続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
200909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200911
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第230号】いよいよ、明日から『ぼくうみ』名古屋にて!
映画『ぼくはうみがみたくなりました』

10/31(土)?11/20(金) 名古屋・シネマスコーレにてモーニングショー(朝10:00?)決定!!

■名古屋

シネマスコーレ
愛知県名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/
TEL:052-452-6036

10/31(土)?11/20(金)
モーニングショー 朝10:00?
★映画館窓口で前売り鑑賞券(1200円)発売中


名古屋近辺の方、この機会をぜひお見逃しなく!!
スポンサーサイト
【第229号】きらっといきる、再放送は明日!
『きらっといきる』10月23日放送の、

「僕、空気読めないんです・・・?自閉症・中村徹さん?」

見逃してました?!

NHK教育TVで、明日10月30日(金)13:20?13:50に再放送されるそうです。

【内容】
神戸市の中村徹さん(26歳)は自閉症。現在、音楽大学で作曲を専攻している。中村さんは相手の気持ちを察することが苦手。“うそ”と“冗談”の区別もつきにくい。大学の友人といるときに、突然話の流れに関係ない発言をしてしまい「場の空気を読めない」と言われたり、“勘違い”からけんかになってしまったり。秋の発表会に向けて、自分が作った曲を演奏してくれる人を探すことになった中村さん。はたしてうまくいくのか?


今回は、録画して観ま?す。


【第228号】切り番さん48万番をUPしました!
切り番さんの贈り物48万番さんを先ほどUPしました!

今回ゲットされたのは、あの方!

さて、どなたなのでしょう?

宜しければ、HP「そよ風の手紙」をお訪ねくださいね。


【第227号】座間キャラバン隊の活動(首都圏ネットワーク放送)
NHK総合TV首都圏ネットワークで10月22日に放送された、「障害への理解を 母親キャラバン隊」。すでに放送の情報が入っていたのですが、今日録画した放送をようやく観ることができました。

『座間キャラバン隊』の活動。スバラシイです。

キャラバン隊の中心として動く、幸田啓子さん。
お母さんを力づけてくれる「ありがとう」という言葉。
ダウン症の娘(まどか)さんが教えてくれた、たった5文字ですが重みのある素敵な言葉です。

学校での子どもたち向けの特別授業。
障がいのある人の気持ちを体験で分かってもらうものです。
言葉のわからない世界に行ったときにどう感じるか、
手袋をはめて折り紙を折ってもらったり、
すごくわかりやすく、ストレートでとても良いと思いまいた。

そして、何よりも、お母さんたちが明るい。

ぜひ、陰ながらですが、応援したいですね。

とにかく、愛のあるステキな放送でした!!
【第226号】スクールソーシャルワーカー(SSW)とは何か
今日は、社会福祉士会の地元支部にて「スクールソーシャルワーカー(SSW)とは何か」という例会があり、参加してきた。
SSWに関しては、現在のりょうまには直接関係なさそうな内容ではあるが、社会福祉士として自分に関係あるものだけを知れば良いものではないと考えている。今は様々なものを知り、吸収したい。

SSWとは、発達障害、いじめ、不登校、虐待、経済的な問題など家庭や学校における保護者や子どもが抱える問題に対して専門的視点に立ち、医療機関とと連携・仲介を行い、子どもを取り巻く環境の改善をする専門家のこと。

あまり喜ばしいことではないのだが、SSWのニーズは高まっている。それだけ子どもたちを取り巻く環境は、時代とともに厳しいものになっているのだ。何とかしなければならない。
一方、そのニーズと反比例したSSW職の不安定なその待遇の悪さは、日本の福祉職全般に言えることであろう。
潜在的に資格者の中には、このような仕事に就きたいという意思を持った多くいるのだ。
しかしながら、日本の福祉職全般の待遇の悪さは、そのような志を持つ、真に能力を持つ人間にさえ、その職に就くことを躊躇させているらしい。残念である。

とにかく、このような会に参加するたびに刺激を受ける。

これからも貪欲に様々なものを、知りたいと思うのである。

【第225号】週刊自閉症ニュース配信延期のお知らせ
10月23日更新予定だった週刊自閉症ニュース108号は、諸事情により配信を延期いたします。

アクセスいただいた皆様、申し訳ございません。

※ なお配信予定日は、10月24日以降となります。


*************************************************************


⇒  10月24日朝、配信完了しております!!

   (ひとりごと)週中に宿泊出張が入ると厳しいなぁ・・・・。



【第224号】1歳になった日
一年前、ぼくは一度死んだはずでした。

一年前、ぼくは再び生まれました。

1240.jpg


それから一年間、がむしゃらに走り続けました。



そして、ぼくは今日、一歳になりました。

10月20日は、ぼくにとって、とても大切な誕生日です。



ぼくをこの世に残してくれた意味。

ぼくがここに存在している意味。

もう一度かみしめて、歩んで行こうと思います。



そう、偶然に生かされたこの命。

いつまで生かされるかわかりませんが、忘れずに走り続けたいです。

1239.jpg

【第223号】みずほストリートギャラリー
みずほ銀行の銀座中央支店のウィンドウディスプレイ空間に、銀座の目抜き通りを飾る「MIZUHO STREET GALLERY」を実施している新聞記事を見た。

展示:自閉症者が絵画、個性あふれる3点??銀座のショーウインドー /東京
                                 【毎日新聞10月16日の記事より抜粋引用】

 自閉症の人たちが描いた絵画が、中央区・銀座の目抜き通りのショーウインドーに飾られている。カラフルな魚を描いたクレヨン画など個性あふれる3点が並び、買い物客らの目を楽しませている。

 銀座通りに面した、みずほ銀行銀座中央支店(中央区銀座1)の「みずほストリートギャラリー」で展示中。同行が旧富士銀行時代の90年、CSR(企業の社会的責任)の一環としてガラス張りの展示スペースを設けた。

 これまで若手芸術家の作品を紹介してきたが、今年8月からは、社会福祉法人・嬉泉(きせん)(世田谷区)に依頼。嬉泉が運営する自閉症成人施設「袖ケ浦ひかりの学園」(千葉県袖ケ浦市)の芸術家集団「アトリエAUTOS(アウトス)」の絵を飾っている。

 AUTOSの作品は国内外の展示会に出品され、多くの作品展で受賞するなど高い評価を得ている。同園の支援員、戸屋隆さん(61)は「自分たちの絵が銀座のど真ん中でたくさんの人の目に触れていることで、メンバーたちはさらに創作意欲をかき立てられているようです」と話す。

 来年3月末まで展示予定で、1月に作品を入れ替える。

銀座に予定があったら、ちょっと、みずほ銀行の前を通ってみたいね。

【第222号】障がい者福祉法(仮称)攻略講座
今日午前中、平塚で、障がい者福祉法(仮称)攻略講座なる勉強会に参加してきた。

民主党政権になり、長妻厚生労働相が障害者自立支援法の廃止を表明する中、
これからの動きを予測する中から、我々が今後どう動いてゆくべきかを探るものであった。

大変、勉強になったのと同時に、講師の方の興味深いお話で、あっという間の2時間。

参加して、良かったと感じるとともに、
これからも積極的に、このようなものに参加してゆきたいと思う。

そんなことを感じながらも、
帰りの東海道線の中では、元気な心とは裏腹に、午後から体調が下降気味の私なのでした。

【第221号】金シャチ
修学旅行最終日。りょうまは、楽しんでるかな???

今日は、金シャチを観て来るのか。。。

ちなみに、金シャチって、雄と雌なんだって。
これって名古屋では常識?
知らなかったョ・・・。^^;
【第220号】今日から修学旅行
りょうまは今日から中学部の修学旅行に出かけました。

2泊3日です。

楽しんで来いよ?!!

【第219号】ぼくうみ、名古屋と新潟でロードショー決定!!
やりましたね?!

映画「ぼくはうみがみたくなりました」のロードショー。

恵比寿が終わり、名古屋新潟でのロードショーが決定いたしました?!!

愛知県および新潟県の方々、ぜひ劇場に足を運んでくださいね。

詳しくは、こちらをどうぞ⇒http://homepage2.nifty.com/bokuumi/
【第218号】ポストに届いた、素敵な便り
3年前、知的障害者福祉施設で現場実習をした際、交流のあった利用者の方から一通のお便りが届きました。

        1230.jpg

利用者の方が一生懸命描かれた、素敵な絵。

とても嬉しく、心が温まりました。

連休でお返事を書こうと思います。
【第217号】人々に支えられて
昨日午後から休暇をとり、りょうまの手続き関係で様々な方面を走り回っていた。

で、その理由の一つは、この日りょうまの定期カンファレンスがあったことも含まれる。
これはいわゆる、りょうまに関わる各方面の関係者方々が集まり、様々なことを話し合うものである。
中身の濃い話し合い。父親としては、こうしたチームによるサポートを、本当にありがたく感じている。
そして、ネットワークの重要性を感じるのである。

やはり、人々は支えあって生きている。
特に我々親子は、人一倍周りの方々に支えられているであろう。

こうして、そよ風親子が支えられている分、
自分も自分のできる力の範囲内で、人を支える力になりたいと常々感じるのである。

【第216号】ひとまず安心だが・・・
りょうまは、大丈夫でした。。。

先生の1日も早い回復を祈っております。

【第215号】新型インフル
いよいよ身近に・・・心配です。
【第214号】TV番組のお知らせ
シンガーソングライターのうすいまさとさんより、TV番組の情報を頂きましたので、お知らせいたします。

友人の友野龍士くんアメリカツアーの番組、放送日が決まりましたのでお知らせします。
彼は知的障害がありますが、プロの和太鼓奏者として自分らしく輝いています。素晴らしい番組になる事間違いありません!
たくさんの人に見ていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

うすいまさと

NHK教育TV

番組名 「福祉ネットワーク」
本放送 10月6日(火)20:00?20:30 NHK教育テレビ・全国放送
再放送 10月13日(火)13:20?13:50    同上


今回は、龍士くんだけのお話ではなく、仲間の太鼓奏者たちも一緒に行きました。障害のあるなしを越えて同じ太鼓グループの仲間として公演をする姿をアメリカの人たちに見せるというのが旅の目的です。
さまざまな場所を訪れ、演奏活動をしていく龍士くん&亮太くん(JBFの盲目の彼です)のようすを中心に、彼らがその途中で見るものや出会う人々を通して、「太鼓を通して、障害のあるなしや国・言葉・人種の違いを越えて、人と人とが繋がりあう」ということを感じてもらえる内容になっています。


放送は来週火曜ですね。
友野さんの和太鼓演奏の姿は、パナソニックセンターでの画像で見たことがあります。
凄く迫力があり、一生懸命太鼓を叩く姿が印象的でした。
是非、今回のTVの方も、見てみたいと思ってます。

【第213号】進行する認知症
我が家には、息子のりょうま以外にも、2人の障がい者がいる。

一人はりょうまのじいちゃん、もう一人はりょうまのばあちゃんだ。

最近、りょうまのじいちゃんの認知症の進行度が目に見えて進んできたように思える。


今日は、その2人の病院での診察日。
そんなこともあり、私は今回仕事を休み、同行することにした。

医師に現在の情報を正確に伝えること、そして相談するためだ。

今を悩むより、未来に向けて考えよう。
今自分が出来る最大限の動きはしたいと思う。

明日は明日の風が吹くのだ。
私?もちろん負けるわけがありません。^^

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。