続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第356号】キャンプから、ただいま!
昨日2泊3日の、キャンプから無事帰ってまいりました。

いや?、本当に楽しかった!

りょうまの新たな発見やプチ事件も有りましたが、やっぱり外に出ないといけませんね。


今回のキャンプの姿を、HP「そよ風の手紙」の元気日記478号にUPしました。

宜しければお訪ねくださいね。

コチラです→http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/g478.htm

スポンサーサイト
【第355号】息子とおやじで、キャンプに向かう
今、たぶん山中湖近辺にいます。

“たぶん”というのは、この記事は予約投稿だからです。

これから2泊3日で、キャンプに参加してきます。

息子&おやじ&ボラさん&講師の方  参加者はみ?んな男。(^^;)

まさに、男だらけのキャンプという初の『息子とおやじでアウトドア』なるキャンプ企画。

実はりょうまの体調は昨日までイマイチの状態にあり、参加は危ぶまれましたが、今朝から回復。

たぶんこの記事が配信されているということは、参加できているということです。


そんなわけで今晩の『週刊自閉症ニュース』も、23:00で予約配信していますので、宜しければお聴きくださいね。(ちゃんとUPされるかな?ちょっと心配です。。。)


では、2泊3日のキャンプ、りょうまと楽しんできま?す!

【第354号】これでいいのか?
これでいいのか?

経済司令塔の外遊、この時期に    【8月27日 産経新聞より引用抜粋】

 円高と株安が同時進行するなか、26日から日銀の白川方明総裁や主要閣僚の外遊が相次ぐ。市場の混乱を鎮めるには、市場介入や追加金融緩和などの機動的な動きが求められる場面が想定されるが、相次ぐ経済司令塔の出国に、対応の遅れを招く不安が持ち上がっている。

 日銀の白川総裁は26日午後、米カンザスシティー連銀主催のシンポジウム出席のため日本を離れた。また岡田克也外相も同日、北京で開かれる日中ハイレベル経済対話に出席するため出国。27日以降は自見庄三郎金融相や野田佳彦財務相も同対話に加わるため日本を離れる。

 今週に入って急進した円高や株安を受け、各方面から政府・日銀による対策を求める声が強まっている。荒井聡経済財政担当相は日中対話への出席を取りやめることを明らかにしたが、多くのトップの国内不在は対応の遅れを招きかねない。

 市場では「政府・日銀による対応は白川総裁らが帰国する30日以降になるのでは」との憶測も出ている。


今、円が急騰し、これだけの経済に関する緊急課題が山積する中、外遊している場合か?


そして、民主党代表選への小沢氏出馬表明による党内対立。
今、政党という小さな枠の中で争ってる場合か!!


国民の目線から遠ざかった、この国のリーダーたち。


この先、日本はどういう方向に進むのだろうか。


【第353号】「ぼくうみ」青森(八戸)でのロードショー迫る!
自閉症の青年が主人公の映画映画「ぼくはうみがみたくなりました」。

いよいよ、青森「八戸フォーラム」にてのロードショーが近づいてきました。

上映期間は、8/28(土)?9/10(金)


青森県の方、また近県の方。ぜひこの機会をお見逃しなく。

恐らく日本での最後のロードショーとなる可能性大です。http://www.forum-movie.net/hachinohe/index.html

      bokuumi.jpg

レインボーおやじ殿より、自主上映で現在高知入りしちょる連絡が入ったきに!

今日あたりは、土佐を満喫中じゃ!
【第352号】拓人さんの演奏
昨日、小柳拓人さん(自閉症の高校生ピアニスト)が演奏をされる、

「フィギュアスケート・銀盤の名曲コンサート」に行ってまいりました。

P1020860(1).jpg

本当に楽しそうに演奏される姿。そしてその表現力、素晴らしかったです。

これからも、たくさん発表の場を増やして欲しいなぁ。


もう少し詳しく、元気日記477号に書きました。宜しければお訪ねくださいね。
【第351号】そよ風対談(音声)、久保由美さん第3編(最終編)をUPしました!
そよ風の手紙では、そよ風対談?自閉症とともに?(音声ポッドキャスト)2010年夏を配信中です。


今回のスペシャルゲストは、自閉症用会話補助用アプリ「Voice4u」の開発及び販売をされている、久保由美さんです。

先ほどその第3編(最終編)を音声配信いたしました。

よろしければお訪ねくださいね ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/category/8568045-1.html

【第350号】私の中のヒーロー「三吉慎蔵」
三吉慎蔵。

この名前を出した時、もしかすると、「その人だれ?」と言われてしまうかもしれない。


実は、僕はこの幕末の志士が、大好きである。

ある意味、坂本龍馬と同じくらい好きだと思う。


三吉慎蔵は長州藩出身。

寺田屋で龍馬が新撰組に襲われた時に、龍馬とともにたった2人で、数十人の伏見奉行配下の捕吏と戦った。

龍馬はその時“ピストル”で、三吉慎蔵は“手槍”で応戦した。

危機一髪の窮地から逃れ、龍馬を川端の材木小屋に隠して伏見薩摩邸に走りこんだ三吉。

結果、龍馬はその命を落とさずに済んだのである。


もちろん歴史に、・・・たら・・・れば、は無いが、この三吉慎蔵がいなかったら、龍馬は存在しないわけで、日本の歴史は大きく変わっていただろう。

この時のエピソードは、おりょうが第一報を裸で知らせに来たことや、その後の負傷の傷を治すために鹿児島の温泉に日本で初めての新婚旅行をしたことなどがクローズアップされがちだが、
やはりこの寺田屋襲撃の三吉慎蔵の功績を、もっとクローズアップしてもらいたいと個人的には思うのである。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」全八巻を16年ぶりに読み終えた。
今回で5回目の読書である。

この歳になっても当時と変わらず、三吉慎蔵の存在は、僕の中で大きく影響しているのである。

自分の中では、三吉慎蔵は、地味ではあるが、ヒーローであり目指したい存在でもある。


「龍馬伝」では、これから登場(役者は筧利夫氏)すると思うので、ぜひ違う角度から彼を見てもらえたら嬉しいのである。

     1497.jpg

本来はブログ「5%の可能性」の話題であるが、今回は「続・父のひとりごと」でUPしました。
【第349号】将来への準備
ついに今日手元に届いた、注文書籍!

今年の後半から来年の初めにかけて、これらを集中的に勉強する予定です。

    1496.jpg

個人的にも、それ以外でも、今後多く関わることが多くなる成年後見。

色々な意味で、そろそろ準備を進めます。

【第348号】そよ風対談(音声)、久保由美さん第2編をUPしました!
そよ風の手紙では、そよ風対談?自閉症とともに?(音声ポッドキャスト)を配信中です。


今回のスペシャルゲストは、自閉症用会話補助用アプリ「Voice4u」の開発及び販売をされている、久保由美さんです。

先ほどその第2編を音声配信いたしました。

よろしければお訪ねくださいね ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/article/158271486.html


【第347号】イギリス調査報告会
昨日、PandA?J主催の、

イギリス調査報告会 「触法発達障害者の矯正・支援を考える」という報告会に参加してきた。

内容は、大変興味深い内容でまさに“目から鱗”。
日本では触法発達障害者のケアも含め、多くの点においてイギリスに学ぶ点があることを感じた。
予算的な問題や、発達障害の社会的理解という点で、壁はかなり高そうであるが、参考にすべき点はかなり多そうだ。

丸一日の報告会のため、ここではもちろんその内容を書くことは難しいので一点だけ、

「大切な大人スキーム」(appropriate adult scheme)。

もし警察官が被疑者に知的障害あるいは精神障害があると疑った場合、appropriate adultを呼ばなければならない。(*警察官と被疑者のコミュニケーションを適切に行なうことを保障する人)


触法(が疑われる)障害者に対する、改善点は山積しているが、まずはこの部分において日本での定着が必要。

そう感じた報告会であった。

【第346号】そよ風対談(音声)、久保由美さん第1編をUPしました!
久しぶりの、そよ風対談(音声ポッドキャスト)を配信します。

そよ風対談(第6弾)、2010年夏。

今回のスペシャルゲストは、自閉症用会話補助用アプリ「Voice4U」の開発及び販売をされている、
アメリカのスペクトラムビジョンズグローバルInc.の最高経営責任者の久保由美さんです。

先ほど第1編を音声配信いたしました。

よろしければお訪ねくださいね ⇒ http://soyokazetaidan.seesaa.net/article/158271486.html

【第345号】iPhone4 来ました!
ついに手に入った、「iPhone4」

予約して1ヶ月でようやく手にすることができました。

1493.jpg

10年以上契約していた、docomoを解約することをちょっと迷いましたが、思い切って孫隊長(twitter上では、龍馬伝を観る時の隊長(笑))のsoftbankの海に飛び込むことにしました。

さて、「iPhone4」。
電話機のとしての大きさとか電波の悪さとか、色々前情報で聞いてはいましたが、自分は全く気になりません。

りょうまにも使えそうな、あれもこれも有り、むしろこちらを早く試してみたいです。


慣れるまでが大変そうですが、楽しみです♪


【第344号】自閉症の映画、ジェット・リーの『海洋天堂』
東京都のまっぴさんという方から、以下のメールを頂きましたのでご紹介いたします。


りょうまパパさん、はじめまして。

「ぼくはうみがみたくなりました」のように、自閉症を題材とした映画を紹介します。


中国のアクションスター、ジェット・リーが、アクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が現在中国・香港・台湾で公開されています。

以下URLは映画「海洋天堂」の 公式サイトです。(中国語)
http://oceanheaven.yule.sohu.com/

こちらの特集サイトでは、「海洋天堂」のシーンや出演者の写真などを見ることができます。中国語ですが、映像や写真からこの映画の雰囲気は伝わります。
http://yule.sohu.com/s2010/oceanheaven/


日本語の記事です。

「【華流】ジェット・リー、新作『海洋天堂』は親子愛の感動映画」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0509&f=entertainment_0509_015.shtml

「ジェット・リーがカンフーを完全封印!3年ぶり主演映画はがん患者に」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42765&type=5


この映画の音楽担当は、あの久石譲さんだそうです。医学監修には日本人も関わっているそうです。
しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があり、日本での公開は難しいかもしれないそうです。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』というプロジェクトが始まったそうです。以下URLはこのプロジェクトのサイトです。
BBSでメッセージを募っています。たくさんのメッセージが集まれば、日本公開につながります。もしよろしければ、ご協力をお願いいたします。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/


さっそく、ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!というブログを訪ねてみました。
読んでみると、『海洋天堂』は10年以上も自閉症の人たちの為のボランティアとして活動してきたシュエ・シャオルーさんという方の初監督作品とのこと。脚本を読んで感動したジェット・リーはほぼノーギャラで出演しているとのことです。
また、中国・香港では既に公開され、50万人以上の人が鑑賞しているようです。
私は、基本的に、このような映画とういう媒体で、自閉症を取り上げて頂けるだけでもありがたいと感じています。
明らかに誤った描き方で無い限り、基本的には自閉症を多くの方に知ってもらえるチャンスが増える。こんなにありがたいことはありません。
もちろんこの作品を見たことはありませんが、自閉症の映画作品を日本で見ることができたら良いですね。
同ブログでは8月末までに集まったメッセージを印刷し、第1回目嘆願書を提出されるそうです。

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!というブログをお訪ねいただき、賛同されるようでしたら、ぜひメッセージを。

この自閉症の映画を、日本で公開してもらいたいです。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。