続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
200810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第81号】娘は…自閉症 ある家族の闘い 600日
TV番組のお知らせです。

「NNNドキュメント’08」

娘は…自閉症 ある家族の闘い 600日

2008年11月16日(日)25:00? 55分枠 (日本テレビ系列、全国30局にて放送)

千葉県の保育園に通う女の子(6)は自閉症。不快感を抱いたり不安になると、耳を塞ぎ伏せてしまう。しかし指示されれば、遊びに加わることも手伝うこともできる。両親は、識字や記憶する力を持つ娘を可能であれば通常学級に通わせたいと、就学先の候補6校を選び見学を申し込んだ。しかし市側は、学区内2校の見学しか手配せず「学区外には入学できない」と嘘をついた。そこには自閉症の子を受け入れる体制が整わない学校現場の現実があった。家族が直面する問題と、少女が紆余曲折の末「特別支援学級」に入学するまでを見つめた。

番組HP→http://www.ntv.co.jp/document/



この番組はたぶん、今年2月に放送された、報道特捜プロジェクトという日本テレビ系列の番組『密着300日 自閉症児を抱えた家族の闘い』の続編かな?とも思われます。

ちなみにその時の私のコメントは、→「父のひとりごと:898号」です。
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。