続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第282号】訃報です。
「光とともに・・・?自閉症児を抱えて?」の著者の戸部けいこさんが、

1月28日朝、お亡くなりになりました。

享年52歳。


心から哀悼の意を表します。


スポンサーサイト
【第281号】自閉症児向けのiPhoneアプリ、Voice4u(ボイスフォーユー)
皆さんはVoice4u(ボイスフォーユー)をご存知ですか?

Voice4uは、iPhoneやiPod Touchで使える最新のコミュニケーションツールです。
言語の表現が難しい人々の気持ちや、考えていること、行動、必要とするものを的確に表現することをサポートします。軽く、誰でもどこへでも持ち運べて使え、いままで意思の表現が難しかった人たちのライフスタイルを向上させるツールになる可能性を秘めています。

お話するのが苦手な自閉症の方が、このアプリ上のシンプルなアイコンで物や気持ちを表現して、それを見せることで周囲の人とコミュニケーションができます。アイコンをクリックすると音声が出て、サーチもでき、よく使うアイコンが上位に来る設定タブもあり、また自分の好きなものを写真にとって新しいアイコンとすることもできます。
アメリカでは英語版、日本では日本語版が販売されています。
             voice4u.jpg

このアプリは、シリコンバレー在住の日本人の母親が、自分の自閉症の息子さんのために、こんなのが欲しいと思い立って始めたものです。これに、当地の心優しい若い日本人エンジニアが複数協力して、プログラムを書いたり、事業の立ち上げを行い、自閉症専門家の協力を得て、絵も音声も自閉症の人に合うように、細かいところまで気を使っています。
たくさん売れる種類のアプリではないので少々値段は高めですが、同じことのできる代替手段(専用端末など)に比べて格安です。現在、様々な自閉症関連団体などにご案内中で、どこでも大変好評のようです。また、自閉症だけでなく、聴覚障害のある方などでもお使いいただけると思います。

http://voice4uaac.com/jp/


私のVoice4uの感想は、絵カード等をすでに取り入れている自閉症当事者にとって画期的なツールであり、また現在はなかなかコミュニケーションを取りにくい状況にある当事者にも、将来有効なツールになる可能性を感じました。
私は残念ながら携帯はdocomoなので、iPhoneではありませんが、りょうまが絵カードで理解をできるようになったら、その次の段階でぜひ使用したいと考えております。

"自閉症" - 一人の青年の記録 - "シリアスベービー"というタイトルの動画がYouTubeにアップされています。
その最後に出てくるのが、開発者のお母さんと自閉症の息子さんそしてVoice4uです。
最後は特に感動的なシーンです。
よろしければ、ご覧いただければと思います。↓こちら
"自閉症" - 一人の青年の記録 - "シリアスベービー"

今回のVoice4u情報は、アメリカ在住のまぐろさんからいただきました。
まぐろさん、とても貴重で有効な情報をありがとうございました。

【第280号】自閉症の高校生ピアニスト小柳拓人君
シンガーソングライターのうすいまさとさんから、
自閉症の高校生ピアニスト小柳拓人君が出演の、TV番組の情報を頂きましたのでご紹介いたします。

以下がうすいさんからのメールです。

こんにちは、うすいまさとです。
今日は友人の番組出演のご紹介です!

小柳拓人くんです、彼はピアニストです。
自閉症というハンディを持ちながら、
音楽を通じてみんなと心を通わせくあっている
愛すべきかわいい高校一年生の男の子です。

そして、ゲストには木下航士さん。
良い番組になると思います。

お忙しい時間帯とはおもいますが、是非ご覧いただけるとうれしいです。

〓NHK教育テレビ・福祉ネットワーク
シリーズ「うちの子どもは世界一」
『音楽が開いてくれた僕の世界』?小柳拓人くん?

本放送・1月27日(水)20:00?20:29
再放送・2月 3日(水)13:20?13:49


よろしくおねがいします!


うすいさん、情報をありがとうございました。

今週水曜日です。皆さん、是非ご覧くださいね。

自分は録画の用意をしておきますョ。

【第279号】きょうだいのもつ悩みと支援
今日、りょうまがお世話にっている、施設Bの記念式典があった。
そこで映された、戦後から現在に至るまでの、施設での歴史を知ることができる映像。
日本の障害者福祉の動きと、連動するものを感じる映像だった。

で、本当はこの式典に最後までいたかったのだが、30分程度参加し、外に出る。

そのまま、第三京浜を車で飛ばして、川崎に向かう。
県社会福祉士会支部会に参加する為である。

今回は全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会の田部井会長のお話で、
「きょうだいのもつ悩みと支援」というテーマ。

とかく当事者に向けられっぱなしになりがちであるが、
きょうだいへのサポートは、やはり必要なんだよなぁと、実感できる内容だった。

そんなこんなで、そのあとは仕事。

バタバタな週末。


りょうま、明日迎えに行くからね。

【第278号】圧倒・刺激の新年会
昨夜、(私が参加していいのだろうか・・・)と思ってしまうような新年会に参加させてもらいました。

参加者のそれぞれの方々が、単独で講演会の講師をしておられるようなそうそうたるメンバー。
実際、私が数か月前、セミナーで参加した講師の方をはじめ、過去にも講演会をお聞きした方もおられました。

ただただ、圧倒。凄い刺激を受けてきた訳です。

でも、よ?く考えると、私をこの新年会にお誘いいただいた、Yさん(今回は匿名にしておきます)は、日本一有名な自閉症者のお母さん。もう慣れてしまって当たり前のようになっていますが、そんな方の側にいられること自体、贅沢な話なのですよね。


すべては「人」。

今後も積極的に、「人」にお会いしたいと思った夜なのでした。


【第277号】横須賀&町田にて
土曜日、横須賀に行って来た。
就労支援者のための合同相談会「仕事にチャレンジ!」というもの。
特例子会社をはじめ、4組の障害者就労を行なっている企業の方のパネルディスカッションのプログラム。
大変興味深かったので、参加したのである。
            1328.jpg
こちら横須賀市総合福祉会館。へぇ?横須賀には、こんなに立派な福祉会館があるんだ・・・


       1329.jpg
内容に関しては、う?ん・・・???特に感想というものは無いなあ。
理想と現実の間には、多くの壁があることを再認識。でも、これが現実。
自分も企業に就労しているわけで、企業側の立場に立つと、仕方がないことかもしれない。
でも、何か考えなくては・・・。


ということで、そのまま今度は、町田へ。
相模原のおやじの会に参加だ。
こちらは、時間を忘れるぐらい、楽しい会。
何なのだろう?本当に不思議な空間である。

そんなわけで、終電の酔っ払いは、家路についたのである。


【第276号】徹之さん、おはようございます!
年末の出来事。


自分は通勤途中の小高い丘にある、いつもの坂を下りかけていた。

50mくらい向こうの坂の下から、マスクをつけた男性が歩いてきた。

その男性、近づいてくると聞き覚えのある声で何かつぶやいている、少し左右に体をを揺らしながら歩いて来る。

そして見覚えのある顔。

(あっ、明石徹之さんだ!)

川崎市の公務員である自閉症の明石徹之さんは、昨年春からこの丘の動物公園に職場が変わり働いているのだ。

091228_081344.jpg


5m手前で、徹之さんを見つめ、笑顔で

「明石徹之さん、おはようございます!」と自分。

すると、徹之さんも立ち止まり、自分を見て、

「お・はよう、ございます。  お・はよう、ございます。」

と2回大きくはっきりした挨拶をしてくれました。

なんて、気持ちのいい挨拶でしょう!!

年末のバタバタも、徹之さんの元気な挨拶で、もともと元気な自分が更にパワーアップされたのでした。


ありがとう、徹之さん!!



【第275号】記念すべき切り番『50万番』はもうすぐです!!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     ついに記念すべき   50万番    が近づいてまいりました!


ぜひ、狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、

HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)

【第274号】東大にて成年後見制度を学ぶ
今日、午前中東京大学構内で、みっちり3時間成年後見制度について学んできました。
3時間という時間を感じさせない講師の宮内康二先生のお話。

3年前、社会福祉士取得の際に試験勉強として学んだあと、昨年9月に白梅大学の堀江まゆみ教授の講座を聴き、時間が少し空いた今回。
あらためて勉強しなおせた感じです。

1321.jpg
                 ↑ 東大赤門

成年後見制度に関しては、私が今一番学びたい分野の一つ。
この分野に関しては、どんどん知識を蓄積したいのである。
【第273号】素敵なブックカバーです。
2010年「国民読書年」・・・・って知ってました??

と言う訳ではないのですが、今年はスキマ時間で、バンバン読書をしてゆきたいです。(これは5%の可能性の方ですね・・・)

で、この写真(↓)をご覧ください・・・って本の方じゃなくて、ブックカバーにご注目を!!

地元の福祉作業所で注文してもらっており、年末にできました。

自分の姉が、ちょっと関わっておりまして、姉経由での注文です。

1319.jpg

温かみがあるでしょ?
知的障がいを持つ方の完全な手作り、オーダー品です。
なんて素敵なブックカバーなんでしょう!

1320.jpg

あまりにも自分が喜ぶ姿を知ってなのか、姉がプレゼントしてくれました。

姉貴、サンキュ!(それにしても、このブックカバー、嬉しいなあ。。。)
【第272号】「自閉症:感情の神経機能低下が関係」 のニュース
たしかに、一歩前進ではあるのだが・・・。

自閉症:感情の神経機能低下が関係 脳断層撮影で浜松医大   (1月5日毎日新聞より抜粋引用)

 自閉症患者の脳では、感情などをつかさどる神経が十分に機能していないことを、浜松医科大などが陽電子放射断層撮影(PET)を使って初めて明らかにした。自閉症の治療や予防に役立つ成果として注目される。5日、米専門誌「精神医学アーカイブス」に発表した。
 自閉症は発達障害の一つで、「相手の気持ちが読めない」「自分の気持ちを伝えられない」「強いこだわりを持つ」などコミュニケーションや社会性の低下が特徴。程度や症状には幅があるが、小学生以下では50?100人に1人の割合で患者がいると推定される。原因は特定されておらず治療法もないため、「育て方が悪い」などの誤解が今も根強い。
 研究チームは、18?26歳の男性自閉症患者20人と健康な男性20人の脳を、研究目的に限定した専用のPETで撮影した。分析の結果、感情などを伝える「セロトニン神経」内部で、神経伝達物質のセロトニンを取り込むたんぱく質の働きが、患者の脳全体で健康な人より、平均で3割低くなっていた。中でも他人の気持ちを推し量る部位などでの機能低下が目立った。
 自閉症の原因については、関連する遺伝子が複数指摘されており、チームはこれらの遺伝子の異常が、今回分かった神経の障害を起こしている可能性があるとみている。
 チームの森則夫・浜松医科大教授(精神神経医学)は「自閉症は育て方とは関係なく、神経に障害が存在することが明確になった。治療・予防につながる標的が見えた意味は大きい」と話す。


自閉症の人の脳、感情をコントロールする神経が十分機能せず 浜松医大など研究チーム
                                       (1月6日FNNニュースより抜粋引用)

自閉症の人の脳は、健常者の脳と比べて感情などをコントロールする神経が充分機能していないことが、浜松医科大学などの研究チームが行った脳の断層撮影で明らかになった。
研究チームは、脳内の物質を撮影できるPET(陽電子放射断層撮影)と呼ばれる方法で、自閉症の男性20人と健常者20人の脳の撮影を行った。
その結果、自閉症の人は、セロトニン・トランスポーターと呼ばれるタンパク質が、脳の感情などをコントロールする部分で、健常者よりもおよそ30%低下していたという。
チームでは、「今回、自閉症の『障害』を画像で明確にできた。今後、セロトニン神経の働きを修復する方法が見つかれば、自閉症の予防や治療につながる可能性がある」と話している。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00169484.html⇒(動画あり。期間限定?)


セロトニン神経の働きを修復する方法が見つかるまで、どれくらいの期間がかかるのだろうか?
まだまだ研究段階であり、一喜一憂するニュースではないと個人的には感じる。

今は、むしろ、自閉症という障がいを社会が認め、共生できる社会づくりの方が絶対的に重要であろう。

【第271号】「?便りは風に乗って?」を更新しました
毎年、年始恒例の更新、「?便りは風に乗って?」。

皆様から昨年1年間で「そよ風の手紙」に届いたメールの一部をご紹介させて頂くコーナーです。

その「?便りは風に乗って?」を、先ほど更新いたしました。


頂いたメールになかなかお返事ができず、お返事しないままこちらでご紹介させて頂いた方もおられます。
申しわけございません。

引き続きお返事できない状態が続くと思いますが、届いたメールは必ず拝見しております。


過去のメールをあらためて拝見し、

自分のやってきたことは間違いではなかった。。。と、心から感じています。

そして、何よりも、皆様の言葉に元気を頂きました。

本当に“感謝”の言葉以外見つかりません。



皆様、あらためて、ありがとうございました。



2010年。良い年にしましょう!!


※「?便りは風に乗って?」は、こちらです⇒http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/newpagetayori.htm

【第270号】あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。

今年も、ドタバタなそよ風親子を、よろしくお願いいたします。

1311.jpg
 今、りょうまと地元の神社に初詣した帰り道での、富士山のショットです。 パチリ☆

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。