続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第162号】自閉症ワールド レポート(Vol.20=最終編)
自閉症ワールド レポート(Vol.20=最終編)
≪4月5日本番当日≫

【リハーサル】
本番当日の朝を迎えた。週間予報での雨の予報も跳ねのけ、天候も大丈夫だ!

ついに、この日を迎える。あとは、もう頑張るしかない。

会場にはほぼ1番乗りだった。市民プラザの方に挨拶をし、いよいよスタートだ。
その日は朝からバタバタしていた。
おやじの会のNさんには、自分と同じく朝の早い時間帯から、大きな力を頂いていた。
その後、すぐにぼくうみのスタッフの方たちが予定どおり、プロジェクターの搬入とセッティングを始めた。この時点で、山下久仁明さんも会場入りしていた。
うすいまさとさんには、会場入りの場面からNHKのカメラがはりつき、
山下さんと明石さんのぶどう社さんからの本の搬入。受付のセッティング。
パナソニックからはCD販売のスタッフも加わる。

同時に、朝からリハーサルがはじまった。

うすいさんの音声チェックと同時に、ぼくうみのプロジェクターチェックが始まる。

うすいさんのリハーサルの模様。
これは、うすいさんの後ろにぼくうみの黄色いステップワゴンが写っている貴重な1枚!
1110.jpg

舞台袖では、プロジェクター投影用のパソコンのチェックが同時進行で行われる。
第1部の明石洋子さんの操作は明石邦彦さん。第2部のうすいさんの操作は、町田のつくしんぼ(山下さんのところ)の職員の方が行っていただくこととなっていた。(本当に感謝です!)
そしてプロジェクターを借りていただいたのは、ぼくうみ関係者の方なので、本来であれば第3部に集中して頂くはずのそのぼくうみスタッフの方々にも大きな力を頂いたのである。(ありがとうございました!)

1111.jpg

そう、このイベントは3部に分かれていたが、個々では決してできない、全ての力が結集してできるイベントなのです。

しばらくして、主催の川崎市自閉症協会のスタッフの皆さん、おやじの会のメンバーも続々と到着。
手際の良い準備と過去のノウハウを最大限に発揮していただいた。
そう今回の主幹はあくまでもおやじの会であるが、主催は協会自身。
母親の皆さんのサポートなしでは決してできない。
本当に感謝したい。この日1日、自分自身はバタバタ動き回っていたため、その感謝の気持ちを述べる場面がほとんどなかった。あらためて、この場からも感謝したい。
もちろん当日手伝ってくれたおやじの会のメンバーやどうしても都合がつかず、来れなかった父親にも感謝したい。

【受付スタート】
いよいよ受付がスタートした。
会場にはこの日を楽しみにしてくれた、多くの方たちが入場してゆく。
自分は会場内の打合せを含め、ほとんど中にしかいることができなかったのだが、受付にも時折顔を出した。
わざわざ、この日、この時間に、この場所に集まって頂いた方々に、少しでも挨拶をしたかった。
決して交通の便がいいとは言えないこの場所に、500名という方々が、わざわざ足を運んでくれる。
本当に嬉しく、感慨深いものがあった。
今までの、数か月にわたる準備が、走馬灯のようにめぐる気がした。


【本番スタート】
会場は500名の満席。埋め尽くされていた。
MCである自分。
ど素人の自分。
下手くそでも、ハートの部分だけはプロには負けないつもりで頑張ろう。
舞台袖で、
第1部の明石洋子さんと徹之さんの姿を見守る。
時折、聞こえる観客席からの和やかな笑い声。
徹之さんの、一生懸命に文章を読む姿。感動した。

第2部のうすいまさとさん。
途中でぼくうみの打合せが入り、袖に入られない時間もあったが、脳の歌の演奏中は、MCであることも忘れ舞台袖でも一緒に乗ってしまった。^^;
うすいさんの最後の曲にはサプライズが隠されていた。
山下久仁明さんには内緒だったのだが、うすいさんから最後に山下さんへ贈る曲が用意されていたのだ。
自分と明石さんにはあらかじめその事を知らされていた。
もちろん、山下さんにはそのことは知らされていない。
舞台袖で、その曲、その歌詞を、じっと聴いた。
それを聴いていたら、心から込み上げてきた。
1112.jpg
うすいさんから山下さんへの花束贈呈。
もう、普通には見ていられない自分がいた。
その日、その場に立てたことに感謝した瞬間でもあった。

第3部の映画ぼくはうみがみたくなりました。
上映前に、山下さん、福田監督、大塚ちひろさん、伊藤祐貴さん、の舞台挨拶があった。
自分はMC。ここは特に気を遣った。
この日、ぼくうみは舞台挨拶を含め作品なのだ。
プロデューサーやスタッフを含め、その気持は自分には十分伝わっていた。
何とか、舞台挨拶も終わり、上映が始まる。
映画はほとんど、前半は観ることができなかったが舞台袖から最後の半分を観ることができた。
やはり感動した。
ぼくうみは、やはり多くの方々に観てもらいたいと思っている。
これからも応援し続ける気持ちでいっぱいになった。
映画が終わったたあと、自閉症の当事者のお子さんたちからの山下さんたちへ、花束贈呈があった。
この姿にも、MCをしながら感動していた。

最後に思わぬプレゼントがあった。
おやじの会全員が舞台上に上がり、明石洋子さんから感謝のお言葉を頂いたのだ。

こうして4月5日のイベントがひとまず終わった。

【ロビーにて】
でも、終えた後のロビーで、様々な方々から、お声をかけて頂く。
実は「そよ風の手紙」から来て頂いた方は多数おられたのだ。

1113.jpg
  Sさん、花束をありがとう!
1114.jpg
息子さんの作業所のお菓子のお土産美味しかったです!仙台のみかわさん!

様々な無理をお願いしてしまったSUZUさん親子。すみません。
群馬からご夫婦でいらしていただいた、K夫妻。嬉しいです。
埼玉からいらしていただいたYさん。父子家庭で頑張られているSさん。
その他にも、このそよ風を通して、多くの皆さんにいらしていただきました。

残念ながら、ご挨拶さえも出来なかった方々も沢山いたのです。
この場を借りて、みなさん、あらためて有難うございました。


【出演者を囲む会】
イベント後に行われた、出演者を囲む会。
ここでも多くの方々とお会いすることができました。
貴重な出会い。これから先、長いお付き合いになりそうな方々と出会いました。
1115.jpg

自分にとっても、2009年4月5日は、忘れられない1日になったのは間違いありません。


その後、山下久仁明さんと終電前まで“さし”で飲みました。
山下さんお疲れ様でした。
そして、これからも応援を続けます。



本当に全ての方に感謝したいです。

皆さん、本当に、本当に、ありがとうございました!!


これからも、全国各地で(いいえ世界各地で)の様々な動きにより、自閉症をはじめとした発達障害への正しい理解と支援が、少しずつでも得られてゆくことを信じています。



自閉症ワールド レポート  < 完 > 。

スポンサーサイト
【第161号】心のプレゼントが届きました!
嬉しいです!

昨日、心のプレゼントが届きました。

まだ、お話しできませんが、7月の週刊自閉症ニュースで、
このプレゼントを皆さんにもお届けできると思います!

なんのこっちゃ?  と思われているかもしれませんね^^;

でもこれ以上は今はお話しできませ?ん・・・すみません。

とにかく、7月前半からの週刊自閉症ニュースをお聴きくださいね!

【第160号】小川典子コンサート&星野富弘展
明石洋子さんより、

6月21日(日)18:00開演で、ピアニストの小川典子さんのコンサートが行なわれるので、こちらで情報を流してもらいたいとのご依頼がありました。
つきましては、その内容を以下にご紹介いたします。

1106.jpg

ポスターにありますように、

ピアニストの小川典子コンサート
6月21日(日)18:00開演(場所:川崎市市民ミュージアム)、
入場料2000円を
販売しております。

このチケット(2000円)の中には同時に、星野富弘展の入場券(場所:川崎市市民ミュージアム9:30?17:00)、入場料500円が付いております。

こちらから(下記メール経由で)お申し込み頂いた方は、星野富弘展の入場券(500円)を更にもう1枚お付けするとのことです。


ご興味のある方は、soyokaze1117@yahoo.co.jpへメールをいただければ、お返事いたします。


【第159号】最高の御馳走
昨夜、9月に行われる予定のファミリーキャンプの実行委員会に参加してきた。
これは、東京おやじの会が主催のキャンプで、そよ風親子も昨年参加したもの。
とても素晴らしい企画だった。

今回は、一緒に計画段階から参加させてもらうことになり、その実行委員会が昨日都内で行われたのだ。
それはそうと、やはりそのあとの飲み会が楽しい。(こちらもメイン?)
やはり、居心地の良いこの空間は、最高の御馳走なのです。

【第158号】ひいちゃんパパさん
脳の歌のHPの署名欄の1番に、河上昌樹さんの名前を見かけた。
そう、ひいちゃんパパである。

(ちなみに、りょうま父は2番です^^;)

ひいちゃんパパとは以前、メールでやり取りをしたことがあり、また週刊自閉症ニュース(第88号)でもニュース記事を読ませて頂いた。http://soyokazenotegami.seesaa.net/article/118033347.html

そのことも含め、久しぶりにメールを送ってみた。

すると早速、ひいちゃんにっきのブログの中に、このことを取り上げて頂いた。
その記事がこちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/hiithan/diary/200905160000/

ネットワークって、こうやって繋がって行くんだよな・・・。嬉しいなぁ。。。

子どもたちの未来のために、障がいの種別や重さの違いを飛び越えて、みんなが力をあわせて行けたらいいなと思う。少なくとも、僕は、いつもそう思うのである。
【第157号】そよ風親子、再びTVに出ます!
 TV放送のお知らせです!


 5月19日(火)11:30頃?12:00
 NHK総合TV「こんにちはいっと6けん」(関東ローカル)の中で、

 我々、そよ風親子の姿を追った番組が、10分ほどの特集で放送されます。

 今回は、4月5日に川崎で行われた「ようこそ自閉症ワールド!」の場面も編集の中に盛り込まれているようです。

 皆様、宜しければぜひご覧ください。


【第156号】「脳の歌」を「NHKみんなのうた」へ
うすいまさとさんから、「脳の歌」のHPができた、との連絡がありました!⇒http://usuimasato-nou.noor.jp

「脳の歌」NHKみんなのうたに!との署名もありますので、是非皆さんの力で実現させましょう!


以下はうすいさんからのメッセージです。

2009年4月5日に発売しました「脳の歌」の反響が多くの方よりありました。
・この歌を聞いてもらうことで発達障害の啓発になる!
・この歌を聴くだけで元気になる!
・「NHKみんなのうた」で流してもらいたい!
など、本当に多くの声をいただき、「脳の歌」応援者のお力をかりて、
このたび【脳の歌HP】を立ち上げることとなりました。
視聴コーナーやライブ映像もご覧になれます。
そして、期間限定で
※『脳の歌』を【NHKみんなのうた】へ
の署名も行います。
掲示板に、みなさんの声を書き込んでいただき、
みなさんの想いをNHKへ届けてまいりたいと思います。
(署名期間2009年5月14日?2009年8月31日の予定)
応援どうぞよろしくおねがいいたします。

〇「脳の歌」応援HP
http://usuimasato-nou.noor.jp
?脳!脳!脳! みんな ちゃがうから いいんじゃない!?
『脳の歌』を【NHKみんなのうた】へ!の署名を行っています。
(署名期間2009年5月14日?2009年8月31日の予定)
リンクフリーです。

よろしくおねがいいたします。

うすいまさと

【第155号】切り番、46万番狙ってくださいね!
HOMEの『そよ風の手紙』のTOPページ切り番


     46万番    が近づいてまいりました。

今週中に到達すると思われます。

ぜひ今回は狙ってみてくださいね。

ゲットされた方は、HPの中の1コーナー「きり番さんの贈り物」にぜひご登場いただきたいと思いますので、
HPの中の「MAIL」より、ご一報くださいね(その際メールドレスの記載をお間違いないようお願いします。)


できたら、偶然ゲットされた方でも良いので、ご連絡いただきたいです。(ハイ)

お待ちしておりま?す。

【第151号】TV放送のお知らせ
3人の発達障害のあるお子さんを持つ、シンガーソングライターうすいまさとさん。

彼の30分ドキュメンタリー番組(発達障害啓発ライブや、お子さんとの日々の格闘の模様)が、
NHK教育TV 福祉ネットワーク(全国放送)で放送されます。


☆ 日時    2009年5月14日(木)20:00?20:29

             (再放送 5月21日(木)13:20?13:49)



皆さん、チェックを!


【5月13日追記】 おまたせいたしました!!そよ風対談(うすいまさとさん)第3編(最終編)をUPしました!!


【第154号】元気日記409号:キャップはめ作業
パソコン不具合のため、ホームページが更新できなくなりました!
復旧までの間、元気日記は、「続・父のひとりごと」の場をお借りします。



*******************************************


5月12日(火)午前2時、追記

ホームページ復活しました!

ここに載っていた「元気日記409号:キャップはめ作業」はこちらへ移動しました!

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/g409.htm


パソコンフリーズの原因は、XP SP3のWINDOWS UPDATE からのダウンロード。

セーフモードでも立ち上がらず、どうしようもなくなり、データーすべて消す羽目になりました。

諦めるしかないですね・・・。

XP SP3はダウンロード後、不具合が多いようなので、皆さん慎重に・・・。


怪我の功名か、ホームページのソフトを8年近く使っている、frontpage→ホームページビルダーに変更することができました。(やろうやろうと思ってから半年が過ぎていました)


ただでは転びませんョ?!

【第153号】今日は母の日
今日は母の日。

うすいまさとさんの『ママへ』という曲、ぜひ聴いてください。

そよ風対談?自閉症とともに?(2009春:うすいまさとさん第2編)の最後で聴くことができます。

とても素敵な曲です。

宜しければ、是非、お訪ねくださいね。。。


                      うすいまさと(歌う姿)


            
【第152号】そよ風対談(うすいまさとさん編)UPしました!
お待たせしました!

そよ風対談(シンガーソングライターのうすいまさとさん編)をUPしました。

宜しければ、お訪ねくださいね。。。


  http://soyokazetaidan.seesaa.net/category/6461038-1.html

【5月9日追記】 おまたせいたしました!!第2編UPしました!!
【第150号】自閉症ワールド レポート(Vol.19)
自閉症ワールド レポート(Vol.19)
≪いよいよ前日≫

【シールチケット】
500人という人。
ふるさと劇場からの出入りの度にチケットのチェックは困難である。このため衣服に貼りつけたシールによるチェックが必要と感じていた自分。で、サテンシールを使用することが決まった。
でも、それを作成するのは・・・・もちろん自分にその役目が回る
ええぃ!こうなったら作りましょう!!サテンシールの手配から、印刷、切り取りまで、やりました。
来場された皆様のお手元に渡された、手作り感のあるサテンシールは、自分の手作りです。(下手くそでスミマセン)
1094.jpg

【囲む会参加券】
こちらは、協会の母親の作成であった。私が気付かなかったところまで、気をまわして作成してくれたようである。(有りがたい)
1095.jpg

【でも弁当の用意も・・・】
とうとう本番が明日に迫ったが、それでも明日の出演者関連の弁当の用意が残っていた。。。
どうやらこれも、僕の役目らしい・・・。
でも、これって、誰でも出来ることでは?・・・(笑)
はい、こうなったら、何でもやりますョ?!
明日(4月5日)までは、ね。



こうして4月5日の本番当日を迎えるのである。。。



自閉症ワールド レポート(Vol.20)へ続く・・・


【第149号】自閉症ワールド レポート(Vol.18)
自閉症ワールド レポート(Vol.18)
≪イベント直前、でもバタバタなのです!≫

【出演者を囲む会を行おう!】
申込は、順調。このまま行けば、締め切り前に定員に達することは間違いなさそうであった。
特にネット申込みは、全国各地からの参加申し込みがあり、出演者の方たちとお話しがしたい等の希望も多数だった。
この情報はまず自分の所に入る。せっかく、全国各地から川崎まで足を運んでいただけるのだ
やはり、その方々に感謝を込めた会は必要であろう
もう、そんなこともあろうかと、自分の判断で、前もって会議室を確保しておいた。
ぶどう社の市毛社長からも明石洋子さんを通して、会の開催希望を頂いていた。
「イベント実行委員会会議」での承認を得て、この会が行われることとなった。
ネット申込みの方々には、あらかじめ、参加希望等を募る。
最終的に、50名近くの方が参加希望の連絡を頂く。
出演者を囲む会。楽しみである。

【プロジェクターに助成!】
さてさて、どうなるのか?プロジェクターの件。
3月23日、川崎市からのプロジェクター機材代の助成を頂けることになったとのメールが明石さんから届いた。
良かった?!C=(^◇^ ; ホッ!
さすが、明石洋子さん。常識では無理だと思いがちなことも、可能にしてしまう方なのです。
これで、予算的なことはクリアになる。もう、当日に向け突き進むのみだ。

とにかく、安心した。。。

【定員オーバーは許されない】
主催者である我々。自分が一番気にしていたのは、定員に達しないことより、定員オーバーの件であった。
我々は主催者である以上、予約した方がオーバーして会場に入れないなどということは、許されることではないのだ。イベントのプロではないから、オーバーして許される問題であるはずはない。
このことが一番ネックだと考えていた自分は、あらかじめまだ余裕のある時点で、会員による自主販売ストップの依頼をかけた。
が、ふたを開けてみると、ストップをされておらずその後も販売されている事実を知る。イベント主催者としての自覚不足に温度差を感じる。
遠くから来た方が、チケットを予約しながら、入れない・・・・。
そんなことは、何があっても許されない。

イベントを主催した以上、我々は主催者としての責任があるのだ!
今回は何とかするが、次回以降の主催される方のためにこの言葉だけは置いて行こう。


【ヒロキくんの卒業式】
3月29日。この日はヒロキくんの卒業式の日であった。
明石洋子さんとともに招待された自分。
川崎駅近くで待ち合わせした我々は、川崎市民プラザで「出演者を囲む会」に関してレストランの方と打ち合わせ後、R246を町田に向け下った。

明石さんとのドライブは楽しい。
ファンカーゴの中では、うすいまさとさんのサンプルCDが、「脳の歌」がリピートで絶え間なく流れていた。
明石さんと自分。
この「脳の歌」をファンカーゴの中で何度も何度も歌っていた。♪
「♪のう、のう、のう、みんな?、のう、のう、のう、ちがうから?♪」
ファンカーゴ中は、脳の歌のみ流れる、カラオケボックスと化した
明石さんと新保の合唱???
一種、異様な?風景である。^^;


おさんぽいってもいいよぉ。(^?^)に、レインボーおやじさんが書かれていた言葉。

声をかけさせて頂いたのは。。。
まずは、赤ん坊の頃から中学を卒業するまでに、ヒロキくんが直接お世話になった方たち。
次に、ヒロキが一緒に過ごしたつくしんぼの仲間たちとその家族。
そして、この3年間、私と私の家族を応援して支えてきてくれた方たち

この中のメンバーに入れてもらえることがとてもうれしい。

会場で、「ぼくうみ」の福田是久監督と挨拶。以前山下さんを通してお会いしていたFEDHANのメンバー方にも挨拶をした。また当日は、NHK東京放送局のM記者やぶどう社の市毛社長にもお会いした。

1090.jpg
素晴らしい卒業式であった。

ヒロキくん、卒業おめでとう!

地下駐車場に、明石さんとともに向かうと、ぼくうみの黄色いステップワゴンが!
もちろん、明石さんからの指令?(笑)があり、記念撮影をした、我々なのです。
1087.jpg1088.jpg

【ニュースウォッチ9】
4月2日は「世界自閉症啓発デー」。
この日、なんと自分とりょうまの映像がNHK全国放送の“ニュースウォッチ9”に流れることが決定した。それが決まったのは、3月末のことであった。
でも、自分たちでいいのかな?どんな編集になるかは全く分からない。
そんなことも考えながら、放送当日、朝のテレビ番組欄を見ると、「自閉症の子の育児に理解を…孤立する母をどう支える」というタイトル。
1091.jpg


放送後、メールが一気に次から次へ。。。
収拾がつかなくなる。

これがテレビの力か・・・。思い知らされた。。。


いよいよ、本番の4月5日はもうすぐだ。



自閉症ワールド レポート(Vol.19)へ続く・・・


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。