思ったからです。私たちは、少し違う道を歩いていますが、楽しいことも嬉しいこともあります。マー君のように、22年目にして自分で手を洗えるようになったことも、大声で言いたいような喜びです。そんなことを共有できればと思いました。
実際に、載せ始めてみて驚いたのは、障害児と関わり無い人たちが、興味を持って読んでくださり、とても励まされると言ってくださったことです。「ほっとする」「あったかい」「癒される」などのコメントいただきました。
そんな言葉に励まされて、お姉ちゃんは、もう少しもう少しと描き続けました。200話を迎えたときは、夢のような数に驚いたものです。また、障害児を持った親御さんからは、うちにも似たようなおもしろい話があるから描いてほしいとも言われました。
お姉ちゃんは、いつもマークのそばにいる助け手でしたが、このマンガは、お姉ちゃんの思いが溢れ出たものです。無口なお姉ちゃんの表現方法はマンガだったのかもしれません。
悲しい話は、描きたくないというのが、お姉ちゃんのポリシーです。そして、障害児がいて、どうしてうちはこんなに違うんだろうと思っている人たちに、希望を持ってもらいたいと思って描いています。これからもマー君ネタがある限り描き続けるつもりです。
多くの方に「マンガ自閉症マー君」のブログにお寄りいただけると嬉しいです。



以上が、マークさんのお母様のメッセージです。

実際に私も過去にさかのぼりブログを拝見いたしました。短い漫画による絵からの情報のため大変読みやすく、どんどんと読み進んで行きました。
ついついりょうまと同じだ!とクスッと笑ってしまったり、マーク君の純粋な姿に心が洗われたりしました。
メッセージの中の、「マーク君のお姉さんの 悲しい話は、描きたくない」というポリシー、
そして、「障害児がいて、どうしてうちはこんなに違うんだろうと思っている人たちに、希望を持ってもらいたい」と思って描いてる部分。
これは、HP「そよ風の手紙」のコンセプトと同じであり、私自身はとても共感するものがあります。

ご興味のある方はぜひ一度お訪ねいただければと思います。
ブログはこちらです⇒http://blog.livedoor.jp/markhamajima/
【第366号】それでも、おやじの会に出たい
スケジュールの合間を縫って、土曜日地元のおやじの会に参加してきた。

自閉症児者の父親たちは、その家庭の状況やまたその他諸々の理由もあり、なかなかこのような父親同士の会には参加されることが少ない。

そんな中でも、積極的に会に集まる父親たち。

彼らとアルコールを酌み交わしながらの会話の中に、自分たちの子どものこと家族のことを何よりも考えている父親であることをより知ることができる。

彼らから出る発言は多種多様。色々な意見があっていい。

社会で普段からもまれている父親だからこそ、様々な意見が飛び出して面白い。

何よりも話していて楽しい。

またこの会に、専門家や支援者の方も参加されることも増えてきた。とても嬉しく心強いことだ。


だからこそ自分は、時間的に厳しいそんな状況でも、このような会には極力参加したいと思う今日この頃なのである。


oyaji.jpg
【第365号】自分の周りで起きている様々な“変化”
10月に入り、気がつくともう5日だ。

今年もあと3ヶ月、残り1/4だ! というところで楽に構えていたら、

自分の周りで急きょ多くの変化が起き始めてきた。

もしかすると、今年の山場は、この最後の3ヶ月に集中するかもしれない。

スケジュール帳は、気がつくとビッチリ。

詳しくはまだ書けない内容も多いが、こちらのブログやHPのどこかで順次発信してゆくつもりだ。


これが自分の使命ならば、精一杯動こう。


そして、どうせ同じことをするのであれば、それを楽しんでしまおう。


そう、?明日は明日の風が吹く?のだから。



【第364号】きり番54万番、近づいてきました!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     54万番    が近づいてまいりました!


ぜひ、狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、

HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。