続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第68号】『そよ風対談』を立ち上げました
HP『そよ風の手紙』の新コーナーとして、

音声ポッドキャスト番組『そよ風対談?自閉症とともに?』を立ち上げました。

自閉症にかかわる方々への、スペシャルインタビューの音声ポッドキャスト(完全保存版)です 。

すでに週刊自閉症ニュースの中で特別番組として配信済みですが、ゲストとの対談番組です。
不定期配信になりますが、永久保存版として、何年後までも残る対談番番組にして行きたいと思います。
現在は、春(半年前)に配信済みの、映画「ぼくはうみがみたくなりました」の山下久仁明さんとの対談の前編を再配信しております。
こちらは、前・中・後編の3編で構成され、1つのポッドキャストは約20分です。
3週にかけて1週ごとに、前・中・後編の順番で再配信の予定です。

お聴き逃しの方や、あらためてお聴きになられる方、
いつでもどこでも、何分ずつでも聴くことができますので、よろしければぜひお訪ねくださいね。

また、10月中旬からも、秋の特番として新たなゲストとの対談を配信予定です。

こちらも、ぜひ楽しみにしていてくださいね。
              そよ風対談

スポンサーサイト
【第67号】母親を本当に責められるのか?
福岡でまた悲しい事件が起きてしまいました。


幼い命と母の人生。



誰も、2人を救ってあげられなかった。

きっと、母親はSOSを出していたはずなのに。

誰も、2人を救ってあげられなかった。

なぜ、周りの人たちは、救ってあげられなかったのだ。



TVに出てくる司会者やコメンテーターの無責任な発言。
ネット上での、卑劣な書き込み。
所詮は、母がそこまで追い詰められた苦悩や背景など何も分からないのに、
ただ責め、ただきれいごとを並べ、他の凶悪事件の一つと身勝手な発言をするだけ。

それは、表現の自由を履き違えた、言葉の凶器と変わらない。



もちろん事件は絶対にあってはならないこと。
人の命を奪うことは、何があろうと、だれであろうと、どんな理由があろうと、絶対に許されないこと。
そんなことは分かっている。

でもその前に、母子の周りにいる人が、このような事件を起こさせてはいけないのです。


あなたの周りを見渡してください。

話を聞いてあげることはできませんか?

的確なアドバイスはできないかもしれない。
でも、話を聞いてあげるだけでいいこともあります。
とにかく真剣に聞いてあげてほしい。


そして今、お子さんのことで悩み苦しんでいる親御さん。

まずは身近な誰かに、その苦しみを、その悩みを、そのことを伝えてください。

とにかく伝えてください。

一人で悩まないで、一人で抱えないで、その胸のつかえを、不安を打ち明けてください。


私も含め、発達障害のお子さんを持つ多くの親御さんが、同じように悩んで、
過去にその道を通り過ぎてきました。
決してあなただけではないのです。
今は苦しいかもしれない。
でも、その苦しみの先には、必ず道は開けてきます。


周りに親御さんの先輩がいれば、その方に苦しみを打ち明けてみてください。
心を許せる友人が親、兄弟姉妹がいれば、その方に苦しみを打ち明けてみてください。
そういう人がいない場合、発達障害者支援センター、地域の療育相談、児童相談所などに、相談してみてください。

心からお願いします。

安心してください。
あなたは一人ではないのです。
【第66号】一つのコラムから
毎日新聞東京版に「ネコのあくび」というコラムがあります。
このコラムを書いているのは、同社記者であり自閉症のお子さんの父親でもある、野沢和弘さん。
私はこのコラムが結構好きです。

先日、その「ネコのあくび」の中で、東京の知的障害者本人の会である「さくら会」について触れられていました。
その中に、8年前に事故で亡くなられた、さくら会の元代表「高坂茂さん」というお名前を発見します。

そんな中、ぼくうみの山下久仁明さんよりメールをいただき、高坂さんに関して情報をいただきました。

高坂さんと山下さんとは、飲み仲間だったようです。
高坂さんは、町田市障害者青年学級というところのメンバーでを経て、さくら会を立ち上げました。
クリーニング会社に勤務していて、その給料で親を支えていらしたそうです。
結婚の約束をする彼女もいたそうです。
1990年代の後半“精神薄弱”という単語を“知的障害”に変えたのも、実は高坂さんの力が大きかったとのこと。NHK経由で、厚生省を動かしたエピソードもいただきました。
そんな中、勤めていたクリーニング会社の洗濯ドラムに巻き込まれる事故が起きます。
山下さんは病院にも行き、見守られたそうですが、
・・・結局、意識を回復されなかったそうです。
このエピソードを教えていただいたとき、私は胸の中より何かこみあげてくるものを感じました。

知的障害の当事者でもあった、高坂茂さん。
なんてすごい人だったのだろう。。。
本当に、心からそう思うのです。

高坂さんとは一度もお会いすることはできませんでしたが、私の中には刻み込まれました。

コラムの中では、お名前だけで通り過ぎてしまいそうでしたが、情報をいただいたことで、この方のほんの一部でしかないと思いますが、大きな功績や前向きな生き方を知ることができた気がします。

山下さんに感謝です。

今回「週刊自閉症ニュース第60号」の中でも、高坂さんについて触れさせていただいております。



【第65号】きり番(41万番さん)をUPしました!
『そよ風の手紙』の1コーナー「きり番さんの贈り物」の41万番さん昨晩UPしました

今回は、どのような方がゲットされたのでしょう!?

よろしければ、『そよ風の手紙』をお訪ねくださいね。


【第64号】キャンプの写真です!
元気日記375号で書いた、山中湖2泊3日のキャンプの様子です!

     1日目

                     表札できたよ!
                     表札作りでできた表札、でも鼻の下はひげ状態^^
                 ジャム作り
                         ジャム作りです!(美味しそう!!)
                 ナイトハイク
                           ナイトハイクでのりょうまです。
                 熟睡中
                            熟睡中(すこし疲れたかな?)
     2日目

                 すごい大人っぽい表情!
                  これからトレッキングです(なんか大人っぽいなぁ・・・。)
                 山中湖をバックにニコニコ
                         山中湖をバックに、ニコニコです^^
                 イイ眺めだなあ
                              イイ眺めだなあ 
                      ペチャンコサンドウィッチとりょうま
                         ペチャンコサンドウィッチとりょうま
                  おーい走るなよ^^;
                               おーい走るなよ^^;
                 クマ出没!?
                               ゲゲッ、クマ出没??
                 BBQの様子
                        BBQでは彼なりに楽しんでいましたョ

     3日目

                 カヌー体験1
                            よーし、カヌーに乗るぞ?!!
                      カヌー体験3
                         って、何で寝ころんでるんだぁ?!!
                      カヌー体験2
                       自分でオールを漕げずも、この表情(満足)
                 カヌー体験4
                               楽しかったね?!!


以上、9月13日?15日で行われた、山中湖でのキャンプの写真でした!
【第63号】発達障がい関連のTV放送のお知らせ
テレビ番組のお知らせです。

5月に放送された、NHK教育テレビ、クラスメートは「発達障害」の再再々放送のお知らせです。

本日(9月13日(土))放送です。見逃された方はぜひご覧ください!

9月13日(土) 14時30分?15時 NHK教育テレビ『土よう親じかん』という番組の中で、

クラスメートは「発達障害」というテ?マで放送があります。

【内容】
番組ホームページの「書きこみ板」には発達障害の子どもを持つ親御さんたちから学校生活への不安や不満が次々と寄せられています。「コーディネーター担当の先生が無関心」「校長先生に理解がない」。特別支援教育が始まって1年。学校の先生やまわりの友達とお互いどのように理解を深めあっていくのか、考えます。

ゲスト

明石洋子さん(川崎市自閉症児者親の会 会長)
玉井邦夫さん(大正大学教授)                             です。


『土よう親じかん』のHPはこちらです→http://www.nhk.or.jp/oyajikan/

番組放送プログラムはこちら→http://tv.yahoo.co.jp/program/5786/?date=20080913&stime=1430&ch=8208
【第62号】新たな気持ちが盛り上がってきた!
土曜日午前中、とても素敵な方にお時間をいただき、数時間お話しをお聴きするチャンスが来ました。

そして今、新たな気持が、自分の中で盛り上がってきました。

そのことは近々、こちらでもご報告できると思います。


今しばらくお待ちください。

【第61号】おやじの会には気軽に参加できるのですよ!
今回は飲み会だけの参加になりましたが、やはり出て良かった!!

もっと多くのお父さんたちと話したいなぁ・・・。

まずは、とにかく参加してほしいなぁ。。。

気軽な会でもあるので、お母さんたちにも、お父さんの背中を押して欲しいなぁ・・・。

そんなことを感じている、まだおやじの会に参加して、1年ちょっとでしかない私です。

【第60号】福田首相辞任に思う
本当に国民の方向を向いているのかな?

選挙のための政治ではないのかな?

責任感がないこの国のリーダー達。
突然の辞任に、またか・・・、と思ってしまうこの感覚。麻痺しまっている自分も怖い。


これは福田氏に限らず、政治家のセンセイ方全体に言えること。
もちろん、一生懸命国民に目を向けて頑張っている政治家もいる。
でも、これって当たり前じゃないのかな。
与党ばかりの問題ではない。
野党も審議拒否ばかりせずに、堂々と政策で勝負すべきじゃないか?
私利私欲のためではなく、本当に、国民のための政治を行うべきだ。

政権を取ることが、最終目的になっていないか?


しかし、海外から見たら、おかしな国だと思われているでしょうね?
ポロポロと短期間で一国の首相が辞任してゆく国なんて、信用できませんものね。

とてもヘンな国、ニッポン。

せめて、自分の地域からは、一票を投じて、まともな人に出てもらうしかない。



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。