続・父のひとりごと
自閉症児りょうまの父が語る、福祉関連中心のちょっとだけ真面目な「ひとりごと」
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第1号】リニューアルの理由
 自閉症児の息子のりょうまは、この4月から中学2年生(14歳)になります。

 気がつけば、高校卒業まであと5年です。

 そう考えたとき、今までのように、休日を父親とともに・・・とばかり、言ってられません。

 将来に向けて、“父とだけではない休日の時間”も過さねばならなくなってきます。

 そのような時間も、親離れ子離れの意味も含め、強制的に少しですが増やしていこうと考えています。

 そして、その時間を利用して、私(父)はりょうまとは直接係わらない、地域活動や福祉活動に携わるつもりです。

 これらの活動は、すぐにそして直接的には、りょうまには結びつかないことかもしれません。

 しかし、遠い将来巡り巡って、結果としてりょうまに返ってくることだと考えております。

 そんなことから、従来の「父のひとりごと」をリニューアルし、

 障がいや福祉関連を中心とした、「続・父のひとりごと」をあらためて立ち上げた次第です。

 ちょっとだけ真面目な内容になると思いますが、基本スタイルは今までと一緒。

 だって、配信者は楽天家のりょうまの父”ですからね^^

 
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。