続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第309号】新聞の記事に、日本の現状を知る。
皆さんはこの記事をどう感じますか?

ニュース:生活(2010.4.19産経新聞より引用抜粋)

【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう (1/2ページ)

 さいたま市教育相談センターの金子保所長によれば、同市内の6つの幼稚園で2歳で発語がないか、言葉が増えない子が半数もいることが保護者への調査で判明した。
 埼玉県教育委員会が平成17年に発表した調査によれば、通常学級に在籍する特別な教育的支援の必要な子供は、小学校で11・7%に及んでいる。
 金子氏によれば、発達障害の子供の不登校や軽度の自閉症の子供が増えており、予防により施設やスタッフにかかる予算面など莫大な効果が期待できるという。
 ちなみに、特別支援を要する子供が1割を超えるアメリカでは、障害者法によって、障害の程度と性質を勘案した個別プログラムが策定され、それに準拠した教育サービスの提供が義務づけられている。そのための教育予算の不足が問題になっている。
 金子氏の実践によれば、発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難になるという。 脳科学に基づいて発達障害児を治療指導している澤口俊之氏は、発達障害は、「HQ(人間性知能)障害症候群」で、HQを伸ばす方法によって、ADHD(注意欠陥多動性障害)は確実に改善すると断言している。(澤口・金子氏ら共著『発達障害を予防する子どもの育て方』メタモル出版)。
 玉川大学脳科学研究所の塚田稔教授によれば、自閉症は「治らない」とされてきたが早期発見による週30?40時間の集中治療で約半数が治ることが分かった
 発達障害児にテレビやDVDなどのない生活を用意し、豊かな言葉がけを行うよう保護者に指導したところ、大きく改善した。また「あやし」「笑わせ」「たかいたかい」などを実施したところ、子供が喜び、言葉が出て、人間性が回復することもわかった。

(2/2ページ)

 このような昔から日本人が当たり前に行ってきた伝統的な子育てや「普通の環境」を取り戻すことによって、2歳までの早期に治療指導を行うことが、発達障害の予防になり、この「金子式治療指導法」と澤口氏のHQを伸ばす脳科学理論は「きわめてよく一致」すると同書は述べている。
 あいち小児保健医療総合センター心療科の統計では虐待を受けた子供の57%に発達障害が認められ、広汎性発達障害(自閉症とアスペルガー症候群)が25%、ADHDが23%と報告されている。10年で6倍に急増している虐待が発達障害に与える影響の大きさに気づかせ、虐待を防止するための「親育ち」支援に国を挙げて取り組む必要がある。 日本保育協会の調査によって、発達障害児への「対応方法を保護者に指導できる能力が重要」であり、早期発見・支援や個々の子供に対するケアのあり方についての研修が課題であることが明らかになった。
 伝統的な子育てを見直す「脳科学に基づく親学」の普及によって、保護者や保育士にこうした発達障害の予防、早期発見・支援のあり方や脳科学に基づく知見や情報を一刻も早く伝え、発達障害の予防に全力を尽くすことが急務といえる。
    ◇
 たかはし・しろう 元埼玉県教育委員長。明星大大学院教育学専攻主任、NPO法人師範塾・埼玉師範塾理事長。


http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm

記事の執筆者は、大学院で教育学専攻主任までされている方。
教育相談センターの所長の見解。

日本における発達障害への理解がここまで遅れ、また誤った認識であること・・・愕然としている。

この記事自体が新聞記事になること。
同新聞社でこの記事に係った全ての方が、このように誤った理解していることが、残念でならない。

でも、これこそが日本の現実なのであろう。


やはり、声をあげてゆかなければならない、と感じるのである。


スポンサーサイト
【第308号】TV放送「アスペルガー症候群 活躍の場を求めて」
本日(4月21日)、TV放送されます!


クローズアップ現代「アスペルガー症候群 活躍の場を求めて」
チャンネル :NHK総合/デジタル総合
放送日 :2010年 4月21日(水)
放送時間 :午後7:30?午後7:58(28分)

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/yotei/index.cgi

引きこもり、うつ病など20?40代の間で深刻化する問題の
背後の多くに、実はアスペルガー症候群が潜んでいることがわ
かってきた。アスペルガー症候群は脳の機能障害で、知的障害
はないが他人の気持ちを推し量ったり、暗黙のルールを理解で
きないため、職場では「変わった人」と見られ、孤立を深めて
社会からドロップアウトしていく人が少なくない。
一方でIT技術など特定の分野において秀でた能力を持ってい
る人も多く、周囲が障害を理解し、対応を工夫すれば、目覚し
い活躍をすることも分かってきた。企業でも今、アスペルガー
症候群の人を積極的に採用し、その力を活かそうという取り組
みが始まっている。“アスペルガー症候群の人”たちが社会で
活躍するためには何が必要なのか、当事者と雇用する側双方の
取材を通して考える。

【第307号】福祉イベント『ライト兄弟は空を飛んだ!』は今週末です!
うすいまさと氏の熱意と、パナソニックの企業姿勢を心から応援したい、私です。

○2010年4月17日(土曜日)・4月18日(日曜日)
パナソニックセンター東京福祉イベント
『ライト兄弟は空を飛んだ!』
パナソニックセンター東京では、福祉活動への寄与を目的に、福祉イベントを開催しています。
読字障がいやダウン症など障がいのある様々な個性をお持ちのゲストをお迎えし、講演やライブパフォーマンスを通じて、何度挫折をしても決して空を飛ぶことを諦めなかったライト兄弟のように、絶望から希望を見出し、不可能を可能にした人たちの本当の物語をお届けします。

・4/17(土)13時00分?15時30分
講演:南雲明彦 ?ボク、発達障がいと生きてます?
ライブ:うすいまさと ?君たちの大切な思い 歌で伝えたい?
ライブ:木下航士 ?有明に響け ぼくの歌?

・4/18(日)13時00分?15時30分
対談:金澤泰子&うすいまさと ?ダウン症のわが子が天才書道家と呼ばれるまで?
席上揮毫:金澤翔子
ライブ&トーク:うすいまさと ?自閉症児直人が教えてくれた大切なこと?

場所:パナソニックセンター東京 1階 ホール
定員:各日200名
両日、ゆうの風による障がい疑似体験、福祉作業所で作ったお菓子、一部出演者の本やCDの物販、
デザイナーAKIといっしょにトートバックに絵を書こう!があります。
対象:どなたでもご参加いただけます。
※お子様をお預かりする保育室の用意はございません。あらかじめご了承くださいませ。
※要申し込み
http://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/index.html#a003576



ご興味のあるの方は事前申し込みなので、是非お申し込みくださいね。

そよ風親子も、どちらかに行く予定です。

【第306号】うすいさん・椎名さん・ザ・ボルケーノのコラボ、大成功
川崎アルテリオで4月10日(土)に行なわれた、うすいまさとさん・椎名邦仁さん・ザ・ボルケーノのコラボ。
大成功だったようでとても嬉しい。

その様子は東京新聞でも取り上げて頂きました。

自閉症への理解を 障害児の父親らライブ
【2010年4月11日、東京新聞にて抜粋引用】


http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20100411/CK2010041102000129.html

 自閉症をテーマにした映画「ぼくはうみがみたくなりました」を上映中の川崎市アートセンター(麻生区万福寺6)で10日、発達障害児の父親で歌手のうすいまさとさんや自閉症の人たちのバンドがライブを行い、障害への理解を呼び掛けた。(加賀大介)

 うすいさんは自閉症など発達障害の三人の子どもがいる。各地で啓発コンサートや講演を行い、自作の歌に彼らの思いを込め、子どもたちとの日々のエピソードを語っている。この日は「僕の声が聞こえますか?」「脳の歌」など六曲を演奏。会場の約百十人に「人はみんな違っていていい。それを受け入れられる社会に」とのメッセージを伝えた。

 パーカッションバンド「ザ・ボルケーノ」は、「療育相談でんでん虫」(多摩区)の外来療育に通う六人と職員らが出演。「ラ・バンバ」「コーヒールンバ」などラテンのリズムで沸かせた。

 主催した市自閉症協会の明石洋子会長は「情報量が増え、自閉症への理解は昔に比べれば進んだが、深く悩む親はまだ大勢いる。こうした機会を通じて、多くの人に知らせたい」と話していた。

 映画は、自分を見失いかけていた看護学生が自閉症の青年と偶然出会い、旅先でさまざまな人々とふれあう物語。自閉症児の父親だった脚本家山下久仁明さんが二〇〇二年に書いた同名小説を、全国からの寄付をもとに〇九年に映画化した。福田是久監督、出演は大塚ちひろさん、伊藤祐貴さんほか。

 上映は十六日まで(十二日休館)。午前十一時五十分と午後七時の二回(十一日は午前のみ)。十三日夜の回は副音声ガイド日本語字幕付き。入場料は一般千五百円。市アートセンターは小田急線新百合ケ丘駅北口徒歩三分。


「ぼくうみ」のアルテリオでの上映は4月16日まで。

多くの方にご覧いただきたいなあ。http://kac-cinema.jp/theater/detail.php?id=000240



さて、私は当日りょうまとの時間を過ごしたため、手伝いも難しくまた会場にも入れず。

でも、観客として横須賀からわざわざ母と子で参加された自閉症の当事者のAさんと、終了後の時間を見計らい、会場のアルテリオの前でお会いしました。
「私とりょうま」に会いたいと、わざわざ足を運んでくれたこと。

そのお気持ちが、うれしかったです。
            
                  1424.jpg
             黄色いステップワゴンの前で、一緒にパチリ☆


                     本当に、ありがとう!

   
【第305号】会話補助用ソフト「Voice4u(ボイス・フォー・ユー)」好調
iPhoneを購入するなら、ぜひ使用してみたい。


自閉症向け会話ソフトが人気=実体験踏まえ日本人主婦が開発?米

【2010/4/4付  時事通信より引用抜粋】
                      voice4upic.jpg

先天性脳機能障害とされる自閉症の子供を持つ日本人主婦が開発した会話補助用ソフト「Voice4u(ボイス・フォー・ユー)」の売れ行きが好調だ。アップルの多機能型携帯電話機「iPhone(アイフォーン)」に取り込んで気軽に使えることから、昨秋の発売以来、販売数は前月比3割増のペースで推移。3月末現在では、日米や韓国、中国など13カ国に利用者が広がっている。
 1989年に渡米した久保由美さんは、現在15歳の長男が1歳の時、自閉症であることが分かった。既存の会話補助用具は重く、使い勝手が悪い。そんなことから、アップルが2007年夏に発売したアイフォーンを見て、これを利用できないかとひらめいた。08年にスペクトラム社を当地で起業、現在は最高経営責任者(CEO)だ。
 ソフトは日本人エンジニアと二人三脚で完成。「うれしい」「混乱しています」といった日常生活でよく使う表現を示すアイコンに指先で触れるとその音声が流れ、相手に自分の言いたいことを伝えられる。「子供が興味を持って操作し、積極的に外部とかかわりを持つ効果が大きい」(米スタンフォード大教授)と専門家の評価も高い。
 このソフトは、3日に米国で発売された最新の多機能型携帯端末「iPad(アイパッド)」でも利用できる。表現は130種類用意し、価格は英語版が29.99ドル、日本語版は3500円で、アップルの販売サイトで購入できる。
 米疾病対策センター(CDC)によると、米国での自閉症の発症率は子供110人に1人、患者数は3?22歳だけで推計30万人強に上る。世界的にも増加傾向だ。主婦の直感を大切にしたいという久保さんは、「国を問わず、家族の痛みを取り除くため、このソフトを教育現場と地域社会に広げていきたい」と話している。


記事の中の開発者の久保さんとはネット上での知り合いであるが、このような記事が時事通信で出ることは嬉しい限りである。
まだ今自分は、スマートフォンの状況を吟味している段階だが、もしiPhoneを選択したならぜひ購入したいと考えている。
もちろん、このソフトが全ての人に有効かどうかは分からない。

でも、そういうものを開発する人たちを、素直に応援したいというのが、自分のスタイルである。


実際の記事はこちら→http://www.jiji.com/jc/zc?k=201004/2010040400178

【第304号】明石洋子さん&山下久仁明さんトークショー
4月6日。新百合ヶ丘(川崎)のアルテリオにて、明石洋子さん&山下久仁明さんトークショーが行なわた。
平日の16:00前、あまり人は来ないのでは?との事前予測。
その予想を裏切り、会場は満席となった。(すごい!)

      1415.jpg

軟硬織り交ぜたお話しが2人から飛び出し、楽しい雰囲気でのトークショーとなった。
「とても楽しかった」との感想を、参加者の方々からたくさんコメントを頂いた。
拙い司会の自分としては、とても嬉しい限り。
小柳拓人君とお母さんに会えたし、イラストレーターのやこらさんと会えたり、嬉しかったなぁ。。。
拓人君とは初対面でしたが、なぜかハイタッチの挨拶。(う?ん、心が通じるよね)
何より、わざわざ平日の午後足を運んで頂いた皆さんに心から感謝したい。

皆様、ありがとうございました。

さてその様子は、レインボーおやじさんのブログにてご覧くださいね。
こちら→http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-b71e.html

さてさて、その日夕方からの懇親会。
「ぼくうみ」1周年ということで、本当に身内だけで行なわれた。
楽しい会だった。
うすいまさとさんも、ご多忙な中駆けつけて頂いた。
うすいさんの「脳の歌」もCD発売1周年。おめでとう!


そう考えると、昨年川崎で行なわれた「ようこそ自閉症ワールドへ」は、凄いイベントだったのだなぁ。。。と、あらためて感じるのである。


       1414.jpg
一人ひとりご紹介できませんが、このメンバー、しかし凄いメンバーだなぁ・・・・。(明石組?)


【第303号】ぼくうみ、4月16日まで新百合ヶ丘で上映中!
自閉症の青年が主人公の映画「ぼくはうみがみたくなりました」。

ただいま、川崎市新百合ヶ丘駅近くアルテリオにて、4月16日まで絶賛上映中です!


詳しくはこちら→http://kac-cinema.jp/theater/detail.php?id=000240

1413.jpg
【第302号】4月2日(世界自閉症啓発デー)レポート
4月2日。世界自閉症啓発デー。
東京では日本自閉症協会主催のシンポジウムがあった。
こちらは午前中のみ参加したが、twitterでリアルタイムでつぶやかせて頂いた。

週刊自閉症ニュースでも音声で配信しているので。宜しければお聴きくださいね。

こちらは国連大学での、シンポジウム。スクリーンの写真は潘基文(パン・ギムン)国連事務総長。
       1401.jpg

            午後からは、ぼくうみの国会上映にスタッフとして参加。
            1402.jpg

       1403.jpg

う?ん、このメンバー野田聖子議員、渡部恒議院、山下久仁明さん他。国会の超党派での上映会。スゴイことです。
       1404.jpg

   とにかく、国会で上映できることはスゴイことです。この場にいることができたことに感謝!!
【第301号】「ぼくうみ」国会にて上映!(4月2日)
今日4月2日は、世界自閉症啓発デー。
          4-2.jpg


昨年は、僕ら“そよ風親子”の姿がNHKニュースウオッチ9で報道された日でもあるが、今年も実は記念すべき日になる予定だ。

なんと、今年の4月2日は、映画「ぼくはうみがみたくなりました」国会内にて上映会が開催されるのである。

これは、自閉症・発達障害への理解を深めるための、超党派による「自閉症に関する勉強会」により実現され、
企画・原作・脚本の山下久仁明さんそして、コクーンのKさんが中心となり成されたと聞いている。

このことは、一人の自閉症児の親としてはもちろん、ぼくうみ制作実行委員会の端くれではある自分には、本当に有難いことである。
まだどれくらいの国会議員が観てくれるかは不明だが、たとえ、その人数が少ないとしても、「ぼくうみ」が国会で上映されるのだ!これはスゴイことである。

私はもちろんこの歴史的な日は、いても立ってもいられず、レインボーおやじさん(山下さん)のサポート。
おやじさんからもご依頼を頂き、有難いことに今日、自分も「ぼくうみ」スタッフとして、国会に入る予定である。

その様子は、どの程度つぶやけるか分からないが、超多忙なレインボーおやじさんの代理として、twitterでもつぶやこうと考えている。(乞うご期待)


そんな訳で、4月2日は、skysoyokaze のつぶやきを楽しみにしてくださいね。

      bokuumi.jpg


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。